TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年3月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第121回臨床化学セミナー

  • [開催日時]2013年3月1日(金)17:30-18:30
  • [開催場所]北棟2階 検査部会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の予定で第121回臨床化学セミナーを予定しております。
今回はオランダNijmegen Medical CentreよりFrank Wagener先生をお迎えして、虚血、酸化ストレス、炎症時などにおけるヘムオキシゲナーゼの細胞保護的な役割を中心にした講演していただくことになりました。
皆様のご来聴を歓迎いたします。

*****************************
タイトル: The heme-heme oxygenase system in health and disease; implications for orofacial cleft patients
演者:
Frank Wagener 博士,
Dept of Orthodontics and Craniofacial Biology, Radboud University Nijmegen Medical Centre, Nijmegen, The Netherlands
日時: 2013年3月1日(金)17:30-18:30
場所: 九州大学病院北棟2階 検査部会議室
世話人: 康 東天 (内線5748)
*****************************
講演要旨:
Heme oxygenase (HO) is one of the most important cytoprotective enzyms, and protects against injurious stimuli such as hypoxia, oxidative stress, and inflammation, and modulates differentiation, proliferation, apoptosis, and angiogenesis. Large amounts of free heme can induce oxidative stress and inflammation. By degrading heme, HO generates the versatile effector molecules iron (and its co-induced iron scavenger ferritin), the gaseous signaling molecule carbon monoxide (CO), and biliverdin. Biliverdin is further converted into the antioxidant bilirubin by the enzyme biliverdin reductase (BVR). Two isoforms of HO have been identified: HO-1 is the inducible isoform, and HO-2 is thought to be constitutively expressed.

HO-1 and HO-2 have been demonstrated to be down-regulated in the placenta during pathological pregnancies, suggesting an important role for HO in placental and embryologic development. We therefore wish to investigate whether deficiencies in genes participating in the defensive response may increase the risk for predisposed pregnant mothers of birth defects such as orofacial clefts (OFCs). Moreover, we intend to investigate the possible preventive and therapeutic effects of HO-1 on OFC formation.

Patients with OFCs require surgical corrections throughout childhood and early adulthood, which may result in adverse effects. Upon post-surgical wound healing, scar tissue forms that may interfere with proper dental and jaw development in the growing child. Unfortunately, the biological mechanisms behind scarring and the impact on the patient are still not fully understood. HO-derived cytoprotective molecules exert anti-inflammatory effects during wound healing, and we postulate that they reduce myofibroblast formation. We will discuss the potential effects of HO-derived cytoprotective molecules on pharmaceutically and loading-induced myofibroblast formation in cell and animal models. We will also discuss the effects of the HO system on stem cell mediated protection and mitochondrial functioning.

Together, our studies aim to better understand the etiology of orofacial clefting and scar formation and to find novel targets for preventive and therapeutic strategies.

セミナー第10回九大痛みの研究会

  • [開催日時]2013年3月5日(火)18:00-20:05
  • [開催場所]九州大学医学部 百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
この度下記の要領で「第10回九大痛みの研究会」を開催致します。
ご多忙の折、誠に恐縮ですが、ご参加下さいますようお願い申し上げます。


なお、軽食をご用意致しております。学部学生の参加も歓迎します。
医学研究院
臨床神経生理学分野 飛松省三                        
◆日 時  2013年3月5日(火)18:00~20:05
◆場 所  九州大学医学部 百年講堂
【開会の辞】 18:00-18:05 
九大痛みの研究会 代表世話人 医学研究院 麻酔・蘇生学 外 須美夫 先生
【講演Ⅰ】 18:05-18:35 
座長: 医学研究院 麻酔・蘇生学 外 須美夫 先生

「TRPA1と痛み」
演者: 九州大学病院 手術部 辛島 裕士 先生 
【講演Ⅱ】 18:35-19:15 
座長: 薬学研究院 薬理学 井上 和秀 先生
「抗がん剤による末梢神経障害の予防薬の探索」

演者: 九州大学病院 薬剤部 大石 了三 先生
【特別講演】 19:15-20:05 
座長: 医学研究院 神経内科学 吉良 潤一 先生
「神経内科領域の痛み  片頭痛について(仮)」
演者: 慶応義塾大学病院 神経内科 専任講師 柴田 護 先生

セミナー第 642 回生医研セミナーのご案内/The 642th MIB Seminar

  • [開催日時]2012年3月12日(火)17:30-18:30
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領でセミナーを開催いたします。
ご興味ある方の御参加をお待ちしています。

******第642回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)・免疫機構研究セミナーのご案内******

演題:A Novel Method to Generate Highly Cytotoxic Human NK Cells for the treatment of Cancer
   (seminar in English)

演者:Kyung-Mi Lee
   Professor, Department of Biochemistry, Korea University Medical School

日時:日時:平成25年 3月12日(火)
    17:30~18:30
March.12,2013(Tue),17:30~18:30

場所:生体防御医学研究所 本館1階 会議室
   Medical Institute of Bioregulation, Main Building 1F, Seminar Room

 既存の標準療法抵抗性のがん症例に対して、免疫細胞療法が実施される例が急増していますが、その有効性については確認されていません。Natural Killer(NK)細胞療法は古典的な免疫細胞療法として古くから実施されてきましたが、その臨床的有用性は現段階では必ずしも明らかではありません。高麗大学 Lee教授らは、この度、
新たなフィーダー細胞を用いることにより抗腫瘍効果の高いNK細胞を高効率に培養することに成功しました。 今回のセミナーでは先生のこれまでのご研究内容に加え、本研究成果をご発表頂きます。皆様のご参加をお待ちします。

要 旨: Adoptive NK cell therapy offers an effective treatment regimen for cancer patients whose disease is refractory to conventional therapy. NK cells can kill a wide range of tumor cells by patterned recognition of target ligands. We hypothesized that tumor targets sensitive to NK lysis would drive vigorous expansion of NK cells from human peripheral blood mononuclear cells (PBMC). Here we provide the basis for developing a novel ex vivo expansion process. By screening class I-negative or -mismatched tumor cell lines we identified a lymphoblast subline termed KL-1 which was highly effective in specifically expanding NK cells. KL-1 addition to PBMC cultures achievedup to 130-fold expansion of NK cells with over 90% purity, accompanied by reciprocal inhibition of T cell growth. Marked elevations in expression of activation receptors, natural cytotoxicity receptors (NKp30,
NKp44) and adhesion molecules (CD11a, ICAM-1) were associated with high tumor lytic capacity, in both in vitro and in vivo animal models.
KL-1-mediated expansion of NK cells was contact-dependent and required interactions with CD16, the Fcγ receptor on NK cells, with ligands that are expressed on B cells. Indeed, B cell depletion during culture abrogated selective NK cell expansion, whereas addition of EBV-transformed B cells further augmented NK expansion up to 740-fold. Together, our studies define a novel method for efficient activation of human NK cells that employs KL-1-lysed tumor cells and co-cultured B cells, which drive a robust expansion of potent anti-tumor effector cells that will be useful for clinical evaluation.

連絡先:生体防御医学研究所
    ゲノム病態学分野
    谷 憲三朗 内)6434 





セミナー第1回九州大学医学教育学セミナー

  • [開催日時]2013年3月13日(水)17:30-19:00
  • [開催場所]ウェストウィング棟 臨床小講堂1
  • [対象]
備考・問合せ先
現在、全国の医学部では、診療参加型臨床実習を促進するよう求められています。効果的な診療参加型臨床実習とはどのようなものか。九州大学がこれからどのように改革をしていくべきか。今回、アジアの臨床実習の改善をサポートしてこられたWong先生に講演頂き、皆さんと共に考えていきたいと思います。多数の参加をお待ちしております。
大学院生、学部学生の参加も歓迎します。

講師 Jeffrey G. Wong, MD, FACP
    米国South Carolina大学 内科教授
    東京大学医学教育国際協力研究センター特任教授

日時:2013年3月13日(水)17:30~19:00
場所:ウェストウィング棟 臨床小講堂1



お問い合わせ先

菊川誠
九州大学大学院医学研究院
医学教育学部門

セミナー歯学府大学院特別講義のご案内

  • [開催日時]2013年3月19日(火)17:00-18:00
  • [開催場所]歯学部講義棟1階 講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先
 来週3月19日に、東北大学の高橋 哲 先生をお招きして歯学府の大学院特別講義を行います。
分野にかかわらず多くの方々の御来聴をお待ちしています。

    ーーーーー< 記 >ーーーーー

   歯学府特別講義

日時:平成25年3月19日(火) 17時~18時

場所:歯学部講義棟1階 講義室C (東門を入って左側の歯学部建物の1階です)

演者:高橋 哲 教授(東北大学大学院歯学研究科 口腔病態外科学講座顎顔面・口腔外科学分野)

講義タイトル:「顎関節疾患の病態解明へのアプローチ」

                          

     歯学研究院口腔顎顔面病態学講座顎顔面腫瘍制御学分野
                   中村誠司




<お問い合わせなどは下記へ>
大部 一成(Kazunari OOBU)
九州大学病院 顎口腔外科
  院内PHS 7271

ページの先頭へ戻る