TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2016年3月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー大学院特別講義「硬組織研究法」【東京工業大学 工藤先生】

  • [開催日時]2016年3月1日(火)17:00-18:30
  • [開催場所]歯学部1階講義室B
  • [対象]
備考・問合せ先
 講演者:東京工業大学大学院生命理工学研究科
高次生命情報学講座
高次生命情報学分野
教授
工藤 明 先生
講演タイトル:
「メダカを用いた歯と骨の形成と再生:メダカは哺乳類の骨形成にどこまで迫れるのか」

日時:平成28年3月1日(火曜日)午後5時より(質疑応答含め6時半頃まで)
場所:歯学部 1階 講義室B (歯学部本館正面玄関から入ってすぐのところにございます)

この度は宇宙医学実験とメダカを用いた骨代謝イメージング研究で有名な、東京工業大学・教授・工藤明先生をお招きし、講演会を開催致します。工藤 先生は心疾患やアレルギー等の発症に重要なタンパク質「ペリオスチン」の発見者としても、とても有名です。NHK番組サイエンスアイでも工藤先生のご研究が紹介され反響を呼んでいます。

骨代謝研究、生体イメージング等にご興味のある方、宇宙医学実験にご興味のある方、また、魚類を用いた免疫学的研究等にご興味のある方など、どなたでもお気軽にお越しください。多数の方がたのご来場を歓迎致します。

(世話人)
九州大学大学院歯学研究院
口腔常態制御学講座
分子口腔解剖学分野
久木田敏夫

セミナー臨床研究認定更新講習「生命倫理講演会」

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2016年3月4日(金)18:00-19:00
  • [開催場所]総合研究棟1階セミナー室(105号室)
  • [対象]
備考・問合せ先

 
クリックでPDFが開きます
ARO次世代医療センターでは臨床研究認定の更新講習として、日本生命倫理学会との共催で生命倫理講演会を開催します。 ご講演いただく邱 仁宗(Renzong Qiu)先生は、中国の人文社会科学研究の最高機関である中国社会科学院教授を永年にわたってつとめられ、現在名誉教授となられています。 邱先生は、中国の医療を監督する中国衛生部の倫理審査委員会副委員長、ヒトゲノム計画ELSI委員会委員長などの要職を歴任してこられました。また、英国学士院、オックスフォード大学、米国ジョージタウン大学、国連のユネスコ生命倫理委員会などでも活躍され、生命倫理学者として世界的に著名な方です。 今回、同先生から「ゲノム編集と生殖細胞遺伝子改変」の倫理的・法的課題について、九大で特別にご講演いただくことになりました。中国で受精卵に対してゲノム編集が試みられて大きな話題となりましたが、今般、わが国でもゲノム編集に係る対応が重要課題の一つとなっております。
ご多忙中のこととは存じますが、是非ともこの機会に本講習会にご参加くださいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
学内以外にも、企業からのご参加もぜひお待ちしています。
なお、参加は無料、事前のお申込みも不要です。
日時 平成28年3月4日(金)
18:00~19:00(10分程度の質疑応答を含む)
会場 九州大学病院内 総合研究棟1階セミナー室(105号室)
問い合わせ先 九州大学病院事務部 戦略企画課
TEL:092-642-5082  FAX:092-642-5008
E-Mail:byskenkyu(a)jimu.kyushu-u.ac.jp
           (a) を@に置きかえてメールを送信してください。 

プログラム

「ゲノム編集と生殖細胞遺伝子改変 ―倫理的・法的課題-」
邱 仁宗 先生(中国社会科学院哲学研究所名誉教授)
Prof. QIU Ren-Zong、”Genome Editing and Germline Gene Modifications:
Ethical and Regulatory Issues”
解説:位田 隆一 先生(京都大学名誉教授/同志社大学特別客員教授)
司会:河原 直人 先生(九州大学病院臨床研究推進部門 特任講師)

※講演は英語となりますが和訳を配布いたします。質疑応答は通訳付です。

学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
認定更新の受付は、17:30~18:30までの1時間のみの開設となりますのでお早めにご来場ください。また、受付の際には認定証番号が必要になりますので認定証をご持参下さい。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。

セミナー第711回 生医研セミナー【北海道大学 高橋先生】

  • [開催日時]2016年3月8日(火)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の要領で、北海道大学大学院医学研究科の高橋秀尚博士のセミナーを予定しております。

ご興味ある方のご参加、是非お待ちしております。
 

《第711回 生医研セミナー》

 

日時:2016 3 8日(火) 17001800

場所:馬出キャンパス内 生体防御医学研究所 本館1階 会議室

演者:高橋 秀尚 先生(北海道大学大学院 医学研究科 生化学講座 医化学分野・講師)

講演タイトル:「新規の転写伸長制御因子Med26の機能解析」

 

要旨:多くのヒト遺伝子においてRNAポリメラーゼII(以下Pol II)が転写開始後に一時停止していることが明らかになり、遺伝子発現において転写伸長の過程が重要な役割を果たしていることがわかってきた。Pol IIの一時停止が解除されPol IIRNA合成を再開するためには、転写伸長因子の働きが必要である。 ところが、転写伸長因子が、どのようにして時期特異的に特定の遺伝子領域にリクルートされるのかについて明らかとなっていなかった。われわれは、メディエーター転写複合体のサブユニットMed26が、転写伸長因子を含む複合体Super elongation complexSEC)を、c-MycHsp70などのタンパク質をコードする遺伝子領域にリクルートすることを明らかにした【Takahashi et al. 2011】。最近、われわれはMed26によってリクルートされる、もう一つの転写伸長因子複合体Little elongation complexLEC)を同定した【Takahashi et al. 2015】。解析によって、Med26LECを、small nuclear RNAなどのnon-coding RNA遺伝子領域にリクルートし、それらの転写を制御することがわかった。Med26がどのような機構によってSECLECを使い分け、それぞれ異なる遺伝子の転写を制御するのかに関して大変興味深いと考えられる。

 

参考文献:

Takahashi et al. Human mediator subunit MED26 functions as a docking site for transcription elongation factors.  Cell 146, 92-104, 2011.

Takahashi et al. MED26 regulates the transcription of snRNA genes through the recruitment of little elongation complex. Nat Commun, 6, 5941, 2015

 

 

世話人:生医研・エピゲノム制御学分野 一柳 健司(内線6760)

市民公開講座九州がんプロ養成基盤推進プラン 市民公開講座

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2016年3月12日(土)13:30-15:30
  • [開催場所]総合研究棟 セミナー室105
  • [対象]
備考・問合せ先
  日時 平成28年3月12日(土)13:30-15:30
※クリックでPDFが開きます。
  会場 九州大学総合研究棟1階
セミナー室105
福岡市東区馬出3-1-1
  内容 講演1
■乳がんのおはなし
国立病院機構九州がんセンター 乳腺科 部長 徳永えり子
 
  講演2
■もっと知ろうがんのこと-押さえておきたいがんの豆知識-
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科臨床腫瘍学 教授 芦澤 和人
  質疑応答
 参加費 無料
 定員 70名
申し込み要
  お問い合わせ 九州大学大学院医学研究院九州連携臨床腫瘍学講座
(九州がんプロ養成基盤推進プラン)

Tel:092-642-6921 Fax:092-642-6922
E-mail:k-renkei(a)c-oncology.med.kyushu-u.ac.jp
 ※(a)を@に読み替え
HP: http://www.c-oncology.med.kyushu-u.ac.jp/

「氏名・参加人数・連絡先(住所・電話番号・E-mail)」を
ご記入の上、E-mail、Faxでお申し込みください。応募者多数の場合には先着順となります。
当日受付も可能です。
 
   主催 九州がんプロ養成基盤推進協議会
 
   共催 九州大学大学院医学研究院九州連携臨床腫瘍学講座                      

セミナー第15 回痛みの研究会

  • [開催日時]2016年3月14日(月)18:00-20:00
  • [開催場所]九州大学医学部 百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
さて、この度下記の通り「第15回 痛みの研究会」を開催致します。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。軽食をご用意致します。学部学生の参加も歓迎します。

薬学研究院
ライフイノベーション分野
津田誠

~~~~~~
「第15回 痛みの研究会」
◆日 時  2016年3月14日(月)18:00~20:00
◆場 所  九州大学医学部 百年講堂

【開会の辞】 18:00-18:05 
痛みの研究会 代表世話人  
九州大学医学研究院 麻酔・蘇生学 教授 外 須美夫 先生

【研究発表】 18:05-18:25 
座長:九州大学大学院医学研究院 呼吸器内科分野 教授 中西 洋一 先生

「幼少期の被養育体験と慢性疼痛:一般住民と心療内科患者の比較」
演者:九州大学病院 心療内科 柴田 舞欧 先生

【特別講演1】 18:25-19:10 
座長:九州大学大学院医学研究院 麻酔・蘇生学分野 教授 外 須美夫 先生

「慢性痛の成り立ちと対策」 
演者:大阪大学大学院医学系研究科 疼痛医学寄附講座 教授 柴田 政彦 先生

【特別講演2】 19:10-19:55
座長:九州大学大学院薬学研究院 薬剤学分野 教授 大戸 茂弘 先生

「痛みによる負情動の脳内メカニズム」 
演者:北海道大学大学院薬学研究院 薬理学研究室 教授 南 雅文 先生

【閉会の辞】 19:55‐20:00 
九州大学医学研究院 臨床神経生理学分野 教授  飛松 省三 先生

ページの先頭へ戻る