TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年7月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第86回先端医工学セミナー開催のお知らせ

  • [開催日時]2013年7月2日(火)19:00-20:00
  • [開催場所]総合研究棟1F 講義室102号室
  • [対象]
備考・問合せ先
7月2日(火)19時より第86回先端医工学セミナーを開催いたします。
今回は、金沢大学大学院恒常性制御学分野 教授 金子周一先生をお迎えし、肝臓に関する細胞治療のご講演を賜ります。
大変興味深いご講演を拝聴できるものと思います。どなたでもご参加頂けますので、
多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

講演テーマ: 肝臓病に対する細胞治療

講演要旨:
教室では、細胞を用いた治療法の開発研究として、肝がんに対する免疫療法と、肝臓の再生医療の研究を行っている。がんに対する免疫療法は高度に進行したがんを対象とすることが多いが、肝がんは治癒切除を行っても、年率にして20%以上の再発をみるため、我々は再発を抑制する免疫療法の開発研究を行っている。これまでに実施した樹状細胞療法の臨床研究を含めた成績を示す。
また、ペプチド治療の研究も実施しているため、あわせてご紹介する。再生医療の研究では骨髄に比して脂肪組織は間葉系細胞が豊富であることから、脂肪組織由来の間葉系細胞を用いた肝硬変の治療を研究している。基礎研究の結果と合わせ、現在、ヒト幹細胞指針に従い実施しているので、このあたりの苦労話を併せて臨床研究の成績を報告したい。

日 時:7月2日(火曜日) 19:00-20:00
場 所:総合研究棟1F(病院地区)講義室102号室

*****************************************
赤星 朋比古
先端医療医学講座災害救急医学
九州大学先端医工学診療部
九州大学先端医療イノベーションセンター
******************************************

セミナー第63回高次脳機能障害セミナーのお知らせ

  • [開催日時]2013年7月2日(火)18:30-20:00
  • [開催場所]臨床研究棟1F カンファレンスルーム
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の要領でセミナーを開催致します。興味をお持ちの皆様には是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。


演題: 「脳と精神の関連の解明をめざして--- 失語症の研究と遺伝子の研究を例にとって----」
講師: 杉下守弘 先生   財団法人 脳血管研究所 教授
日時: 2013年7月2日(火) 午後6時30分~午後8時00分
場所: 臨床研究棟1F カンファレンスルーム
第63回目として「脳と精神の関連の解明をめざして--- 失語症の研究と遺伝子の研究を例にとって----」について杉下守弘先生にお話していただきます。講演、フリートーキング合わせて1時間30分を予定しています。脳に関心をお持ちの医師、看護師、ST、学生さんの参加を歓迎いたします。
なお、本セミナーは脳病態科学リサーチコアとの共催です。


九州大学神経内科 吉良潤一
同 臨床神経生理 飛松省三

学会・シンポ【欧米の若手研究者を招いての九州大学・精神神経免疫グリア研究・合同セミナー】

  • [開催日時]2013年7月3日(水)13:00-17:15
  • [開催場所]医学部 百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
ドイツよりハンブルグ・エッペンドルフ大学病院 Stefan Gold主任研究員、および、米国よりジョンズホプキンス大学医学部 加野真一主任研究員らをお招きして、九州大学における神経免疫やグリア関連の研究者が集う国際合同シンポジウムを開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。

ご多忙とは存じますが皆様の多数のご参加をお待ちしております

日時:7月3日(水曜)13:00~17:15(終了時刻・変更の可能性あり)
会場:医学部 百年講堂
参加費:無料

セミナータイトル:「Crosstalk between neuroimmunology, neurological diseases and mental illness (神経免疫学と神経疾患・精神疾患との接点)」

【プログラム】すべて英語にて行われます(参加費無料)

・ 司会進行:神庭重信、加藤隆弘

●13:00~13:15 「開会の挨拶」
神庭重信(九州大学大学院医学研究院精神病態医学・教授)

【前半】司会:井上和秀(九州大学大学院薬学研究院臨床薬学部門薬理学・教授)、加藤隆弘

●13:15~13:45「Microglia as a Possible Glue to Bind the Huge Gap between the Mind and the Brain
(ミクログリアは脳と心の大きな溝を埋めるか?)」
加藤隆弘(九州大学大学院医学研究院精神病態医学/先端融合医療レドックスナビ研究拠点・特任准教授)

●13:45~14:15「Immune/inflammatory mechanisms in schizophrenia(統合失調症における免疫炎症メカニズム)」
加野真一(米国・ジョンズホプキンス大学精神科・主任研究員)

●14:15~14:45「Crucial role of spinal microglia in intractable chronic pain(難治性疼痛における脊髄ミクログリアの重要性)」
津田誠 (九州大学大学院薬学研究院臨床薬学部門薬理学・准教授)

●14:45~15:05 Coffee Break(20分)

【後半】司会:神庭重信、加藤隆弘

●15:05~15:35 「Neuroinflammation and Depression: Lessons from Multiple Sclerosis
(神経炎症と抑うつ:多発性硬化症研究の知見から)
Stefan Gold(ドイツ・ハンブルグ・エッペンドルフ大学病院・主任研究員)

●15:35~16:05「Gliopathy in demyelinating disease(脱髄性疾患におけるグリア症)」
吉良潤一(九州大学大学院医学研究院神経内科学・教授)

●16:05~16:35「Brain development and neuroplasticity (脳発達と神経可塑性)」
大木研一(九州大学大学院医学研究院基礎医学部門生体情報科学・教授)

●16:35~17:05 総合討論

●17:05~17:15 閉会の挨拶:吉良潤一
***************************************************
事務局:加藤隆弘、宮本裕美子(九州大学精神科医局)
Phone: 092-642-5621, Fax: 092-642-5644,
加藤隆弘 E-mail: takahiro(a)npsych.med.kyushu-u.ac.jp
宮本裕美子 E-mail: y_miya(a)npsych.med.kyushu-u.ac.jp
※(a)を@に置換えてメールしてください

セミナー第87回先端医工学セミナー開催のお知らせ

  • [開催日時]2013年7月16日18:00-19:00
  • [開催場所]West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
  • [対象]
備考・問合せ先
7月16日(火)18時より第87回先端医工学セミナーを開催いたします。
今回は、北海道大学 消化器外科2  助教 倉島 庸 先生をお迎えし、外科教育のご講演を賜ります。
先生は、内視鏡外科トレーニングの分野にて数々の賞を受賞されており、大変興味深いご講演を拝聴できるものと思います。どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

【講演タイトル】
外科教育の実践とサイエンス
北米外科研修におけるシミュレーショントレーニングの現状と研究手法

【講演抄録】
近年、繰り返し安全に外科手技を修練できるシミュレーショントレーニングの重要性が認識されるにつれ、各研修施設を中心にスキルラボやシミュレーションセンターが増加傾向にある。しかし具体的な研修カリキュラムの欠如やシミュレータートレーニングに対する理解不足により、本邦ではシミュレーターが外科教育の場に十分生かされていない。本講演では北米外科研修におけるシミュレーショントレーニングの現状、また演者がカナダ・マギル大学で従事した内視鏡外科シミュレーショントレーニング研究について述べる。

日 時:7月16日(火曜日) 18:00-19:00
場 所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室


*****************************************
赤星 朋比古
先端医療医学講座災害救急医学
九州大学先端医工学診療部
九州大学先端医療イノベーションセンター
******************************************

セミナー大学院特別講義「硬組織研究法」:「破骨細胞の分化と機能の制御機構:RANKLとその多彩な作用」のご案内

  • [開催日時]2013年7月16日(火)13:00-16:00
  • [開催場所]歯学部講義実習棟1階 講義室B
  • [対象]
備考・問合せ先
大学院特別講義 「硬組織研究法」のご案内

演者:佐賀大学・医学部病因病態学講座・微生物学分野
   准教授 久木田 明子 先生
講演タイトル:「破骨細胞の分化と機能の制御機構:RANKLとその多彩な作用」

日時:平成25年7月16日(火曜日)13:00~16:00 (途中、中休みがございます)
場所:歯学部講義実習棟1階 講義室B
(歯学部本館1階の正面玄関からお入りください)

骨代謝研究でユニークな研究を展開されている同博士による最先端の講義です。
同博士はあの有名な癌遺伝子POKEMON遺伝子 (OCZF,Zbtb7)の発見者です。本講義は歯学部2年生の「口腔細胞生物学」の講義を兼ねております。後半からでも結構ですので、ご興味の ある方は、どなたでもご参加くださ
い。ご来場を歓迎致します。


大学院講義「硬組織研究法」
世話人 久木田(歯学研究院・分子口腔解剖学分野)

ページの先頭へ戻る