TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年6月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第84回先端医工学セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2013年6月5日(水)18:00-19:00
  • [開催場所]West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
6月5日(水)に第84回先端医工学セミナーを開催いたします。
今回は脳外科領域での手術ナビゲーションで世界的にも有名なPierre JANNINをお招きして下記講演を行っていただきたいと思います。
大変興味深いご講演を拝聴できるものと思います。どなたでもご参加いただけますのでたくさんの皆様のご来聴をお願いいたします。

講演タイトル
"Models for surgical assistance and evaluation: applications in neurosurgery"
要旨
The objective of this presentation is to introduce the concept of model-guided surgery. It aims at improving computer-assisted surgery by providing the surgeon with surgical decision support systems. This requires translating implicit information and knowledge into explicit ones. Making information and knowledge explicit goes through the construction of computerized models. In the last 20 years, a lot has been done for building numerical patient specific models from multimodal pre operative images. Such models can now be displayed in the operating room along with the real patient, thanks to augmented reality and updated by using intra operative images (e.g., 3D US, video images). I will present approaches, systems, and software we developed for multimodal image guided neurosurgery. Patient specific images from homogeneous populations of patients, when gathered and registered, can help producing knowledge models that may further help decision making, for instance during surgical planning. Such approach will be illustrated for designing anatomo-clinical atlases for Deep Brain Stimulation. Even though image guided surgery made information about the patient more explicit, a lot of information and knowledge still remain implicit, especially regarding the surgical practice. The high inter patient and inter surgeon variabilities have to be studied and modelled. I will demonstrate that Surgical Process Models (SPM) are an appropriate solution.
I will suggest a global methodology for surgical process modelingI will show how SPM methodology can help modeling procedural knowledge, as part of surgical expertize. . This approach will be illustrated by different studies and applications. Finally, I will emphasize the need for better understanding of surgeon’s cognitive processes, as another part of surgical expertize, for further help in designing optimal computer assisted surgical systems.

日時:6月5日(水曜) 18時-19時
場 所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
共 催:福岡医学会


*****************************************
赤星 朋比古
先端医療医学講座災害救急医学
九州大学先端医工学診療部
九州大学先端医療イノベーションセンター
******************************************

セミナー「個別化医療におけるファーマコゲノミクスの利用現状と課題」 (臨床研究認定更新講習)

  • [開催日時]2013年6月11日(火)19:00-20:00
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先
 
 
ARO次世代医療センターでは、臨床研究認定の更新講習として、PGxの利用現場と課題をテーマに武田薬品工業(株)医薬開発本部の劉世玉氏をお迎えしてご講演いただきます。
 入場は無料ですので、みなさまお誘いあわせの上、ぜひお気軽にご参加下さい。

■日時:平成25年6月11日(火)19:00-20:00
■会場:九州大学病院 臨床小講堂2
■参加費:無料
■お問い合わせ:
九州大学病院 ARO次世代医療センター 担当:北島
TEL:092-642-6290  FAX:092-642-6292
E-Mail:tr-info@med.kyushu-u.ac.jp

<プログラム>
講演:劉世玉 (武田薬品工業(株)医薬開発本部)
座長:中西洋一 (九州大学病院ARO次世代医療センター)

セミナー第85回先端医工学セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2013年6月17日18:00-19:00
  • [開催場所]West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
6月17日(月) 18時00分より先端医工学セミナーを開催いたします。
今回は、筑波大学付属病院副病院長、筑波大学消化器外科・臓器移植学分野教授、東京理科大学 客員教授の大河内 信弘先生をお迎えし、手術シュミレーションに関するご講演を賜ります。
大変興味深いご講演を拝聴できるものと思います。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

講師:筑波大学付属病院 副病院長/筑波大学消化器外科・臓器移植学分野 教授/東京理科大学 客員教授 大河内 信弘先生

演題名: 次世代型3D-CG手術シミュレーション・システムの開発
近年日本においては外科医師数の減少が著しい。その原因として手術技術の習得には長い時間と多大な労力が必要なことが挙げられる。また、外科医の効率的な教育と手術の安全性を確保するためには、手術に関わる医師の間での情報共有が重要である。教育の効率化と手術の質をより高めるためには、動くかつ、触れる手術シミュレーション・システムが有効である。筑波大学の医学、システム情報工学、図書館情報メディア学とレキシー(企業)が共同で新しい肝臓の手術のシミュレーション・システムの開発を行っている。その特徴は自由に肝臓を動かすことができる、
どこの部位でも自由に切除することができる、手に肝臓を持った感覚を持たせることができる、同じ画像を違う角度から見ることができる(操作している同一の肝臓の画像を術者と助手が異なる立ち位置でリアルタイムに見ることができる)、特殊なメガネを使用せず裸眼浮遊視が可能である等の特徴を有している。今回は本プロジェクトについてお話をさせていただきます。

日 時:6月17日(月) 18:00-19:00 ※開催時間が18:30から18:00に変更となりました。
場 所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室

*****************************************
赤星 朋比古
先端医療医学講座災害救急医学
九州大学先端医工学診療部
九州大学先端医療イノベーションセンター
******************************************

セミナーThe 647th MIB Seminar/第647回生医研セミナーのご案内【Seminar in English】

  • [開催日時]2013年6月19日(水)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
■第647回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナー■

下記のとおり、横浜市立大学の富澤信一先生によるセミナーを開催致します。富澤先生は国立遺伝学研究所で学位取得後、今年2月まで英国Cambridge郊外のBabraham研究所でマウス卵子のエピゲノム形成機構について研究されました。今回は帰朝報告を行っていただきます。講演は英語で行われます。奮ってご参加下さい。

演題:Onset of DNA methylation at genome-wide CpG islands during the development of mammalian oocytes
   【Seminar in English】
演者:富澤 信一 先生  Dr. Shinichi Tomizawa
   横浜市立大学 医学部 組織学 助教
   Department of Histology and Cell Biology, School of Medicine, Yokohama City University
日時:平成25年6月19日(水)
      Jun. 19 (Wed), 2013 17:00~18:00
場所:馬出医学系キャンパス内 生体防御医学研究所本館1階 会議室
   Seminar Room, Main Building 1F, Medical Institute of Bioregulation
要旨:
Mammalian oocytes acquire the initial pattern of DNA methylation from almost a blank state depending on Dnmt3a/Dnmt3L. In this seminar, I will focus on the role of additional factors, such as transcription read-through, for the onset of methylation at CpG islands genome-wide and discuss implications for mechanisms of methylation establishment in oocytes.
業績:
Smallwood, S. et al. Dynamic CpG island methylation landscape in oocytes and preimplantation embryos. Nat. Genet. 43, 811-814 (2011)
連絡先:
生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI(092-642- 6759)

セミナー岡田保典先生 特別講演のご案内

  • [開催日時]2013年6月21日(金)10:30-
  • [開催場所]基礎B棟 2階講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
病理:岡田 保典 先生 特別講演のご案内

慶應義塾大学医学部 病理学教室の教授である岡田 保典 先生にご講演いただくことになりましたのでご案内申し上げます。
 
演者:慶應義塾大学医学部 病理学教室
教授 岡田 保典 先生
演題:「組織内微小環境因子代謝酵素(MMP/ADAM)と疾患」
日時:平成25年6月21日(金)10:30~
場所:九州大学 基礎B棟 2階講義室
 
本講演は医学部講義の一環として行われますが、医学部生のみならず、
教員・医局員・大学院生の先生方の多数のご来場を歓迎いたします。
 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学
資料室 中野 朝美
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

ページの先頭へ戻る