TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2015年3月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー臨床試験セミナーのご案内

  • [開催日時]2015年3月3日(火)13:00-13:45
  • [開催場所]北棟2階 共用会議室1
  • [対象]
備考・問合せ先
 

臨床試験セミナー(リサーチアシスタントセミナー)

 ARO次世代医療センターでは、臨床試験に関する基本的な知識の習得を目的としたセミナーを
毎週火曜日に開催しています。3月3日(火)は下記のとおり行います。聴講は無料ですが、事前のお申込みが必要です。
参加ご希望の方は、お名前、ご所属、ご希望の日程を下記アドレスまでお知らせください。
なお、定員になり次第締切りますので早めのお申し込みをお願いいたします。
 
タイトル 日本版NIH~日本医療研究開発機構ー我々はどこに向かおうとしているのか? 
講師 中西 洋一
日時 3月3日(火)13:00~13:45
場所 九州大学病院北棟2階 共用会議室1(検査部会議室)
参加費 無料 
申込み 九州大学病院 ARO次世代医療センター 担当:北島
E-mail:tr-info(a)med.kyushu-u.ac.jp 
※(a)を@に置き換えてメール送信してください。
ウェブサイト 今後の予定など詳細な内容はARO次世代医療センターのウェブサイトでご確認ください。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/crc/center/raseminar.html

※ 毎回個別のテーマを扱いますので、関心のある内容だけの聴講も可能です。
 

セミナー第二回 メタボロミクスセミナーのお知らせ

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年3月3日(火)15:00-17:00
  • [開催場所]総合研究棟講義室204/205
  • [対象]
備考・問合せ先
 
※クリックでPDFが開きます。
皆様、
昨年7月に開催した「医科学のためのメタボロミクスセミナー」の第二弾のご案内です。

今回は、米国最大のメタボローム解析受託会社メタボロン社のChief Scientific Officer(CSO)とVice Presidentを招き、世界最先端のメタボロミクス研究事例をお話いただきます。特に、がんや生活習慣病のバイオマーカー探索と診断ビジネスの話は必聴です。尚、メタボロン社のセミナーは国内の大学で実施するのは初めてとなります。

本セミナーは、急遽開催が決まったため、スケジュール等の調整にご迷惑をおかけいたしますが、皆様の参加を心よりお待ちしております。

日時: 3月3日(火)15:00-17:00

場所: 九州大学馬出キャンパス 総合研究棟講義室204/205

講師: 米国メタボロン社 Dr.Mike Milburn (CSO) & Dr. Lining Guo (Vice President)

要旨: 近年、質量分析を用いた網羅的な生体代謝物解析(メタボロミクス解析) が脚光を浴びています。疾患バイオマーカーの探索、病態評価、新規創薬ターゲットの探索、薬剤の作用メカニズムの解明等の目的で様々な研究に利用されています。米国 メタボロン社は LC-MS と GC-MS を組み合わせた網羅性の高い解析と専任のサイエンティストチームによるデータ解釈サービスにより、これまで4,000を超えるプロジェクトを世界で実施しており、今回の講演では、現在メタボロミクス解析が世界でどのように利用されどのような成果が上がっているか、解析事例を交えて紹介致します。

プログラム:
1. メタボロミクス解析の基礎・解析プラットフォーム
2. メタボロミクス解析事例 
a) メタボロン社が同定し、診断ビジネスを展開するバイオマーカー
b) 基礎研究・応用研究における解析事例
c) メタボロミクスとゲノミクスの統合解析と個別化医療への応用

世話人
瀬戸山 大樹
九州大学病院 検査部 助教
TEL: 092-642-5752

セミナー第14 回痛みの研究会

  • [開催日時]2015年3月10日(火)18:00-20:00
  • [開催場所]九大百年講堂 中ホール1・2
  • [対象]
備考・問合せ先
 この度下記の要領で「第14回 痛みの研究会」を開催致します。
ご多忙の折,誠に恐縮ですが,ご参加下さいますようお願い申し上げます。
軽食をご用意致します。学部学生の参加も歓迎します。

「第14回 痛みの研究会」

日時:2015年3月10日(火)18:00~20:00
会場: 九大百年講堂 中ホール1・2

【開会の辞】 18:00~18:05
痛みの研究会 代表世話人 医学研究院 麻酔・蘇生学 教授  外 須美夫 先生

【研究発表】 18:05~18:25
座長: 歯学研究院 口腔機能分子科学分野 教授 中西 博 先生

「Atopic disease model mice express severe allodynia (Atopy-related
allodynia) with glial inflammation in the central nervous system」

演者:九州大学大学院医学研究院 神経治療学寄附講座 助教 山﨑 亮 先生

【特別講演1】 18:25~19:10
座長:薬学研究院 ライフイノベーション分野 教授  津田 誠 先生

「Cortical synaptic mechanisms for chronic pain and its related anxiety」

演者:トロント大学 医学部 生理学教室 教授 Min Zhuo 先生

【特別講演2】 19:10~19:55
座長:九州大学病院 心療内科 講師 細井 昌子先生

「Role of the amygdala in the pain chronification」

演者:東京慈恵会医科大学 先端医学推進拠点・痛み脳科学センター センター長
総合医科学研究センター・神経科学研究部 部長
教授 加藤 総夫 先生

【閉会の辞】 19:55~20:00
九州大学 理事・副学長  井上 和秀先生


共催
痛みの研究会
ヤンセンファーマ株式会社

連絡先:薬学研究院 ライフイノベーション分野 津田誠

セミナー第8回創薬育薬産学官連携セミナーのご案内

  • [開催日時]2015年3月17日(火)9:30-11:30
  • [開催場所]薬学部本館3F 第2講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
 3月17日(火) 9:30より、University of Salzburg の Roland Reischl先生、岐阜大学 の Lee Wah Lim先生
をお招きして第8回創薬育薬産学官連携セミナーを行います。

日時:平成27年3月17日(火)
9:30-11:30
場所:薬学部本館3F 第2講堂

講師:Roland Reischl先生 (University of Salzburg)
演題:「From Basic Science to Novel Products」

講師:Lee Wah Lim先生 (岐阜大学工学部)
演題:「Globalization of Japanese Universities (with a focus on Gifu University)」

皆様の御来聴をお待ちしております。

***************************************
〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
九州大学大学院 薬学研究院
創薬育薬産学官連携分野 准教授
浜 瀬  健 司
***************************************

セミナー臨床研究認定更新講習会

  • [開催日時]2015年3月18日(水)19:00-20:30
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先
 九州大学病院ARO次世代医療センターでは、臨床研究認定更新講習として「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針への対応について」をテーマにセミナーを開催します。

講師として、ファイザー株式会社クオリティ・アシュアランス・ジャパン 担当マネージャー 古岡純氏、独立行政法人国立がん研究センター 執行役員企画戦略局長 藤原康弘氏をお呼びし、平成26年12月に公布された人を対象とする医学系研究に関する倫理指針の施行を踏まえ、今後の運用における課題等についてお話しいただきます。
学内以外にも、企業からのご参加もぜひお待ちしています。
なお、参加は無料ですが学外からご参加いただく際は事前のお申込みが必要です。
・お名前 / ご所属 / ご住所 / 電話/ FAX番号 / E-mail
をご明記のうえ、下記までご連絡ください。
【申込み・問い合わせ】
九州大学病院 戦略企画課 高度先端医療支援室
E-mail:byshasiwatas(a)jimu.kyushu-u.ac.jp
※(a)を@に置き換えてメールをご送信ください。

学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。
日時 平成27年3月18日(水)
19:00~20:30
会場 九州大学病院 臨床小講堂2
問い合わせ先 九州大学病院事務部 戦略企画課
TEL:092-642-5082  FAX:092-642-5008
E-Mail:byskenkyu@jimu.kyushu-u.ac.jp

プログラム

講演:1)「品質マネジメントシステムのなかでのモニタリングおよび監査の役割」
ファイザー株式会社 クオリティ・アシュアランス・ジャパン
担当マネージャー 古岡純氏
2)「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針への対応について」
独立行政法人 国立がん研究センター
執行役員企画戦略局長 藤原康弘氏

座長:九州大学病院 ARO次世代医療センター 中西洋一

ページの先頭へ戻る