TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2015年8月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第 697回生医研セミナーのご案内【ロックフェラー大学 船引教授】

  • [開催日時]2015年8月5日(水)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研 1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 明日、下記の通り、ロックフェラー大学の船引宏則教授によるセミナーを開催致します。カエルの卵抽出物を用いてヌクレオソームの機能を調べるという最先端のお仕事をされています。皆様のご来聴を心より歓迎いたします。講演は英語で行われます。

演題:Dissecting functions of nucleosomes using Xenopus egg extracts
【English Seminar】
演者:船引 宏則 先生  Prof. Hironori Funabiki
ロックフェラー大学 染色体・細胞生物学研究室 教授
Laboratory of Chromosome and Cell Biology, The Rockefeller University
日時:平成27年8月5日(水) Aug. 5 (Wed), 2015
17:00~18:00
場所:病院地区キャンパス内 生体防御医学研究所本館1階 会議室
Seminar Room, 1F, Main Building, Medical Institute of Bioregulation
No.24 on the following linked map.
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hospital/hospital-e.html

要旨:
The nucleosome, where ~147 bp of DNA wraps around the hetero-octamer of histones H2A, H2B, H3 and H4, is the fundamental unit of chromatin. However, importance of the nucleosome in transcriptional control makes it difficult to dissect its nontranscriptional role. To circumvent this issue, we have developed a method to reconstitute complex chromatin-induced events, such as spindle assembly and nuclear formation, using synthetic nucleosomes in Xenopus egg extracts. I will introduce our novel approach to dissect nucleosome functions using this system.

1. Zierhut, C. et al. Nucleosomal regulation of chromatin composition and nuclear assembly revealed by histone depletion. Nat Struct Mol Biol 21,
617-625 (2014)
2. Kelly, A. E. et al. Survivin reads phosphorylated histone H3 threonine 3 to activate the mitotic kinase Aurora B. Science 330, 235-239 (2010)

連絡先: 生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI
電話:092-642-6759

学会・シンポ韓国プサン大学との合同シンポジウ ム

  • [開催日時]2015年8月11日(火)14:00-17:00
  • [開催場所]コラボステーション1、2階
  • [対象]
備考・問合せ先
stem cell をマインテーマにした韓国プサン大学との合同シンポジウムを開催します。本シンポジウムプサン大学との学術交流の一環として行われるもので、第1回は2013年にプサンで行われました。第2回となる今回は、両大学の若手研究者によるシンポジウムとして企画されています。職員スタッフはもちろん、特に大学院生・学部学生の積極的な討論参加を歓迎します。

プログラムは以下の通りです

日時:8月11日14:00~17:00
場所:コラボステーション1、2階

Schedule

14:00 Opening remarks 1: Kinichi Nakashima, Kyushu Univ.

14:03 Opening remarks 2: Hideki Sumimoto, Deen, Kyushu Univ.

14:10 PNU and Kyushu Univ. joint symposium presentation 1
(Chairperson: Fumio Arai, Kyushu Univ.)

14:10-14:25 Myoung Eun Han, PNU
Specific collaboration between the microenvironment and genetic constitution regulates the self-renewal of gastric cancer stem cells

14:25-14:40 Yoshikane Kikushige, Kyushu Univ.
TIM-3 and its ligand, galectin-9, constitute an autocrine loop critical for development of human myeloid leukemia stem cells

14:40-14:55 Il Ho Jang, PNU
Notch1 acts via Foxc2 to promote definitive hematopoiesis via effects on hemogenic endothelium

14:55-15:10 Kentaro Hosokawa, Kyushu Univ.
Shelterin component protection of telomeres 1 (Pot1) plays a critical role in the self-renewal of HSCs

15:10-15:25 Yang Woo Kwon, PNU
Neovascularization and tissue repair stimulated by FPR2-specific peptide agonist WKYMVm

15:25 Photo session and Coffee break



15:40 PNU and Kyushu Univ. joint symposium presentation 2
(Chairperson: Katsuhiko Hayashi, Kyushu Univ.)

15:40-15:55 Go Nagamatsu, Kyushu Univ.
Integrative analysis of the acquisition of pluripotency in PGCs reveals the mutually exclusive roles of Blimp-1 and AKT signalling

15:55-16:10 Yeon-Ju Kim, PNU
Canonical Wnt Signaling Enhances Endothelial Progenitor Cell Commitment and its Angiogenic Potential via SDF1-CXCR4 Axis

16:10-16:25 Hirofumi Noguchi, Kyushu Univ.
Maintenance DNA methyltransferase DNMT1 regulates fate specification of neural stem cells through DNA methylation-dependent and -independent manners during cortical development

16:25-16:40 Hyunju Hwang, PNU
Mis-acylation tRNAs suppress T cell responses which control cutaneous inflammation by infection

16:40-16:55 Taito Matsuda, Kyushu Univ.
TLR9 signaling in microglia ensures homeostatic neurogenesis in the adult hippocampus

16:55 Closing remarks: Jae-ho Kim, PNU


市民公開講座医学歴史館 歴史のうねりセミナー【原土井病院 原先生】

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年8月13日(木)18:30-20:30
  • [開催場所]医学部百年講堂
  • [対象]どなたでもご参加いただけます
備考・問合せ先
 
クリックでPDFが開きます
九州大学医学歴史館では郷土福岡の医療の歴史を伝え遺していく市民向けセミナーとして「歴史のうねりセミナー」を開催していきます。
第一回目を下記内容で開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

日  時:平成27年8月13日(木)18:30~20:30
   
会      場:九州大学医学部 百年講堂(福岡市東区馬出3-1-1)
                  ■ウエブサイト
   
参加資格    :どなたでもご参加いただけます。
   
内      容:第一部 講演(18:30~19:30)
              養生訓に学ぶ・超高齢社会と生活習慣病
              原土井病院 理事長 原 寛
               
             第二部 討論会(19:30~20:30)
   
主          催:九州大学医学歴史館
   
後          援:福岡県慢性期ケア協会
お問い合せ先:九州大学医学歴史館事務局(092-642-4856)
  
日本は世界で初めての超高齢化社会に突入。限られた財源のなか、「今後急増する高齢者の医療をどうするのか?」という大問題を抱えている。
20世紀でそれらは治療可能となり、その原因は毎日の生活習慣である事が明らかになった。
300年前に貝原益軒が著した「養生訓」にある多くの生活習慣病の予防への示唆を通じて、国民が生活習慣を改め、超高齢社会を乗り越えていく道筋を考えたい。

セミナー第 698回生医研セミナーのご案内【理化学研究所 北島先生】

  • [開催日時]2015年8月18日(火)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研 1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第698回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)

下記の通り、理化学研究所多細胞システム形成研究センターの北島智也先生によるセミナーを開催致します。老化卵子ではなぜ染色体異常が頻発するのか、イメージング技術を駆使した最新の成果をお話しいただきます。皆様のご来聴を心より歓迎いたします。講演は英語で行われます。

演題:Intrinsic and age-related sources of aneuploidy in eggs
【Seminar in English】
演者:北島 智也 先生
理化学研究所多細胞システム形成研究センター チームリーダー
Dr. Tomoya Kitajima
Laboratory for Chromosome Segregation, RIKEN Center for Developmental Biology
日時:平成27年8月18日(火) Aug. 18 (Tue), 2015
17:00~18:00
場所:病院地区キャンパス内 生体防御医学研究所本館1階 会議室
以下の地図の24番です。
Seminar Room, 1F, Main Building, Medical Institute of Bioregulation
No.24 on the following linked map.
http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hospital/hospital-e.html

要旨:
Aneuploidy is a leading cause of pregnancy loss and birth defects. Most of the aneuploidy originates from chromosome segregation errors during meiosis I in oocytes. The frequency of the errors increases with maternal age. In this seminar, intrinsic and age-related sources of chromosome segregation errors during meiosis I in oocytes will be discussed.

1. Sakakibara, Y. et al. Bivalent separation into univalents precedes age-related meiosis I errors in oocytes. Nat Commun 6, 7550 (2015).
2. Yoshida, S. et al. Inherent instability of correct kinetochore -microtubule attachments during meiosis I in oocytes. Dev. Cell 33, 589-602 (2015).

連絡先: 生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野 佐々木 裕之
Division of Epigenomics and Development, MIB, Hiroyuki SASAKI
電話:092-642-6759


学会・シンポ第3回TR推進合同フォーラム

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年8月31日(月)13:00-17:20
  • [開催場所]九州大学 医学部百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
「アカデミア発の医療イノベーション-日本と世界-」
 

ARO次世代医療センターでは、西日本アカデミアTRネットワーク(WAT-NeW)、Asia-Pacific Research and Development Network (ARDENT)による第3回TR推進合同フォーラムを開催します。
WAT-NeW、ARDENTは基礎研究から臨床研究・臨床試験までシームレスで実施・支援可能な体制を構築することを目的とし2013年に設立されました。 3回目の開催となる今回は「アカデミア発の医療イノベーション -日本と世界-」をテーマに、日本と海外のライフサイエンスでの知的財産の話題など、研究者や企業の方に是非聴いていただきたい講演プログラムを予定しています。
また、研究者と企業、シーズとニーズのマッチングを図るためのライフサイエンス技術交流会を併催します。アカデミアだけでなく企業からもポスターおよび技術展示ブースを出展いただけますので、多くの方のご参加をお待ちしています。
技術交流会への出展についての詳細は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

  

  日時   平成27年8月31日(月)
  13:00~17:20
  会場   九州大学 医学部百年講堂

>WAT-NeWについて詳しくは→こちら
>ARDENTについて詳しくは→こちら

学内の皆様へ
この講演会は臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。

お申し込み用紙
応募用紙をダウンロードのうえ、下記アドレス、またはFAX番号までお送り下さい。
ライフサイエンス技術交流会への出展に関する詳細については下記までお問い合せください。
フォーラム申込み用紙 word】 定員になり次第締切り
ライフサイエンス技術交流会申込み用紙 word】 8月17日締切り

お申込み/お問い合わせ先
九州大学病院 ARO次世代医療センター産学連携室
TEL:092-642-5080  FAX:092-642-5124
E-Mail:nw-info@med.kyushu-u.ac.jp

プログラム

開会挨拶

講演1 13:15~14:00
「日本医療研究開発機構のミッションと課題について」
末松 誠 先生(国立研究開発法人日本医療研究開発機構理事長)

講演2 14:00~14:45
「The Rare and Neglected Diseases (TRND) Program at NCATS/NIH : Medical Innovation through Collaboration」
G.Sitta Sittampalam先生
(NIH/国立トランスレーショナル科学先進センター Senior Advisor to the Director)

休憩&ライフサイエンス技術交流会 14:45~15:45

講演3 15:45~16:30
「医学研究における知財戦略とその課題」
石埜 正穂 先生(札幌医科大学医学部医科知的財産管理学 教授)

講演4 16:30~17:15
「世界は医療イノベーションを求めている--大学はその期待にどう応えるのか?」
宮田 満 先生(日経BP社 特命編集委員)

閉会挨拶 17:15~17:20

ページの先頭へ戻る