TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2017年5月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第50回 九州大学病院がんセミナー 開催のご案内

  • [開催日時]2017年5月10日(水)18:30-20:00
  • [開催場所]臨床小講堂2(講義棟2F)
  • [対象]
備考・問合せ先
第50回 九州大学病院がんセミナー 開催のご案内

日頃より、がんセンターの業務にご協力いただきありがとうございます。
がんセンターでは、下記のとおり、がんセミナーを開催いたします。
このセミナーはがん診療について幅広い知識を習得するために、各臓器の専門医等をお招きして、ガイドラインや最新のエビデンスに基づいた講習として開催されます。院内外を問わず、医師、薬剤師、検査技師等の医療従事者、研修医、大学院生等多くの方々のご参加を歓迎します。


日  時: 平成29年5月10日(金)18:30~20:00
場  所: 九州大学病院 臨床小講堂2(講義棟2F)
講演内容:
1.「膵悪性腫瘍に対する鏡視下手術の進歩」
九州大学病院 胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科 大塚 隆生先生
2.「去勢抵抗性前立腺癌の治療」
九州大学病院 泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科 塩田 真己先生
3.「免疫チェックポイント阻害薬の適正使用―九大チームICIの活動―」
九州大学病院 呼吸器科 中西 洋一先生
※各講演30分(講演20分、質疑応答10分)

座  長: 九州大学病院 呼吸器科 中西 洋一 先生

※セミナー開始後は3Fで受付となります。
※対象は学内外を問いません。また、事前お申込み・参加料は不要です。

九州大学病院 がんカンファレンス 担当世話人  中西 洋一
九州大学病院 緩和ケアセンター センター長   外 須美夫
九州大学病院 がんセンター センター長    水元 一博

共  催: 医療連携センター、臨床教育研修センター、福岡医学会、
九州大学医師会、九州連携臨床腫瘍学講座
問合せ先: がんセンター(内線5890)  担当 江頭

セミナー第7回 筋生理研究会【京都府立大学佐藤先生・大阪大学深田先生】

  • [開催日時]2017年5月11日(木)16:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟2F-205号室
  • [対象]
備考・問合せ先
 5月11日(木)に筋生理研究会を開催致します。京都府立大学佐藤貴彦先生、大阪大学深田宗一郎先生のお二方を演者に迎え最先端の骨格筋幹細胞研究についてご講演いただきます。皆様方のご来聴をお待ちしております。


日 時:平成29年5月11日(木)16:00~18:00
場 所:病院地区キャンパス内 総合研究棟2F-205号室

16:00~17:00
演題:ヒトiPS 細胞から骨格筋幹細胞への誘導研究
演者:佐藤貴彦 先生

17:00~18:00
演題:筋幹細胞維持メカニズムと筋肥大
演者:深田宗一郎 先生

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
演題:「ヒトiPS 細胞から骨格筋幹細胞への誘導研究」
(Induction of human skeletal muscle stem cells by accelerating defined
factors)
演者:佐藤貴彦 先生
京都府立医科大学大学院医学研究科

要旨:
幾つかの遺伝子発現の組合せによって、iPS 細胞及び組織特異的な細胞集団へと誘導可能であることが相次いで報告されています。この「ダイレクトリプログラミング」という現象は、組織特異的な転写因子を用いることで多くがなされていますが、1980 年代に骨格筋細胞へと誘導可能なMyoD ファミリーとして知られる筋制御因子群の発見が、遺伝子導入によるリプログラミング研究の先駆けであったことは今日教科書にも記載されています(Cell 1987)。

時が流れ、数十年。骨格筋研究ではMyoD の発見以降、様々な分子制御機構が明らかとなっています。特に、筋形成のマスター遺伝子と思われた筋制御因子を上流制御する転写因子Pax3/Pax7 が同定され、それぞれ骨格筋幹細胞である筋衛星細胞で発現する因子であることが明らかとなるブレークスルーがありました(Cell 2000、Nature 2005、Science 2005)。組織特異的かつ細分化された細胞集団へとリプログラミング可能であることが示された現在、骨格筋研究分野でもMyoD の発見からの次の一歩となる、リプログラミング技術により骨格筋幹細胞を人為的に作製することは可能なのでしょうか?今回はマウスとヒトiPS 細胞を用いて行ってきた骨格筋幹細胞研究をご紹介したいと思います。

Davis et al., Cell (1987) 51, 987-1000
Seale et al., Cell (2000) 102, 777-786
Relaix et al., Nature (2005) 435, 948-953 Montarras et al. Science (2005) 309, 2064-2067

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
演題:筋幹細胞維持メカニズムと筋肥大
演者:深田宗一郎 先生
大阪大学 未来戦略機構・大学院薬学研究科

要旨:
筋衛星細胞は新しい筋線維を生み出す事のできる唯一の生理的な幹細胞である。そのため、筋損傷を伴う局面においては欠く事できない細胞である。また、既存の筋線維に対して新しい核を供給できるのも筋衛星細胞のみと考えられている。実際に、筋衛星細胞が存在しないと、マウスのresistancetrainingモデルでは筋肥大に伴う筋核数の増加が観察されない。つまり筋肥大時においても、筋衛星細胞は活性化・増殖し、核を供給していると予想されている。しかし筋肥大時には、筋損傷も伴うケースもあり、筋肥大時の特異的な環境が筋衛星細胞の活性化・増殖・分化(核の供給)に関わっているのか?筋損傷により筋衛星細胞の活性化・増殖・分化がおきているのか?については分かっていない。我々は筋衛星細胞の静止期・未分化維持のメカニズム研究を通して、筋肥大時と筋損傷時では、筋衛星細胞の活性・増殖機構が異なる事を最近見いだしたので、その成果について皆様と議論させて頂きたい。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
連絡先:九州大学 生体防御医学研究所 トランスクリプトミクス分野
大川 恭行 092(642)4534
九州大学 農学研究院 資源生物科学部門
辰巳 隆一 092(642)2950

セミナー生医研セミナー【大阪大学 橋本先生】

  • [開催日時]2017年5月22日(月)15:00-16:30
  • [開催場所]生医研本館1F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 *************** 生医研セミナーのお知らせ ***************

演者:橋本 均 先生
所属:大阪大学大学院 薬学研究科・教授

タイトル:「高速・高精細全脳イメージングによる精神疾患の分子病態研究」

日時:2017年5月22日(月)15:00~16:30
場所:生医研本館1F 会議室


神経・精神疾患の病態解明には、脳をシステムバイオロジーとして理解する必要があるものの、その根底となる網羅的な全脳解析は、技術的な制限(画像撮影速度、全細胞の識別が困難など)によりほとんど行われてません。最新のMRIでも解像度が低いため、個々の細胞の変化を検出することができず、病態時に脳内でどのような変化が起きているかについては、わからないのが現状です。そこで橋本先生のグループでは、詳細な脳内変化をnon-biasで検出可能かつ、細胞レベルで多群間比較を簡便に行える新たな全脳3次元形態計測システムの構築し、精神疾患の分子病態研究を行っています。精神医学分野に対する全脳形態アプローチの最前線を知るにはもってこいの機会です。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子医科学 中山 敬一(内線6815)

セミナー第110回先端医工学セミナー【フランス・レンヌ大学 Pierre Jannin先生】

  • [開催日時]2017年5月23日(火)16:00-
  • [開催場所]West Wing 3階
  • [対象]
備考・問合せ先
5月23日(火) 16時より第110回先端医工学セミナーを開催いたします。

今回は、フランス・レンヌ大学のPierre Jannin先生をお招きし、
「Surgical Skill Analysis and Modeling」と題してご講演を賜ります。

大変興味深いお話を拝聴できるものと思います。
どなたでもご参加頂けますので、多くの皆様のご来聴をお待ちしております。

_____________________________

【第110回先端医工学セミナー】

Title: Surgical Skill Analysis and Modeling

Abstract:
With about 250 millions of surgical procedures worldwide per year, surgical quality is a crucial societal issue. Increasing surgical quality may occur through the whole perioperative process from diagnosis, strategy decision, planning, performance and post-operative evaluation, as well as through initial and continuous learning. Computer assistance is required at each step. Computer assisted surgery includes providing the surgeon with information about the patient, as well as facilitating his/her job with ergonomical systems and instruments with some levels of automation.
In this presentation, I will present how such objectives can be addressed by studying and modeling surgical skills. I will illustrate such approach by examples covering different aspects of surgical skills from technical to non-technical ones. Finally, I will present a recent project where a surgical simulation system is developed for evaluating and training procedural skills based on an interactive and collaborative virtual reality environment.


時間:5月23日(火)16:00-

場所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室


主催:九州大学病院先端医工学診療部
共催:新学術領域研究多元計算解剖学

______________________________

セミナー医学研究院 教育・研究支援センター 主催 【遠心機の理論と安全な取扱方法セミナー】

  • [開催日時]2017年5月25日(木)14:00-15:30
  • [開催場所]馬出地区コラボステーションⅠ 2階 視聴覚ホール
  • [対象]九大教職員・学生のみ
備考・問合せ先
 医学研究院 教育・研究支援センター 主催
【遠心機の理論と安全な取扱方法セミナー】

遠心機は、生化学実験において試料の調製等、基礎的な部分で多用される身近な装置です。しかし、間違った使い方をすると故障や大きな事故が発生する恐れがあります。
大学という学生や研究員の入れ替わりが激しい状況下で、正しい知識を持ち、安全に使用していただくために、遠心機の安全セミナーを企画いたしました。
「安全な取扱い方法」だけでなく、知っているようできちんと理解されていない「遠心機の基本用語や理論」も解説いたします。また、超遠心のアプリケーション等もご紹介しますので、遠心機を使い始めたばかりの方から、もっと有効に使いたいという方まで、この機会に是非ご参加ください。

【日時】 2017年5月25日(木) 14:00~15:30

【場所】 馬出地区コラボステーションI 2階視聴覚ホール

【申込先】 資料準備のため下記アドレスから参加申込をお願いいたします。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/kikicenter/seminaryoyaku.html

【申込締切】 2017年5月19日(金)
*事前申込なしでも受講可能ですが、資料なしでの受講となる場合があります。
*キャンセルされる場合は、必ず事前にメールまたは電話でご連絡お願いいたします。

【講師】 ベックマン・コールター株式会社 小林 俊博 氏

【内容】
■ 遠心機・ロータの種類と用途
■ 遠心機でよく使われる用語
■ 遠心機の安全な取扱い方法
・ロータ事故例
・正しいバランスの取り方
・サンプル密度について
・正しいロータ、フタ、バケットのセット
・チューブ、アダプタ、ツールの使用法
・ロータの日常メンテナンス
■ 遠心理論
■ 遠心機の応用例(エクソソームの分取方法など)
■ 質疑応答

セミナー終了後、個別相談にも対応いたします。

*支援センターの遠心機を利用するには、取扱説明を受けて下さい。
なお、一部の超遠心機は、老朽化のため新規の利用は受け付けておりません。

ページの先頭へ戻る