TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2016年12月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第726回生医研セミナー【Dr. Feng Shao National Institute of Biological Sciences, Beijing】

  • [開催日時]2016年12月8日(木)10:00-11:00
  • [開催場所]総合研究棟1F 105号室
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の要領で生医研セミナーを開催致します。
皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

第726回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)
(文部科学省 新学術領域研究「ダイイングコード」共催)

Title : Pyroptosis in anti-bacterial immunity: sensing & execution

Speaker : Dr. Feng Shao (National Institute of Biological Sciences,Beijing) 

Abstract:
Inflammatory caspases (caspase-1, 4, 5 and 11) are critical for cytosolic defenses against bacterial infections. Caspase-1 is activated by the canonical inflammasome complex. We identify the NAIP family of NLR proteins as inflammasome receptors for bacterial flagellin and type III secretion apparatus. Pyrin, encoded by the familial Mediterranean fever disease gene, forms a canonical inflammasome upon bacterial modifications/inactivation of host Rho GTPases. We also discover that human caspase-4/5 and murine
caspase-11 are receptors for cytosolic LPS, critical for anti-bacterial defense and also septic shock. Common to inflammatory caspases activation is pyroptosis, a programmed necrotic cell death. Using genome-wide CRISPR/Cas9 screens, we identify gasdermin D (GSDMD) as the pyroptosis substrate for inflammatory caspases. GSDMD contains a functionally important gasdermin-N domain conserved in the gasdermin family. The gasdermin-N domains of GSDMD as well as other gasdermins can bind membrane lipids, phosphoinositides and cardiolipin, and exhibit membrane-disrupting cytotoxicity in both mammalian cells and bacteria. Purified gasdermin-N efficiently lyses the liposomes and forms pores on the membrane. Most gasdermin pores have an inner diameter of
10~14 nm with 16 symmetric protomers. Crystal structure shows an autoinhibited two-domain architecture in the gasdermin family. The liposome-leakage and pore-forming activity of gasdermin-N is required for pyroptosis. These findings reveal the mechanism for pyroptosis and provide insights into the roles of the gasdermin family in necrosis, immunity and diseases.

References
Ding, et al. Nature 2016
Shi, et al. Nature 2015
Shi, et al. Nature 2014
Xu, et al. Nature 2014
Li, et al. Nature 2013

日 時:平成28年12月8日(木) Dec. 8(Thu), 2016
10:00 ~11:00

場 所:病院キャンパス Hospital Campus
総合研究棟1F 105号室 BRS 1F Room105

連絡先:生体防御医学研究所 免疫制御学分野 山崎 晶
Division of Molecular Immunology, Medical Institute of Bioregulation
Sho Yamasaki

セミナー心療内科メディカルセミナー

  • [開催日時]2016年12月10日(土)・11日(日)
  • [開催場所]九州大学病院北棟9階カンファレンスルーム
  • [対象]心身医学に興味をもつ医師、研修医、医学生、看護師、心理士、その他医療職
備考・問合せ先
九州大学病院心療内科では、毎年、医師・医学生・コメディカルを対象とした心療内科メディカルセミナーを開催しています。
平成28年度の冬季は12月10日(土)に開催いたします。
参加ご希望の方は下記①~⑤を平成28年12月5日(月)までにメールにてお知らせください。


日  時: 平成281210日(土)12001820

                1211日(日) 9001330

 

場  所: 九州大学病院 北棟9階カンファレンスルーム


■申込内容

① 氏名 
② 現在のご所属(学校・学科名、勤務先等) 
③ 卒業大学及び卒業年度
④ 携帯電話番号
⑤ E-mailアドレス 

■連絡先 
九州大学病院心療内科医局長室
TEL
092-642-5318
Email
akane-k(a)cephal.med.kyushu-u.ac.jp (事務担当:上國料)
         
(a)@に置きかえてメールをご送信ください。

また、春や夏にも心療内科メディカルセミナーやオリエンテーションレクチャーを開催する予定ですので心療内科に興味をお持ちの方は是非御参加下さい。

九州大学心療内科ホームページ(http://www.cephal.med.kyushu-u.ac.jp/



セミナー大学院特別講義「硬組織研究法」【東京大学 高柳先生】

  • [開催日時]2016年12月15日(木)17:00-
  • [開催場所]歯学部 講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先

歯学研究院より

 

大学院特別講義「硬組織研究法」のご案内

 

この度、「骨免疫学」の創始者、東京大学医学部・教授 高柳広先生をお招きし、講演会を開催致します。

 

講演者:東京大学 大学院医学系研究科・免疫学講座・教授 高柳 広 先生

 

講演のタイトル:「骨免疫学と自己免疫疾患」

 

日時:平成28年12月15日(木曜日)午後5時より(質疑応答含め6時半頃まで)

 

場所:九州大学歯学部 講義室C (歯学部講義実習棟1階)(歯学部本館の正面玄関から入ってすぐのところにございます)
 

高柳先生は骨免疫学の創始者で世界のトップを走っておられる研究者です。今回は自己免疫疾患のお話もございますので、免疫や骨代謝にご興味の方はもちろんのこと、ご興味のある方はどなたでも参加できます。多くの方々のご来場を歓迎致します。(ご業績:Immunity 2016, Nature Commun.2016, Cell 2015, Nature Med.2015, Nature Med.2014, Cell Metab.2014, Naure 2012, Nature Med.2012,Proc.Natl.Acad.Sci.2012等、多数)どうぞ、宜しくお願い致します。

 

(「硬組織研究法」世話人)

九州大学大学院

歯学研究院 口腔常態制御学講座

分子口腔解剖学分野

久木田 敏夫

セミナーセミナー【シンガポール大学 Kini Manjunatha Rao 先生】

  • [開催日時]2016年12月15日(木)17:00-18:00
  • [開催場所]薬学部 第2講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
 シンガポール大学(National University of Singapore)理学部のKini Manjunatha Rao 先生 をお招きしてセミナーを行います。
Kini先生はタンパク質化学、ペプチド化学を駆使して、毒素タンパク質の構造、機能の研究およびその応用を精力的に研究をされております。
皆様の御来聴をお待ちしております。


日時:平成28年12月15日(木)
17:00-18:00
場所:薬学部 第2講堂
講師:Kini Manjunatha Rao 先生(シンガポール大学理学部)
演題:「Inspiration from nature: Far-reaching impact of toxin research」
要旨:
Mankind has drawn inspiration from nature to help resolve various situations. Examining nature has aided in the development of almost every aspect of our lives - from buildings and bridges to materials and medicine. We benefit from these nature’s revelations several times a day and often without realization. Venomous animals are found throughout the phylogenetic tree. Venoms and toxins have evolved to assist them in the immobilization of prey and food capture as well as keeping the predators and competitors away. At the first glance, venomous animals, their venoms and toxins appear as villains and detrimental to you and your community. Despite their deadly, debilitating and harmful effects, a significant number of toxins have contributed to the development of (a) life-saving drugs; (b) diagnostic agents; and (c) research tools. In addition, they contribute to our understanding of the fundamentals of chemistry, folding and evolution of proteins. Thus, over the last several decades, toxin research has contributed significantly to both basic and applied sciences. We have been interested in structure-function relationships, mechanism of action and evolution of protein toxins. In this talk, I will highlight the impact of toxin research to our daily lives.

世話人:植田正、阿部義人

セミナー第728回生医研セミナー(多階層生体防御システム拠点)【ミュンヘン大学 山野先生】

  • [開催日時]2016年12月16日(金)17:00-18:30
  • [開催場所]生医研1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 下記の通り生医研セミナーを開催致します。
皆さまのご参加をお待ち申し上げております。


演題  :  胸腺に存在するB細胞の特徴と役割

演者  :  山野 友義 先生 (ミュンヘン大学免疫学部門・博士研究員)

日時  :  平成28年12月16日(金) 17:00〜18:30

場所  :  生体防御医学研究所 1階 会議室

要旨  :  T細胞は胸腺において正の選択および負の選択をうけることにより成熟し、その結果、多様性をもち自己に対してはもたないT細胞の集団が産生される。T細胞の正の選択および負の選択においては胸腺に存在する抗原提示細胞が必須の役割を担う。胸腺のB細胞は胸腺における抗原提示細胞の40~50%をしめるにもかかわらず、その役割についてはあまり知られていない。本セミナーでは胸腺B細胞が有するユニークな表現型、胸腺内で自発的におこる免疫グロブリンのクラススイッチ、及び自己反応性T細胞の負の選択に寄与しうること紹介し、胸腺におけるB細胞の役割を考察したい。

参考文献:  Yamano, et al, Immunity. 2015 42(6):1048-61

生体防御医学研究所・免疫遺伝学分野 ・ 福井 宣規(内線 6828)


ページの先頭へ戻る