TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2018年5月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー肉腫における発がん性変異SWI/SNF(BAF)複合体の機能解析【慶應義塾大学 中山ロバート先生】

  • [開催日時]2018年5月7日(月)18:30-19:30
  • [開催場所]中央会議棟 多目的会議室(1)
  • [対象]
備考・問合せ先
セミナーのご案内

演題:肉腫における発がん性変異SWI/SNF(BAF)複合体の機能解析

演者:中山ロバート先生
慶應義塾大学整形外科・講師

日時:2018年5月7日(月) 18:30-19:30

場所:中央会議棟 多目的会議室(1) (医学部臨床研究棟A棟とB棟の間にある建物です。)

近年、クロマチンを制御するタンパク複合体の1つであるSWI/SNF(BAF)複合体の異常が肉腫の発症に関与することが報告されています。中山ロバート先生は、米国ダナ・ファーバー癌研究所留学中に肉腫のおける発がん性変異SWI/SNF(BAF)複合体の機能解析を研究され、その詳細なメカニズムを明らかにされました(Nakayama RT, et al. Nature Genetics. 2017)。今回のセミナーでは、その最新のご研究成果を紹介いただき、新規治療開発への展望をお話しいただきます。学生から研究者の方まで、多くの皆様のご出席を歓迎いたします。

セミナーの概要:
SWI/SNF(BAF)複合体は、ATP依存性にヌクレオソーム構造を変化させ、クロマチンを制御するタンパク複合体の1つであり、包括的な遺伝子制御に寄与している。SMARCB1(BAF47/INI1)はそのSWI/SNF複合体の主要なサブユニットであり、その遺伝子の欠損が、悪性ラブドイド腫瘍(MRT、98%)や類上皮肉腫(EpS、90%)を含むいくつかの癌腫で報告されていることから腫瘍抑制遺伝子と考えられている。しかし、それら腫瘍におけるSMARCB1の腫瘍抑制因子としての分子生物学的機能は未だに十分には解明されていない。一方、滑膜肉腫(SS)特異的融合遺伝子SS18-SSXの構成要員として知られるSS18もSWI/SNF(BAF)複合体のサブユニットであることが知られている。さらに、滑膜肉腫特異的融合遺伝子SS18-SSXはSWI/SNF(BAF)複合体に結合し、それに伴い、本来SWI/SNF(BAF)複合体に結合すべき SMARCB1(BAF47/INI1)がSWI/SNF(BAF)複合体から外れ、 ユビキチン・プロテアソーム系で分解されることがわかっており、MRT、EpSに加えて、SSも発がん性変異SWI/SNF(BAF)複合体による疾患であると考えられている。しかし、SS18-SSXの発がん性が、 腫瘍抑制遺伝子SMARCB1/BAF47/INI1を欠くことによるものか、SS18-SSXが結合した変異SWI/SNF(BAF)複合体が別の発がん機序を持つのか、いまだ解明されていない。本発表では、米国留学期間中に携わった、MRT、EpS、SSの細胞株を用いた変異SWI/SNF(BAF)複合体の機能解析の成果について報告する。

連絡先:
医学研究院整形外科学  遠藤 誠
医学研究院形態機能病理学  孝橋 賢一

セミナーJean Kristeller博士講演のご案内

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年5月10日(木)15:00-16:30
  • [開催場所]総合研究棟1F 105会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
  この度、心療内科では、肥満治療で国際的に注目されている“マインドフル・イーティング”の第一人者である、 米国インディアナポリス大学のJean Kristeller博士をお招きし、講演会を企画しました。
“マインドフル・イーティング”は、 味覚をはじめとする身体感覚(空腹感、満腹感など)に意識を向けることで、 食に関する自分の思考や感情を客観視することが可能となり、衝動的な食行動を減らす効果が期待できるという方法です。

この機会にぜひ、ふるってご参加ください。
なお、「量より質」「内なるグルメを育てる」など、日常の食生活にも生かせる内容が満載である博士の著書、“The Joy of Half a Cookie”も併せてご案内します。

※クリックでPDFが開きます

                                       記

Jean Kristeller博士講演会
Mindful Eating and Mindfulness-Based Eating Awareness Training (MB-EAT)

【日時】平成30年5月10日(木)15:00~16:30
【場所】総合研究棟1F 105会議室(病院キャンパス)
【対象者】関心のある方は、どなたでもご参加いただけます。
【参加費】無料
【申込】必要無し


【問合せ先】心療内科 内線5319
                担当:西原智恵/野崎剛弘

ページの先頭へ戻る