TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2017年9月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第52回 九州大学病院がんセミナー 開催のご案内

  • [開催日時]2017年9月6日(水)18:30-20:00
  • [開催場所]臨床小講堂2(講義棟2F)
  • [対象]
備考・問合せ先
第52回 九州大学病院がんセミナー 開催のご案内

  日頃より、がんセンターの業務にご協力いただきありがとうございます。
  がんセンターでは、下記のとおり、がんセミナーを開催いたします。このセミナーはがん診療について幅広い知識を習得するために、各臓器の専門医等をお招きして、ガイドラインや最新のエビデンスに基づいた講習
として開催されます。院内外を問わず、医師、薬剤師、検査技師等の医療従事者、研修医、大学院生等多くの方々のご参加を歓迎します。

日  時: 平成29年9月6日(水)18:30~20:00
場  所: 九州大学病院 臨床小講堂2(講義棟2F)
講演内容:
1.「甲状腺がんについて」
    九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 若崎 高裕 先生
2.「悪性脳腫瘍治療戦略」
    九州大学病院 脳神経外科 空閑 太亮 先生
3.「がん患者の口腔ケア」
    九州大学病院 高齢者歯科・全身管理歯科 柏﨑 晴彦 先生
※各講演30分(講演20分、質疑応答10分)

座  長: 九州大学病院 呼吸器科 中西 洋一 先生

※セミナー開始後は3Fで受付となります。
※対象は学内外を問いません。また、事前お申込み・参加料は不要です。

九州大学病院 がんカンファレンス 担当世話人  中西 洋一
九州大学病院 緩和ケアセンター センター長   外 須美夫
九州大学病院 がんセンター センター長    水元 一博

共  催: 医療連携センター、臨床教育研修センター、福岡医学会、
                九州大学医師会、九州連携臨床腫瘍学講座
問合せ先: がんセンター(内線5890)  担当 江頭

セミナー第18回創薬育薬産学官連携セミナー【台北医学大学 李先生】

  • [開催日時]2017年9月6日(水)15:00-16:00
  • [開催場所]薬学部 第3講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
第18回創薬育薬産学官連携セミナーの御案内

医系キャンパスの皆様

9月6日(水) 15:00より、台北医学大学薬学部の
李 仁愛 先生 をお招きして第18回創薬育薬産学官連携セミナーを行います。

日時:平成29年9月6日(水)
15:00-16:00
場所:薬学部 第3講堂
講師:李 仁愛 先生(台北医学大学薬学部)
演題:「乳酸および関連化合物のキラル識別分析法開発と機能解析」

皆様の御来聴をお待ちしております。

セミナー第12回応用幹細胞医科学部門セミナー

  • [開催日時]2017年9月11日(月)16:00-17:30
  • [開催場所]総合研究棟1階102号室
  • [対象]どなたでも参加可能です
備考・問合せ先
以下の通り、 著名な海外のヒト神経再生研究者を2名をお招きし、セミナーを開催いたします。

皆さま、奮ってご参加ください。

---
【第12回応用幹細胞医科学部門セミナー】

日時:2017年9月11日(月)16:00-17:30
場所:総合研究棟1階102号室
対象:どなたでも参加可能です

ーパート1ー
Functional brain organoids and disease modeling Alysson R. Muotri (School of Medicine, University of California San Diego)

ABSTRACT
The complexity of the human brain, with thousands of neuronal types, permits the development of sophisticated behavioral repertoires, such as language, tool use, self-awareness, symbolic thought, cultural learning and consciousness. Understanding what produces neuronal diversification during brain development has been a longstanding challenge for neuroscientists and may bring insights into the evolution of human cognition. Human pluripotent stem cells have the ability to differentiate in specialized cell types, such as neurons and glia. Moreover, induced pluripotent stem cells can be achieved from living individuals, but reprogramming somatic cells that would capture their entire genome in a pluripotent state. We have been using this approach to create cortical progenitor cells and neurons to gain insights on genetic disorders. Interesting, human pluripotent stem cells we developed a robust protocol to generate cerebral cortical organoids. These are self-assembled 3D structures that mimics the cortical organization, with a proliferative zone with progenitor cells migrating to different cortical layers with functional activity. The reconstruction of human synchronized network activity in a dish allow the understanding of how neural network oscillations might be disrupted in neurological disorders affecting the social brain. We applied this technology to understand the impact of genetic variations in genes related to autism spectrum disorders and for evolutionary studies. Our findings suggest a potential bridge to the gap between the microscale in vitro neural networks electrophysiology and non-invasive electroencephalogram (EEG).


ーパート2ー
NT-3-chitosan enabled de novo regeneration and functional recovery in monkeys after spinal cord injury Yi Eve Sun (UCLA Mental Retardation Research Center)

ABSTRACT
Spinal cord injury (SCI) is a severe medical condition often leading to permanent loss of motor, sensory, and autonomic functions. We have previously shown that neurotrophin-3 (NT-3)-loaded chitosan biodegradable material allowed for prolonged slow release of this neural trophic factor for 14-weeks in physiological conditions. Here we report that NT-3-loaded chitosan, when inserted into a 1cm gap of hemi-sectioned and excised adult Rhesus Monkey thoracic spinal cord, elicited robust de novo neural regeneration. Using a combination of magnetic resonance Diffusion Tensor Imagining (DTI), functional MRI (fMRI), electrophysiological, and morphological analyses, as well as kinematics-based quantitative walking behavioral analyses, we demonstrated that the bioactive NT-3-chitosan scaffold provided an excellent microenvironment for de novo neural regeneration accompanied with motor and sensory functional recovery in monkeys. Given that monkey and human share similar genetics and physiology, our method will potentially be translatable to human for SCI repair.

---

九州大学医学研究院
応用幹細胞医科学部門
基盤幹細胞学分野
中島欽一

セミナーに関する問い合わせ先:
今村拓也(imamura(a)scb.med.kyushu-u.ac.jp)
            ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

市民公開講座第15回市民公開講座

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2017年9月16日(土)14:00-16:30
  • [開催場所]アクロス福岡 国際会議場
  • [対象]
備考・問合せ先
ARO次世代医療センターでは、第15回市民公開講座「患者さんと考える明日への医療~睡眠障害からおこる病気・がん免疫療法をテーマに 医師の立場から・患者の立場から~」を開催します。
今回は睡眠時無呼吸センター 安藤眞一先生より睡眠時無呼吸症候群について、皮膚科 内博史先生より悪性黒色腫について、それぞれ最新の治療をわかりやすくお話しいただきます。
また、実際に悪性黒色腫の治療を続けて来られた患者さんからも講演もあります。 詳細は下記プログラムをご覧ください。
参加費は無料。事前のお申込みも不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。
 
【問い合わせ】
九州大学病院 ARO次世代医療センター
臨床研究推進室
TEL:092-642-6290
E-mail:tr-info(a)med.kyushu-u.ac.jp
※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。
 

  日時   平成29年9月16日(土)
  14:00~16:30(13:30開場)
  会場   アクロス福岡 国際会議場
  http://www.acros.or.jp/
  問い合わせ先   九州大学病院事務部 事務部研究支援課
  TEL:092-642-5082  FAX:092-642-5008
  E-Mail:byskenkyu(a)jimu.kyushu-u.ac.jp
            ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

 

学内の皆様へ

このセミナーは臨床研究認定更新講習です。
※「臨床研究認定制度」について、詳しくは→こちらをご覧ください。


プログラム

開会挨拶:九州大学病院 ARO次世代医療センター センター長 中西洋一先生

第1部
講演1:「睡眠時無呼吸症候群:夜中に息が止まっておこること」
九州大学病院 睡眠時無呼吸センター 安藤 眞一先生

講演2:「悪性黒色腫:免疫チェックポイント阻害剤と治療の進歩」
九州大学病院 皮膚科 内 博史先生

講演3:「患者さんの立場から」

第2部
パネルディスカッション

閉会挨拶:九州大学病院 ARO次世代医療センター 副センター長 岸本淳司先生

セミナー群馬大学生体調節研究所・吉田知史先生セミナー

  • [開催日時]2017年9月25日(月)14:00-15:00
  • [開催場所]生医研1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先

【群馬大学生体調節研究所・吉田知史先生セミナーのご案内】

演者:吉田知史先生
所属:群馬大学生体調節研究所・准教授

タイトル:細胞内ATP濃度の可視化から見えてきたATP恒常性維持の仕組み

日時:2017年9月25日(月) 14:00〜15:00まで
場所:生医研1階会議室

要旨:ATPは生命現象を担う主要な化学エネルギー通貨でありその濃度の動的変動を理解することは細胞内のあらゆる活性を理解するために必要不可欠である。生化学あるいは質量分析により細胞集団内の総ATP量を測定する技術は古くから確立しているが個々の細胞内でのATP濃度を計測する技術はようやく芽吹き始めた段階である。
  今回我々は蛍光タンパク質改変型ATP濃度センサーQUEENを利用して出芽酵母細胞内で安定してATP濃度変化を可視化する系を確立したことを報告する。ATP濃度可視化技術の利用によりこれまで未解明であった多くの謎(例えば細胞の大きさとATP濃度に相関関係はあるのか?細胞周期でATP濃度は変動するのか?細胞老化に伴いATP濃度は減少するのか?など)に答えることが可能となった。本セミナーでは未発表のデータを報告し多くのフィードバックが得られることを期待している。

演者のご略歴:
1998年 東京大学理学部生物学科 卒業
2003年 東京大学理学系研究科博士課程 修了(東江昭夫教授)
2003年 ハーバード大学医学部ダナ・ファーバー癌研究所 研究員(David Pellman教授)
2009年 ブランダイス大学生物学部ローゼンスティール基礎医科学研究所 助教授
2014年 群馬大学生体調節研究所 准教授

代表論文:
1. Hatakeyama R, Kono K, Yoshida S: Ypk1/Ypk2 kinases maintain Rho1 at the plasma membrane by flippase-dependent lipid remodeling after membrane stresses. J Cell Sci (2017)
2. Jonasson EJ, Rossio V, Hatakeyama R, Abe M, Ohya Y, Yoshida S: Zds1/Zds2-PP2ACdc55 complex specifies signaling output from Rho1 GTPase. J Cell Biol (2016)
3. Rossio V, Michimoto T, Sasaki T, Ohbayashi I, Kikuchi Y, Yoshida S: Nuclear PP2A-Cdc55 prevents APC-Cdc20 activation during the Spindle assembly checkpoint (SAC). J Cell Sci (2013)
4. Atkins BD, Yoshida S, Saito K, Wu CF, Lew DJ, Pellman D: Inhibition of Cdc42 during mitotic exit is required for cytokinesis. J Cell Biol (2013)
5. Dotiwala F, Eapen VV, Harrison JC, Arbel-Eden A, Ranade V, Yoshida S, Haber JE: The DNA damage checkpoint triggers autophagy to regulate the initiation of anaphase. PNAS (2013)
6. Kono K, Saeki Y, Yoshida S, Tanaka K, Pellman D: Proteasomal Degradation Resolves Competition between Cell Polarization and Cellular Wound Healing. Cell (2012)
7. Ikui AE, Rossio V, Schroeder L, Yoshida S: A yeast GSK-3 kinase Mck1 promotes Cdc6 degradation to inhibit DNA re-replication. PLoS Genet (2012)
8. Rossio V, Yoshida S: Spatial regulation of Cdc55-PP2A by Zds1/Zds2 controls mitotic entry and mitotic exit in budding yeast. J Cell Biol (2011)
9. Yoshida S, Bartolini S, Pellman D: Mechanisms for concentrating Rho1 during cytokinesis. Genes Dev (2009)
10. Yoshida S, Kono K, Lowery DM, Bartolini S, Yaffe MB, Ohya Y, Pellman D: Polo-like kinase Cdc5 controls the local activation of Rho1 to promote cytokinesis. Science (2006)

  演者の吉田先生は、細胞周期・細胞老化・癌化・ストレス応答の詳細な分子メカニズムを酵母の遺伝学を自在に駆使して解明するというスタイルで、非常に優れた研究成果を着実に残して来ておられる気鋭の細胞生物学者です。
また、国内でご自身のラボを持つ前に、先ず海外でP.I.として独立してラボを構えられたというキャリアの持ち主でもあります。
  今回ご来福のついでに講演をお願いすることが出来ました。大変ホットでエキサイティングなお話がうかがえると思います。皆様奮ってご参加下さい。


世話人:生医研・分子医科学 南嶋洋司(内線6795, minamish(a)med.kyushu-u.ac.jp)
        ※(a)を@に置きかえてメールをご送信ください。

ページの先頭へ戻る