TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2015年4月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第693回生医研セミナ-【大阪大学 竹田潔先生】

  • [開催日時]2015年4月10日(金)17:00-18:30
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の要領でセミナーを開催いたします。
ご興味ある方のご参加をお待ちしております。

*********************************
第693回 生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)
免疫機構研究センター

演 題:ATP依存性の免疫応答の制御機構

演 者:竹田 潔 先生
大阪大学大学院医学系研究科 教授

要 旨:消化管は、日々摂取する食事成分や常在細菌などの腸内環境因子に常に曝されている組織で、通常はこれら腸内環境因子に対しての炎症反応は惹起されることなく、特有のメカニズムにより恒常性が維持されている。我々の研究室では、これまでに腸内細菌依存性に増加する腸管腔内のアデノシン3リン酸(ATP)が、腸内環境因子として腸管T細胞の応答を制御していること、さらに腸管腔内ATPレベルを膜型ATP分解酵素が制御していることをこれまでに見出してきた。免疫系に作用するATPの細胞外レベルの制御に関わる膜型酵素の解析を行う中で、E-NPP3と呼ばれる活性化された好塩基球で発現が増加するATP分解酵素に着目した。
E-NPP3はCD203cとも呼ばれる膜型酵素で、好塩基球だけでなく活性化されたマスト細胞でも発現が亢進した。この分子の機能解析からATPによるアレルギー反応制御機構が新たに明らかになってきている。本講演では、E-NPP3によるATP制御、そしてアレルギー反応制御について主に議論したい。


日 時:平成27年4月10日(金)17:00~18:30
場 所:生体防御医学研究所 本館1階 会議室

連絡先:生体防御医学研究所 
感染制御学分野
吉開 泰信
*********************************

セミナー先端医工学セミナー 【タキロン㈱ 谷口雅彦先生】

  • [開催日時]2015年4月13日(月)18:00-
  • [開催場所]West Wing 3階
  • [対象]
備考・問合せ先
 4月13日(月) 18時より先端医工学セミナーを開催いたします

今回は、タキロン株式会社 ゲルプロダクトBUの谷口雅彦先生をお招きして“セグメント化ポリウレタンゲル~超音波診断用途を中心とした応用展開”と題してご講演を賜ります。

大変興味深いお話を拝聴できるものと思います。どなたでもご参加頂けますので、
多くの皆様のご来聴をお待ちしております。

講演タイトル:セグメント化ポリウレタンゲル~超音波診断用途を中心とした応用展開

抄録:セグメント化ポリウレタンゲル(SPUG)は含水系ゲルと異なり、本質的に水を含まない一成分系のゲルである。導電性を付与した生体電極や超音波診断用カプラゲル等の医療用途に長年使用されている。本講演ではSPUGの概要、特に超音波診断用途にて整形外科、形成外科、口腔外科分野を中心とした臨床応用例に ついて紹介する。

時間:4月13日 18:00-
場所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
主催:九州大学病院先端医工学診療部
共催:福岡医学会

セミナー臨床研究認定更新講習会

  • [開催日時]2015年4月22日(水)19:00-20:30
  • [開催場所]臨床小講堂2
  • [対象]
備考・問合せ先

  九州大学病院ARO次世代医療センターでは、臨床研究認定更新講習として「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針への対応について」をテーマにセミナーを開催します。
講師として、東京大学医科学研究所 公共政策研究分野教授 武藤香織先生、第一三共株式会社 事業推進本部 メディカルアフェアーズ部 樽野弘之先生をお呼びし、平成27年4月から始まる「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の施行を踏まえ、今後の運用における課題等についてお話しいただきます。
学内以外にも、企業からのご参加もぜひお待ちしています。
  
  
なお、参加は無料ですが学外からご参加いただく際は事前のお申込みが必要です。
・お名前 / ご所属 / ご住所 / 電話/ FAX番号 / E-mail
をご明記のうえ、下記までご連絡ください。
【申込み・問い合わせ】
九州大学病院 戦略企画課 高度先端医療支援室
E-mail:byshasiwatas(a)jimu.kyushu-u.ac.jp
          ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。
 


学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。
日時 平成27年4月22日(水)
19:00~20:30
会場 九州大学病院 臨床小講堂2
問い合わせ先 九州大学病院ARO次世代医療センター 近藤
TEL:092-642-5774  FAX:092-642-5775
E-Mail:misatto(a)jk.med.kyushu-u.ac.jp
 ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

プログラム

講演:
1)「新指針に照らした研究実施計画策定のポイント(仮)」
      東京大学医科学研究所 公共政策研究分野 教授
      武藤香織先生
2)「臨床研究とモニタリング、監査と企業が考えている対応」
      第一三共株式会社 事業推進本部 メディカルアフェアーズ部
      樽野弘之先生

座長:九州大学病院 ARO次世代医療センター 中西洋一

セミナー幹細胞治療と骨格組織工学に関するセミナー【英国リーズ大学 Xuebin Yang 博士】

  • [開催日時]2015年4月27日(月)18:30-19:30
  • [開催場所]
  • [対象]
備考・問合せ先
 この度、英国リーズ大学歯学部組織工学研究長のXuebin Yang博士を招聘し、セミナーをお願いしました。
Xuebin Yang博士は現在、リーズ大学歯学部組織工学研究長、南京大学医学部教授、東京女子医科大学客員教授、河南科技大学名誉教授を兼任され、幹細胞療法、生体模倣生体材料、及びin vitro・in vivoモデルを使用した、組織工学における専門知識を生かしながら、臨床整形外科学と医療機器のデザインを組み合わせた研究を行われています。
これまでの豊富な経験を元に、幹細胞療法を利用した骨格組織の再生/修復に関してご講演して頂きます。
皆様のご参加をお待ちしております。

演題:Stem Cell therapy and skeletal tissue engineering ‐ clinical reality.
(幹細胞治療と骨格組織工学~臨床の現状~)

演者:Xuebin Yang 博士
英国リーズ大学歯学部組織工学研究長

日時: 2015年4月27日(月) 18:30~19:30
場所: 基礎研究A棟 第一講義室

九州大学大学院医学研究院次世代医療研究開発講座 
教授Jones Rhodri

参加希望の方は、下記担当宛に所属とお名前をご連絡下さい。当日参加も可能ですが、参加者多数の場合は事前登録された方を優先させて頂きます。
□九州大学医学研究院次世代医療研究開発講座 内線6210(平井・高原)
□九州大学病院ARO次世代医療センター 内線4802(串崎・川口)
□メールアドレス stemcell(a)med.kyushu-u.ac.jp
※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください

セミナー特別講演【マクデブルク大学 Albert Roessner先生】

  • [開催日時]2015年4月27日(月)18:00-
  • [開催場所]中央会議棟(旧剖検室)多目的会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 
ドイツ連邦共和国マクデブルク大学の病理学主任教授であるAlbert Roessner先生にご講演をしていただく事になりましたのでご案内申し上げます。


演者:ドイツ連邦共和国 マクデブルク大学 病理学
主任教授 Albert Roessner先生
演題:Aspects on Inflammatory carcinogenesis in the gastrointestinal tract
日時:平成27年4月27日(月)18:00〜
場所:九州大学 中央会議棟(旧剖検室)多目的会議室


医学部生はもちろんのこと、教員・医局員・大学院生の先生方の多数のご来場を歓迎致します。

ページの先頭へ戻る