TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2013年12月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー研究セミナーのご案内

  • [開催日時]2013年12月11日(水)16:40-17:40
  • [開催場所]百年講堂2階 第1会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
下記の研究セミナーを公開で行ないます。ご来聴歓迎します。

日時 2013年12月11日 午後4時40分から5時40分まで
場所 百年講堂2階 第1会議室

APC/Cユビキチンライゲースを活性化する分子メカニズム

藤光和之(講演者)、Hiroyuki Yamano (英国UCL Cancer Institute)

anaphase-promoting complex/cyclosome(APC/C)はM期の進行に必須なユビキチンライゲースであり、基質蛋白質を適時的にユビキチン化し、プロテアソームによる分解を促進する。APC/Cの基質やAPC/C活性調節因子の中には、癌細胞内で発現異常がみられているものがあることから、APC/C 活性制御の異常と細胞の癌化の関連が示唆されている。APC/Cは、真核生物間で高度に保存されており、少なくとも11サブユニットで構成される高分子複合体である。また、APC/Cは、co-activatorであるCdc20/Fzyファミリー蛋白質(Cdc20, Cdh1)が結合し活性化される。そのため、このAPC/Cとco-activatorの相互作用制御はAPC/C制御の鍵となると考えられる。M期で機能するco-activatorであるCdc20はリン酸化されたAPC/Cのみ活性化できる。しかしながら、Cdc20がリン酸化APC/Cを認識する分子メカニズムは未解明である。そこで、我々はAPC/C-Cdc20間の相互作用様式を試験管内で詳細に解析するため、まずrecombinant蛋白質で野生型APC/C(rAPC/C)を再構成した。次にAPC/Cサブユニット内の予想されるCDKリン酸化サイトに変異を導入したrAPC/C変異体を作製した。それらを解析した結果、Apc3内の12サイトに変異導入した変異体では、Cdh1結合活性は維持されているものの、Cdc20結合活性が低下し、Cdc20に依存した基質の分解速度も低下している事が分かった。以上の結果は、Apc3のリン酸化がM期におけるCdc20-loading促進に寄与している事を示唆している。

参考文献
Anaphase-promoting complex/cyclosome-mediated proteolysis of Ams2 in the
G1 phase ensures the coupling of histone gene expression to DNA
replication in fission yeast.
Trickey M, Fujimitsu K, Yamano H.
J Biol Chem. 2013 Jan 11;288(2):928-37.

Dephosphorylation of Cdc20 is required for its C-box-dependent
activation of the APC/C.
Labit H, Fujimitsu K, Bayin NS, Takaki T, Gannon J, Yamano H.
EMBO J. 2012 Aug 1;31(15):3351-62.


世話人
片山 勉
九州大学 薬学研究院 分子生物薬学分野 教授

セミナー第7回臨床データマネジメント講演会

  • [開催日時]2013年12月13日(金)17:00-19:00
  • [開催場所]九州大学病院 臨床大講堂
  • [対象]
備考・問合せ先

■日時:平成25年12月13日(金)
      17:00~19:00
■会場:九州大学病院 臨床大講堂
 

<プログラム>
講演1.「FDA、EMA、MHLWガイダンスについて」
     酒井弘憲
     (田辺三菱製薬株式会社)

講演2.「Risk-Based Monitoring」
     小宮山靖
     (ファイザー株式会社)

講演3.「Centralized Monitoringの実際」
     内海啓介
     (グラクソ・スミスクライン株式会社)
 

セミナーHP:http://www.med.kyushu-u.ac.jp/crc/center/dmseminar20131213.html
※お問い合せ、参加お申込みはセミナーHPをご参照下さい。
 

セミナー第660回生医研セミナーのご案内

  • [開催日時]2013年12月18日(水)16:30-18:00
  • [開催場所]生医研本館1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
■第660回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)
ゲノミクスエピゲノミクス研究拠点セミナー■

下記のとおり、東北大学の稲葉謙次先生によるセミナーを開催致します。
ご興味のある皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

演題:小胞体におけるタンパク質品質管理機構の分子構造基盤
演者:稲葉 謙次 先生
東北大学 多元物質科学研究所 生体分子構造研究分野・教授
日時:平成25年12月18日(水)16:30~18:00
場所:馬出医学系キャンパス内 生体防御医学研究所本館1階 会議室
要旨:
小胞体は分泌タンパク質や細胞表層膜タンパク質の合成が行われる重要なオルガネラである。ここでは、タンパク質の正しい立体構造形成を促すシステムが存在する一方で、構造異常タンパク質を速やかに分解除去するシステムも存在する。これら二つのシステムが働くことにより、厳正なタンパク質品質管理が可能となる。我々は、この数年来、小胞体におけるタンパク質品質管理機構の分子構造基盤の解明に取り組んできた。中でも、哺乳動物細胞におけるジスルフィド結合形成ネットワークに関する研究 (1-4)、構造異常タンパク質中の誤ったジスルフィド結合を還元し分解を促進するシステムの研究 (5)、さらに最近では小胞体-ゴルジ体間に存在するpH勾配に依存した新たなタンパク質品質管理機構に関する研究 (6)、において大きな進展がみられたので、それら最新の成果を紹介する。

1. Inaba, K. et al., EMBO J., 29, 3330-3343 (2010)
2. Masui, S. et al., J. Biol. Chem. 286, 16262-16271 (2011)
3. Sato, Y. and Inaba, K., FEBS J 279, 2262-2271 (2012)
4. Sato, Y., Kojima, R., Okumura, M., Hagiwara, M. et al., Sci. Rep. 3, 2456 (2013)
5. Hagiwara, M., Maegawa K. et al., Mol. Cell 41, 432-444 (2011)
6. Vavassori, S., Cortini, M., Masui, S. et al. Mol. Cell 50, 783-792 (2013)

連絡先:
生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI

ページの先頭へ戻る