TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2017年4月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー生医研セミナー【大阪大学 松田先生】

  • [開催日時]2017年4月11日(火)17:00-18:30
  • [開催場所]生医研本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 *************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:松田 史生 先生
所属:大阪大学大学院 情報科学研究科・准教授

タイトル:「がん細胞の代謝フラックス解析」

日時:2017年4月11日(火)17:00~18:30
場所:生医研本館1F 会議室


がん代謝の研究は約90年前にドイツの生理学者Otto Warburgが発見した「ワールブルグ効果」に始まり、近年再び脚光を浴びています。この分野を支えているのが代謝物総体(メタボローム)を測定する技術体系(メタボロミクス)ですが、単にメタボロームを計っただけのスナップショットでは生物学的にあまり意味はありません。やはりその経路を流れる代謝流束(代謝フラックス)が測定できて、初めて意味のある情報を得ることができます。しかし、現時点では代謝フラックス解析は技術的にも情報処理的にも容易ではありません。松田先生は代謝フラックス解析の世界的な権威であり、動的メタボロミクスの最前線を知るにはもってこいの機会です。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・プロテオミクス分野 松本 雅記(内線6797)

セミナー第738回生医研セミナー【東京大学アイソトープ総合センター 川村先生】

  • [開催日時]2017年4月21日(金)17:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟105号室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第738回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)のご案内

下記のとおり生医研セミナーを開催致します。皆様方のご来聴を心よりお待ちしております。

演 題:質量分析計によるヒストン解析
演 者:川村 猛先生
東京大学アイソトープ総合センター
プロテオミクス研究室

要 旨:質量分析計を用いたプロテオーム解析は生命科学の分野で一般的な手法になり銀染色レベルで検出されるタンパク質の同定は簡単に可能になった。現在ではタンパク質複合体、リン酸化シグナル経路、網羅的なタンパク質発現定量解析の手法も進展している。
これらのほとんどはボトムアッププロテオミクスと呼ばれる手法により、タンパク質の一部を効果的に検出することによって行っている。
我々はエピゲノム制御に関わるヌクレオソームを構成するヒストンタンパク質の解析を行っている。ヒストンタンパク質はH1, H2A, H2B, H3, H4の5種類であるがバリアントと翻訳後修飾も含めると膨大なパターンが存在し、一種類のヒストンH3の理論的な修飾組み合わせだけでも100兆を超える。
これらを解析するための我々の研究室のアプローチを紹介する。

日 時:平成29年4月21日(金)17:00~18:00
場 所:病院地区キャンパス内 総合研究棟105号室

セミナー2017年 春のセミナー 「申請直前!春の学振セミナー」

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年4月22日(土)14:00-17:30
  • [開催場所]コラボステーション I 共同セミナー室 (A)(B)
  • [対象]在研究に携わっている方 (大学院生・ポスドクなど), 今後研究に携わる予定の学生
備考・問合せ先
 
※クリックでPDFが開きます。
生化学若い研究者の会 九州支部 2017年 春のセミナー
「申請直前!春の学振セミナー」

4月22日(土)に九州支部主催の春のセミナーを開催いたします!

生化学若い研究者の会は、生命科学に関わる若い研究者の集まりであり、九州支部では年に数回セミナー等を企画しております。
http://www.seikawakate.org/sibu/kyushu

今回の春のセミナーは、学振セミナーを予定しております。
学振について詳しく知りたい方、今年度申請予定の方や来年度以降申請する方、みなさまのご参加をお待ちしています!


日時:2017年4月22日(土) 14:00-17:30
場所:九州大学 病院キャンパス コラボステーション I 共同セミナー室 (A)(B)
https://www.med.kyushu-u.ac.jp/campus/access/file/hospital.pdf
対象:現在研究に携わっている方 (大学院生・ポスドクなど), 今後研究に携わる予定の学生
参加費:無料
構成:講師講演

青木 佳南さん
(九州大学 システム生命科学府 脂質細胞生物学研究室 D1 /日本学術振興会 特別研究員 DC1)
『読み手に「伝わる」申請書の書き方』

吉住 拓馬さん
(九州大学 システム生命科学府 生体高分子学研究室 D3 /日本学術振興会 特別研究員 DC1)
『ミトコンドリアを介した宿主 - ウイルス間の攻防戦略~研究の強みを学振申請に活かす~』

浜崎 伸彦さん
(九州大学 医学研究院 ヒトゲノム幹細胞医学分野 博士研究員 /日本学術振興会 特別研究員 PD)
『今から間に合う、これからも使える申請書の心得』

-----------------------------------------------------

今年は、実際に学振を取得された3人の演者の方に、申請書を作成する上で注意したポイントなど、実践的なアドバイスを含めご講演いただく予定です。
みなさま、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!

また、セミナー後に懇親会を開催する予定です。こちらもぜひご参加ください。
(セミナーのみのご参加も可能です。)
時間:18:00-20:00
会場:磯っこ商店
参加費:3,500円

<参加申し込み方法>
下記URL先の登録フォームの指示に従って、参加申し込み手続きを行ってください。
https://goo.gl/forms/JYTMOwF92AP69dgN2

ページの先頭へ戻る