TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2015年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

市民公開講座第13回市民公開講座 患者さんと考える明日への医療

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2015年11月7日(土)14:00-16:30
  • [開催場所]天神イムズ9F イムズホール
  • [対象]
備考・問合せ先
 

ARO次世代医療センターでは、第13回市民公開講座「患者さんと考える明日への医療~胃がん大腸がんと心の病気・精神の病気について 医師の立場から・患者の立場から~」を開催します。
今回は消化器・総合外科 沖英次先生から消化器のがんの臨床試験について、精神科神経科 鬼塚俊明先生からうつやてんかんなどの治験について、それぞれ最新の治療をわかりやすくお話しいただきます。
また、実際にうつの治療を続けて来られた患者さんと日本てんかん協会事務局長 田所祐二氏より、治療を受ける側、そして患者さんを支える家族や支援団体についての講演も予定しています。 詳細は下記プログラムをご覧ください。
参加費は無料。事前のお申込みも不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

【問い合わせ】
九州大学病院 ARO次世代医療センター ARO推進室
TEL:092-642-6290  
E-mail:tr-info(a)med.kyushu-u.ac.jp
(a)を@に置きかえてメール送信してください

 
 
 
 
 
   

学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。
日時 平成27年11月7日(土)
14:00~16:30(13:30開場)
会場 天神イムズ9F イムズホール
http://www.ims.co.jp/information/hall.php
問い合わせ先 九州大学病院事務部 戦略企画課
TEL:092-642-5082  FAX:092-642-5008
E-Mail:byskenkyu@jimu.kyushu-u.ac.jp

プログラム

開会挨拶:九州大学 ARO次世代医療センター センター長 中西洋一

第1部
講演1:「胃がん・大腸がん治療の現在と将来:臨床試験の果たす役割」
九州大学病院 消火器・総合外科 准教授 沖英次先生

講演2:「精神科領域の治験について」
九州大学病院 精神科神経科 准教授 鬼塚俊明先生

講演3:「うつの治療について」
患者さんの立場から

講演4:「てんかんについて」
公益社団法人 日本てんかん協会(波の会)事務局長 田所裕二氏
第2部
パネルディスカッション

閉会挨拶:九州大学 ARO次世代医療センター 副センター長 岸本淳司先生

セミナーゲノム医科学特論特別講義1「Epigeneticsと疾患」(全3回)【Robert Feil教授】

  • [開催日時]2015年11月11日(水)10:30-12:00
  • [開催場所]ウエストウイング7F講義室A
  • [対象]
備考・問合せ先
 [ゲノム医科学特論特別講義「Epigeneticsと疾患」のお知らせ]
九州大学大学院システム生命科学府の大学院講義「ゲノム医科学特論」にEpigenetics研究のトップ研究者であるRobert Feil教授(Institute of Molecular Genetics of Montpellier)をお招きして、3回にわたって「Epigeneticsと疾患」について特別講義をして頂きます。講義は修士学生を対象としたものですが、学内の方でしたらどなたでも参加可能です。講義は英語でおこなわれます。講義内容は以下です。一流の研究者からEpigeneticsについて講義して頂ける素晴らしい機会です。多くの方の参加をお待ちしております。

日程: 11月11日(水)、11月18日(水)、11月25日(水)
時間: 10:30〜12:00
場所:馬出地区ウエストウイング7F講義室A

[Special lecture series of Medical Genomics Advanced Course “Epigenetics and Disease”] Prof. Robert Feil (Institute of Molecular Genetics of Montpellier), who is one of leading researchers in Epigenetics field, will give a lecture series entitled “Epigenetics and Disease”. The lectures are primarily for students in master’s course, but everyone is very welcome. The lectures are given in English. Abstract of the lectures are described as below. It is a great opportunity to learn Epigenetics from the top scientist. We are looking forward to many people taking this opportunity to attend.

Date: Nov. 11th (Wed), Nov. 18th(Wed), Nov. 25th (Wed)
Time: 10:30-12:00
Location: West Wing 7F, Lecture room A

====================================================
Abstract of the special lecture series of Medical Genomics Advanced Course-2015

11th November 2015: Epigenetics and Disease-I This first lecture introduces what is ‘epigenetics’ and explains the difference with ‘genetics’. It explains what is the ‘epigenome’. The lecture will show developmental phenotypes that are entirely controlled by epigenetic regulation in plants and animals. Both in plants and animals, DNA methylation plays essential roles in epigenetic control of gene expression. The lecture will introduce the regulation and role of DNA methylation in mammals. Lastly, it will introduce what are ‘epigenetic diseases’ and how these can be caused by perturbed DNA methylation.

18th November 2015: Epigenetics and Disease-II The second lecture concerns mono-allelic gene expression in mammals. It focuses on genomic imprinting. The role of genomic imprinting in development will be presented. It will be explained what are imprinted genes and how their mono-allelic expression is controlled by maternal and paternal DNA methylation marks. Most imprinted genes are organized in clusters. The lecture will present several of these imprinted gene clusters, and their involvement in complex human diseases and in cancer will be presented.

25th November 2015: Epigenetics and Disease-III This last lecture on epigenetics and disease will describe environment. It will present examples of how nutrition and chemical pollutants, such as endocrine disruptors, can affect DNA methylation. Such changes in the epigenome can have major effects on gene expression and phenotype. When germ cells and embryonic cells are removed from their normal environment, for instance for in vitro culture, this can readily affect the epigenome as well. The importance of in vitro epigenetic perturbation for ‘assisted reproduction’ in humans will be discussed.
====================================================

御不明な点がありましたら、下記担当教員までお問い合わせください。
柴田 弘紀: 生体防御医学研究所、ゲノミクス分野, 内線6167, hshibata(a)gen.kyushu-u.ac.jp
鵜木 元香: 生体防御医学研究所、エピゲノム制御学分野, 内線6760, unokim(a)bioreg.kyushu-u.ac.jp
(a)を@に置きかえてメール送信下さい

If you have any questions, please feel free to ask us.

Hiroki Shibata: Division of Genomics, Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University
TEL: +81-92-642-6167, email: hshibata(a)gen.kyushu-u.ac.jp

Motoko Unoki: Division of Epigenomics and Development, Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University
TEL: +81-92-642-6760, email: unokim(a)bioreg.kyushu-u.ac.jp

学会・シンポ第26回クロマトグラフィー科学会議

  • [開催日時]2015年11月11日(水)~13日(金)
  • [開催場所]コラボステーション 視聴覚ホール・コミュニティーラウンジ
  • [対象]
備考・問合せ先
 
会場:九州大学 医系キャンパス
福岡市東区馬出3-1-1
コラボステーション 視聴覚ホール・コミュニティーラウンジ

  会期:2015年11月11日(水)~13日(金)

  主催:クロマトグラフィー科学会

  協賛:日本分析化学会、日本薬学会

  内容:受賞講演、依頼講演、一般口頭発表、一般ポスター発表

  ウェブサイト:http://soyaku.phar.kyushu-u.ac.jp/scs26/index.html

 
【問い合わせ先】
〒812-8582福岡市東区馬出3-1-1
九州大学大学院薬学研究院創薬育薬産学官連携分野   
第26回クロマトグラフィー科学会議事務局
実行委員長 浜瀬健司
TEL & FAX: 092-642-6598
E-mail: scs26(a)phar.kyushu-u.ac.jp
         (a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

セミナー第700回生医研セミナー免疫機構研究セミナー【Professor Gordon Brown】

  • [開催日時]2015年11月12日(木)14:00-15:30
  • [開催場所]生医研 1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の要領で生医研セミナーを開催致します。皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

《第700回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)免疫機構研究セミナーのご案内》

演 題:C-type lectin receptors and the control of immunity

演 者:Professor Gordon Brown
Division of Applied Medicine Immunity
Section of Infection and Immunity
University of Aberdeen, UK 

要 旨:
The last few decades has seen a tremendous increase in our understanding of the mechanisms underlying the development of protective anti-microbial immunity. Key among these discoveries is the identification of pattern recognition receptors (or PRRs) expressed by immune cells which recognise conserved microbial components, such as beta-glucans. Recognition of these structures by PRRs, particularly by members of the C-type lectin receptor
(CLR) family, triggers intracellular signalling cascades that initiate a variety of cellular and inflammatory responses, and induce the development of pathogen specific adaptive immunity. We now understand that innate recognition by CLRs is essential for the development of protective antimicrobial immunity but there is also emerging evidence that the functions of these receptors play a role in homeostasis and autoimmunity. In this presentation, I will cover the recent developments in our understanding of the function and roles of these receptors.

日 時:平成27年11月12日(木)14:00~15:30

場 所:生体防御医学研究所 本館1階 会議室

連絡先:生体防御医学研究所 分子免疫学分野
山崎 晶 092(642)4614

セミナー「骨免疫学」の創始者、東京大学の高柳広先生講演会

  • [開催日時]2015年11月12日(木)17:00
  • [開催場所]歯学部本館 講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先
 歯学研究院より大学院特別講義「硬組織研究法」のご案内

「骨免疫学」の創始者、東京大学の高柳広先生を歯学研究院にお招きし、講演会を開催致します。

演者:東京大学・大学院医学系研究科・病因病理学専攻・免疫学講座教授
高柳 広 先生
タイトル:「骨免疫学の最前線」
日時:平成27年11月12日(木曜日)午後5時から(質疑応答含めまして午後6時半ごろまで)
場所:九州大学歯学部本館 講義室C

最終的なタイトルは追ってお知らせ致します。骨代謝、免疫学、そして新興の「骨免疫学」にご興味の方など、多数の方々のご来場を歓迎致します。宜 しくお願い致します。

大学院特別講義「硬組織研究法」の今後の予定は以下の通りです。ご期待ください。
(いずれも質疑応答含む時間を示しております)(留学生の方々にもご案内頂けますと助かります)

平成27年12月8日(火曜日)17:00~18:30
原田 英光 先生(歯の再生研究)岩手医科大学・発生生物再生医学分野・教授 
平成28年 2月2日(火曜日)17:00~18:30
長澤 丘司 先生(造血幹細胞ニッチの分子生物学)京都大学・再生医科学研究
所・生体システム制御学分野・教授 
平成28年 3月1日(火曜日)17:00~18:30
工藤 明 先生 (ペリオスチンと疾患、宇宙医学と骨代謝イメージング)東京
工業大学・生命理工学研究科・教授

宜しくお願い申しあげます。

久木田 敏夫
九州大学大学院
歯学研究院
口腔常態制御学講座
分子口腔解剖学分野

ページの先頭へ戻る