TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

学会・シンポTR推進合同フォーラム

  • [開催日時]2013年11月1日(金)13:00-16:50
  • [開催場所]医学部百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
テーマ:アカデミアの活力と実力を社会へ
日時:2013年11月1日(金)13:00~16:50(情報交換会17:00~19:00)
会場:九州大学医学部百年講堂
プログラム:
講演1「Present status & scope of innovation in the academic sector
- Where are we now and where should we go? -」
福島雅典
先端医療振興財団 臨床研究情報センター センター長

講演2「革新的医療の創出に向けた文部科学省の取組について」
菱山豊
内閣官房健康・医療戦略室 次長


ライフサイエンス技術交流会


講演3「医療研究成果の実用化における知的財産の重要性について」
石埜正穂
札幌医科大学 医学部医科知的財産管理学 教授

セミナーHP:http://www.med.kyushu-u.ac.jp/crc/center/seminar20131101.html
※お問い合せ、参加お申込みはセミナーHPをご参照下さい。

学会・シンポThe 23rd Hot Spring Harbor International Symposium

  • [開催日時]2013/11/4(Mon)-2013/11/6(Wed)
  • [開催場所]Kyushu University Biomedical Research Station 2F
  • [対象]
備考・問合せ先

Recent Advances in Stem Cell Biology 2013

 

Date:   Monday November 04 - Wednesday November 06, 2013
Vanue:   Kyushu University Biomedical Research Station 2F,
Kyushu University Hospital Campus,
3-1-1 Maidashi, Higashi-ku, Fukuoka City, Fukuoka, Japan
Organized by:   Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University
Grants for Excellent Graduate Schools, Kyushu University
Co-organized by:   Cooperative Research Project Program of the Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University
Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas: Cancer Stem Cells
Program    

セミナー第8回RecNet講習会(入門講習会)について(ご案内)

  • [開催日時]2013年11月9日(土)13:30-17:30
  • [開催場所]九州大学コラボステーションⅠ視聴覚ホール
  • [対象]IRB委員、IRB事務担当者、臨床研究に携わる者
備考・問合せ先

第8回RecNet講習会(入門講習会)を下記のとおりご案内いたします。
福岡臨床研究倫理審査委員会ネットワーク(RecNet Fukuoka)代表・笹栗俊之先生
(九州大学大学院医学研究院臨床薬理学分野教授)からのご案内については、別添を
ご参照ください。
 
 参加ご希望の方は10月11日(金)までに別添の参加申込書に必要事項を記入して
FAX(092-642-6084)していただくか、もしくは下記ウェブサイトより各自お申し込みください。
 ※申込ウェブサイト
 http://www.med.kyushu-u.ac.jp/recnet_fukuoka/class/form.html


                  記


【日時】 2013年11月9日(土)13:30017:30
【場所】 九州大学コラボステーションⅠ視聴覚ホール(福岡市東区馬出3-1-1)
【対象者】 IRB委員、IRB事務担当者、臨床研究に携わる者
 

【プログラム】
1. 開会のご挨拶
2. 臨床研究の倫理 笹栗俊之(九州大学大学院 医学研究院 臨床薬理学分野)
  1) 研究倫理の歴史
  2) 研究倫理の原則
  3) 研究倫理の要件
3. 臨床研究の実際 三村 亨(IBERICA USA)
  内容の詳細は未定
4. 特別講演 田代志門(昭和大学 研究推進室)
  研究倫理指針はどう変わるか
5. 倫理審査の手順 稲野彰洋(福島県立医大 研究推進戦略室/附属病院治験センター)
  1) 研究計画書と説明文書をどう読むか?
  2) 審議のポイント
  3) 中央化と既存IRBの役割
6. 閉会のご挨拶
7. アンケート回収、受講証交付
 

【留意事項】
  (1) お申し込みは先着順に受け付けます。
  (2) 会場の都合上、200名を超えるお申し込みがあった場合には、受講いただけない
    場合もありますので、ご了承願います。

セミナー研究セミナーのご案内

  • [開催日時]2013年11月15日(金)16:00-17:00
  • [開催場所]薬学部本館第4講堂(薬学部2号館5階)
  • [対象]
備考・問合せ先
この度、愛知県がんセンター研究所発がん制御研究部・後藤英仁先生に、下記の要領で研究セミナーを行って頂きます。
最近の研究成果について興味深いお話をお聞きできるかと思いますので、皆様のご参加をお待ちしています。

________________________________________

日時: 平成25年11月15日(金) 16:00~17:00
場所: 薬学部本館第4講堂(薬学部2号館5階)
演者: 後藤英仁先生 (愛知県がんセンター研究所発がん制御研究部・室長)
演題: がんの分子標的としての細胞周期制御キナーゼ

細胞は、自身の染色体の複製・分配過程を緻密に制御することによって、その遺伝情報を正確に2つの娘細胞に伝達している。しかし、様々な要因により染色体の複製・分配過程に異常が生ずると、染色体の恒常性が維持できなくなる(染色体の不安定性)。このような染色体の不安定性は、がんや細胞老化に起因する種々の疾患の基盤になっていると考えられている。染色体の複製・分配過程の調節には、状況に反応して特異的に活性化されるタンパク質リン酸化酵素(キナーゼ)が中心的な役割を果たしている。がんにおいては、Aurora-A、Aurora-B、Polo-like kinase (Plk1)などの分裂期で活性化するキナーゼ(分裂期キナーゼ)群やCheckpoint kinase 1 (Chk1)などDNA損傷チェックポイントキナーゼ群の活性が異常亢進していることが知られており、がん治療の分子標的としても注目されている(現在、多くの薬剤会社がこれらキナーゼ阻害剤を抗がん剤として開発している)。我々は、これまでの研究で、Aurora-A、Aurora-B、Plk1、Chk1などの細胞周期の制御に関わるキナーゼの解析を中心に行い、これらキナーゼの阻害剤をがん治療に使用した場合の有効性や問題点について基礎研究の視点から検証をおこなってきた。これまでの研究成果は、がんで活性が亢進している細胞周期制御キナーゼ群ががん治療の分子標的として適合していることを証明する反面、これらのキナーゼの阻害が正常細胞にも少なからず影響を与える可能性を示唆するものといえる。Aurora-A、Plk1、Chk1の細胞周期制御キナーゼは、当初、特定の時期でのみ活性化し機能すると考えられていたが、我々の研究成果を含めた最新の知見により、これらのキナーゼは細胞周期の様々な局面で重要な役割を担っていることが明らかになってきた。(外来性DNA障害のない)細胞周期進行におけるChk1の機能やAurora-Aの分裂間期における一次繊毛抑制は、従来の概念にない機能といえる。本セミナーでは、これらキナーゼを分子標的とした抗がん治療の利点・問題点をあげながら、今後の展望について、述べたい。

__________________________________________

連絡先:
藤田雅俊
九州大学 大学院薬学研究院
医薬細胞生化学分野

市民公開講座2013年九州大学病院 がんセンター市民公開講座

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2013年11月17日(日)13:00-15:30
  • [開催場所](株)西日本エルガーラビル エルガーラ大ホール
  • [対象]
備考・問合せ先
2013年九州大学病院 がんセンター市民公開講座
~がんとどう向き合うか一緒に考えてみませんか~


 
 九州大学病院は、都道府県がん診療連携拠点病院として、福岡県のがん医療に貢献すべく活動しております。今回、本院では、市民の皆様にがんついて最新の正しい医療情報を提供するために「がんとどう向き合うか一緒に考えてみませんか」と題して市民公開講座を企画しました。


  日時:平成25年11月17日(日)13:00~15:30(開場12:30)
 ところ:(株)西日本エルガーラビル エルガーラ大ホール
      〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目4-2 エルガーラ8階
      TEL:092‐711-5017


 アクセス ・地下鉄天神駅より 徒歩5分
      ・西鉄天神福岡駅より 徒歩3分
      ・西鉄天神バスセンターより 徒歩3分


プログラム

(Ⅰ)九州大学病院のがん診療
  ・講演者 :九州大学病院 泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科 教授 内藤 誠二
  ・タイトル:『泌尿器科がん治療の最前線』


(Ⅱ)特別講演
  ・講演者:学校法人 金城学院 学院長 柏木 哲夫
  ・タイトル『現代医療とホスピス緩和ケア』


 ・参加費 無料 定員600名
 ・主催 九州大学病院 
  共催 九州大学医師会 
  後援 NHK福岡放送局、福岡県、福岡市、福岡県医師会、福岡市医師会、福岡県薬剤師会、福岡県看護協会


◆お問い合わせ先
  (株)JTBビジネスサポート九州 ICS営業部内
  九州大学病院がんセンター市民公開講座 運営事務局
  〒810-0072 福岡市中央区長浜1丁目1番35号 新KBCビル6F
  TEL092-751-3244 FAX092-751-3250


◆申し込み
  ポスターPDF内に記載しております。
  また、がんセンターホームページからもダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る