TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2018年1月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第765生医研セミナー【慶應義塾大学 塩見先生】

  • [開催日時]2018年1月5日(金)14:00-15:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
第765生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

下記の通り、慶應義塾大学の塩見春彦先生によるセミナーを開催致します。皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

演題: 哺乳類生殖細胞形成についての2つのトピックス:
       マウス胎児期での雄性生殖細胞におけるクロマチン高次構造のダイナミックな変化とハムスター卵形成におけるPIWIの機能
演者: 塩見 春彦 先生
       慶應義塾大学医学部分子生物学 教授
日時: 2018年1月5日(金) Jan. 5 (Fri), 2018
       14:00~15:00
場所: 病院キャンパス 生体防御医学研究所本館1階 会議室
       以下の地図の26番です。
       http://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf
要旨:
PIWI-piRNA経路は転移性遺伝因子の抑制と生殖細胞の発生において重要な役割を果たす。我々は生化学、遺伝学、情報生物学の手法を駆使してこの経路の作働機序の解明を目指している。今回は、(1)ゴールデンハムスター(マウスより1つ多い4つのPIWI遺伝子を持つ)の卵形成におけるPIWIの機能、及び(2)マウス胎児期の雄性生殖細胞において一過性にオープンクロマチン状態になるDAD(Differentially Accessible Domains)と呼ばれるゲノム領域について紹介する。

1. Iwasaki, YW. et al. PIWI modulates chromatin accessibility by regulating multiple factors including histone H1 to repress transposons. Mol Cell.
408-419 (2016)
       
2. Sato, K. et al. Krimper enforces an antisense bias on piRNA pools by binding AGO3 in the Drosophila germline. Mol Cell. 553-563 (2015) 3. Iwasaki, YW., Siomi, MC., Siomi, H. PIWI-interacting RNA: its biogenesis and functions. Annu Rev. Biochem. 405-433 (2015)

セミナー第766回生医研セミナー【横浜市立大学 有田先生】

  • [開催日時]2018年1月10日(水)17:00-18:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第766回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

下記の通り、横浜市立大学の有田恭平先生(生医研客員准教授)によるセミナーを開催致します。先日、中西真先生の「DNAメチル化とDNA複製のカップリング機構(第755回生医研セミナー)」がありましたが、有田先生はタンパク質の構造解析から同発見に寄与されました。また中西先生の御発表では触れられなかったG9aメチル化酵素によるLIG1タンパク質のリジン残基のメチル化とDNAメチル化維持のカップリングという非常に興味深い現象にも構造解析から貢献されました。DNAメチル化維持機構は日本人研究者が中心となって解明を進めている世界に誇れる分野の1つですが、有田先生は当該分野の構造的な基盤を初期から支えておられる中心的研究者のお一人です。有田先生は難しい構造解析のお話を、専門外の研究者にもわかりやすく説明してくださることで定評があります。皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

演題:DNA維持メチル化の分子機構の構造基盤
演者:有田 恭平 先生
       横浜市立大学 生命医科学研究科 構造生物学研究室 准教授
日時:2018年1月10日(水)17:00~18:00
場所:病院キャンパス 生体防御医学研究所本館1階 会議室
       以下の地図の26番です。
       http://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf

要旨:
ゲノムDNAのメチル化パターンは、細胞固有の遺伝子発現を定義づける重要な役割をはたします。分化した細胞のDNAメチル化パターンは、ゲノム配列と同様に複製・細胞分裂を経て次世代の細胞に正確に受け継がれることにより、細胞はその形質を維持することができます。このDNA維持メチル化には、維持型DNAメチル化酵素であるDNMT1と,ユビキチンリガーゼ活性を有するUHRF1の2つのタンパク質が必須な役割をします。まず、UHRF1のSRAドメインがDNA複製後に生じたヘミメチル化DNAを認識し、その後UHRF1は近傍のヒストンH3をユビキチン化します。このユビキチン化ヒストンH3が目印となり、DNMT1がヘミメチル化DNAにリクルートされ、新生鎖DNAがメチル化されます。しかし,ヒストンH3がどのようなユビキチン修飾を受けるのか、DNMT1がどのようにユビキチン化ヒストンH3を認識するのか、ユビキチン化H3の結合によってDNMT1の構造や活性がどのように制御されるのかは不明でした。本セミナーでは、ユビキチン化ヒストンH3とDNMT1の複合体のX線結晶構造解析により明らかにした、ユニークなユビキチン修飾の認識とそれに伴うDNMT1の酵素活性化機構に関して紹介します。また、DNA維持メチル化はDNA複製の直後に起こることが考えられていますが、これらの2つの現象がどのようにカップリングしているかは不明でした。我々は、DNA複製因子DNA ligase1 (LIG1)がUHRF1を複製サイトへリクルートすることを明らかにしました。さらに、LIG1とUHRF1の複合体の結晶構造解析に成功し、その認識機構と、LIG1の結合によるUHRF1の高次構造の変換機構を解明したので紹介します。

1.Ishiyama S, Nishiyama A, Saeki Y, Moritsugu K, Morimoto D, Yamaguchi L, Arai N, Matsumura R, Kawakami T,
   Mishima Y, Hojo H, Shimamura S, Ishikawa F, Tajima S, Tanaka K, Ariyoshi M, Shirakawa M, Ikeguchi M, Kidera A, *Suetake I, *Arita K, *Nakanishi M.
   Structure of the Dnmt1 reader module complexed with a unique two-mono-ubiquitin mark on histone
   H3 reveals the basis for DNA methylation maintenance. Mol Cell 68 350-360, 2017
   
2.Ferry L*, Fournier A*, Tsusaka T*, Adelmant G, Shimazu T, Matano S, Kirsh O, Amouroux R, Dohmae N,
   Suzuki T, Filion GJ, Deng W, de Dieuleveult M, Fritsch L, Kudithipudi S, Jeltsch A, Leonhardt H, Hajkova P, Marto JA, Arita K, Shinkai Y**, Defossez PA**.
   Methylation of DNA Ligase 1 by G9a/GLP recruits UHRF1 to replicating DNA and regulates DNA methylation. Mol Cell 67, 550-565, 2017

セミナー第29回九州沖縄社会精神医学セミナー

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年1月13日(土)9:20〜14:30
  • [開催場所]百年講堂 中ホール1,2
  • [対象]
備考・問合せ先
 第29回九州沖縄社会精神医学セミナーを平成30年1月13日(土)に、九州大学医学部百年講堂にて開催いたします。

どなたでもご参加頂けます。
皆様どうぞふるってご参加下さい。
 

第29回九州・沖縄社会精神医学セミナー
 

日時:

 2018年1月13日(土)9:20〜14:30


※クリックでPDFが開きます。

場所:

 百年講堂 中ホール1,2

参加費:

医師 5,000円  医師以外 1,000円  学生無料

テーマ:

「多職種で考える”子どもの虐待”と”認知症と運転”」

申込方法

事前申し込み不要

 

申込受付期間

なし

 
■シンポジウムⅠ 

「多職種で考える子ども虐待の早期発見と対応」

座長:
演者:
 

山下 洋(九大病院 子どものこころの診療部)
梶谷 優子(福岡市教育委員会指導部教育相談課)
河浦 龍生(子ども家庭支援センター)
本田 洋子(福岡市精神保健福祉センター)
永光信一郎(久留米大学小児科)

 
■シンポジウムⅡ

「認知症と自動車運転」

座長:
演者:


 

小原 知之(九州大学精神病態医学)
古川 洋一(福岡県警察本部交通部運転免許管理課)
篠木 潔 (弁護士法人 翼・篠木法律事務所)
小原 知之(九州大学精神病態医学)

 
■ランチョンセミナー

「認知症疾患におけるパーキンソン症状について」

座長:
演者:

鬼塚 俊明(九州大学精神病態医学)
山下 謙一郎(九大病院 神経内科)


昨今社会的に大きな問題となっている精神医学的な問題として、シンポジウムIでは「多職種で考える子ども虐待の早期発見と対応」を、またシンポジウムIIでは「認知症と自動車運転」を取りあげ、様々な立場からお話しを頂く予定です。

大会長 神庭 重信(九州大学精神病態医学教授)

セミナー第762回生医研セミナー【熊本大学 石黒先生】

  • [開催日時]2018年1月17日(水)16:00-17:00
  • [開催場所]生医研 本館1階 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
第762生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

下記の通り、熊本大学の石黒啓一郎先生によるセミナーを開催致します。講演は英語で行われます。
皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

演題: A novel nuclear factor plays a crucial role in initiation of meiosis
  
【Seminar in English】
演者: 石黒 啓一郎 先生
       熊本大学発生医学研究所 染色体制御分野 准教授
       Associate Prof. Kei-ichiro Ishiguro
       Institute of Molecular Embryology and Genetics, Kumamoto University
       
日時: 2018年1月17日(水) Jan. 17 (Wed), 2018
       16:00~17:00
       
場所: 病院キャンパス 生体防御医学研究所本館1階 会議室
       以下の地図の26番です。
       Seminar room, Main Building 1F, Medical Institute of Bioregulation
       No.26 building on the following linked map.
       http://www.kyushu-u.ac.jp/f/30078/Hospital_jp-2017.pdf
       
要旨:
The switching from mitotic to meiotic cell cycle is a crucial step for reorganization of meiotic chromosome1, 2 in gametogenesis. In mammals, Stimulated by retinoic acid 8 (STRA8) is required for induction of meiosis.
Although the significance of STRA8 in initiating meiosis is recognized, the underlying mechanism how STRA8 involves in meiotic initiation has been largely elusive. To elucidate the molecular mechanisms of meiotic initiation, we purified STRA8 protein complex from testes of the genetically engineered STRA8 knockin mice. Mass-spectrometric analysis identified novel factors that are associated with STRA8. Notably, StIP1 (Stra8 interacting protein-1), which is encoded by a previously uncharacterized hypothetical gene, shows germ cell specific expression patterns in both male and female germ cells. Immuno-fluorescent analysis shows that StIP1 protein is co-expressed with STRA8 in a limited population of pre-meiotic germ cells in male and female. Importantly, despite of STRA8 expression, initiation of meiosis is abolished in StIP1 KO mice. Remarkably, expression of meiotic prophase genes is largely impaired in the absence of StIP1, accounting for severe arrest of germ cells before meiosis. These results suggest that StIP1 together with STRA8 plays a crucial role in initiation of meiosis.
Here, we discuss our latest unpublished data on the issues of meiotic initiation and the consequent chromosome reorganization.
       
1. Ishiguro, K. et al. Meiosis-specific cohesin mediates homolog recognition in mouse spermatocytes. Genes & Dev. 28, 594-607 (2014) 2. Kim J, Ishiguro K. et al. Meikin is a conserved regulator of meiosis I specific kinetochore function. Nature 517, 466-471 (2015)

セミナー第763回生医研セミナー【Dr. Emmanuel Barillot Director of Department Institut Curie - INSERM U900 - PSL Resear】

  • [開催日時]2018年1月19日(金)16:00-17:00
  • [開催場所]総合研究棟2F 204セミナー室
  • [対象]
備考・問合せ先
第763回 生医研セミナーのご案内です。
ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

日時:
平成30年1月19日(金)16:00~17:00

場所:
総合研究棟2F 204セミナー室

演題:
Computational oncology: is it data-driven or knowledge driven?

演者:
Dr. Emmanuel Barillot
Director of Department
Institut Curie - INSERM U900 - PSL Research University / Mines ParisTech, FRANCE

要旨:
While molecular and phenotypic data about tumors and models are accumulating at an ever-increasing pace, the bottleneck in cancer research has shifted from data acquisition to computational analysis.
What is missing to translate our research into clinical benefit for the patient? Should we focus on knowledge-driven or data-driven approaches?
My talk will give examples of both, in particular for single cell analysis, knowledge formalisation and network modelling. Applications will concern among others: Ewing sarcoma, colon carcinoma, and metastasis formation.
Reference:
Chanrion et al (2014) Concomitant Notch activation and p53 deletion trigger epithelial-to-mesenchymal transition and metastasis in mouse gut. Nature communications 5: 10.
Biton et al (2014) Independent component analysis uncovers the landscape of the bladder tumor transcriptome and reveals insights into luminal and Basal subtypes. Cell reports 9: 4. 1235-1245.

ページの先頭へ戻る