TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2018年8月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー大脳皮質聴覚野における感覚チューニング【ノースカロライナ大学チャペルヒル校 加藤先生】

  • [開催日時]2018年8月3日(金)17:00-18:00
  • [開催場所]基礎研究A棟1階 第2講義室(生協前)
  • [対象]どなたでも参加可能です
備考・問合せ先
  神経生理学の研究者である加藤紘之博士(ノースカロライナ大学チャペルヒル校神経科学センター・准教授)をお招きし、セミナーを開催いたします。2光子カルシウムイメージングや光遺伝学を駆使した大脳皮質聴覚野の研究についてご講演頂きます。どなたでも参加可能です。ふるってご参加下さい。
海外留学や海外での独立のご経験についてもお話いただける予定(日本語)ですので、学部学生・大学院生の参加も歓迎します。

演者: 加藤 紘之 先生
所属: ノースカロライナ大学チャペルヒル校准教授

タイトル:
大脳皮質聴覚野における感覚チューニング
Inhibitory circuits underlying sensory tuning of cortical neurons

日時: 2018年8月3日(金)17:00~18:00
場所: 基礎研究A棟1階 第2講義室(生協前)

要旨:
Lateral inhibition is a fundamental circuit operation that sharpens the tuning properties of cortical neurons. This operation is classically attributed to an increase in GABAergic synaptic input triggered by non-preferred stimuli. Here we use in vivo whole-cell recording and two-photon Ca2+ imaging in awake mice to show that lateral inhibition shapes frequency tuning in primary auditory cortex via an unconventional mechanism: non-preferred tones suppress both excitatory and inhibitory synaptic inputs onto layer 2/3 cells ("network suppression"). Moreover, optogenetic inactivation of inhibitory interneurons elicits a paradoxical increase in inhibitory synaptic input. These results indicate that GABAergic interneurons regulate cortical activity indirectly via the suppression of recurrent excitation (inhibition-stabilized network model), rather than via the direct inhibition. Furthermore, the network suppression underlying lateral inhibition was blocked by inactivation of somatostatin-expressing interneurons (SOM cells), but not parvalbumin-expressing interneurons (PV cells). These findings reveal that SOM cells govern lateral inhibition and control cortical frequency tuning through the regulation of reverberating recurrent circuits. Together with our previous finding that SOM cell activity is regulated by the behavioral relevance attached to sounds, these results demonstrate a dynamic nature of sensory tuning that is enabled by cortical inhibitory circuits.

参考文献:
1. Kato HK, Asinof SK, Isaacson JS. (2017) Network-level control of frequency tuning in auditory cortex. Neuron 95: 412-423.
2. Kato HK, Gillet SN, Isaacson JS. (2015) Flexible sensory representations in auditory cortex driven by behavioral relevance.Neuron 88: 1027-1039.
3. Kato HK, Gillet SN, Peters AJ, Isaacson JS, Komiyama T. (2013) Parvalbumin-Expressing Interneurons Linearly Control Olfactory Bulb Output. Neuron 80:1218-1231.
4. Kato HK, Chu MW, Isaacson JS, Komiyama T. (2012) Dynamic sensory representations in the olfactory bulb: modulation by wakefulness and experience. Neuron 76:962-75.

研究セミナーは英語での発表となりますが、日本語での質疑も歓迎です。

世話人: 医学研究院・疾患情報研究分野 今井 猛
              t-imai(a)med.kyushu-u.ac.jp
               ※(a)を@に置きかえてメールを送信してください。

セミナー第59回分析化学講習会 高速液体クロマトグラフィー

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年8月9日(木)~10日(金)
  • [開催場所]薬学部 実習室
  • [対象]
備考・問合せ先
  
 

第59回分析化学講習会 高速液体クロマトグラフィー
-機器分析を基礎から応用まで-
 

日時

平成30年8月9日(木)から10日(金)

※クリックでPDFが開きます

場所

薬学部 実習室

講師

浜瀬健司(九大薬)、巴山 忠(福大薬)

ホームページ

http://www.jsac.or.jp/~jsac_kyushu/

セミナー第22回創薬育薬産学官連携セミナー【The Second University of Naples, Italy Alessandro Usiello先生

  • [開催日時]2018年8月21日(火)16:00-17:00
  • [開催場所]薬学部 本館2F 会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第22回創薬育薬産学官連携セミナーの御案内

医系キャンパスの皆様

8月21日(火) 16:00より、The Second University of Naplesの
Alessandro Usiello 先生 をお招きして第22回創薬育薬産学官連携セミナーを行います。

日時:平成30年8月21日(火)
16:00-17:00
場所:薬学部 本館2F 会議室
講師:Alessandro Usiello 先生(The Second University of Naples, Italy)
演題:「D-Aspartate Oxidase activity prevents D-Aspartate dependent NMDA neurotoxicity」

皆様の御来聴をお待ちしております。

セミナー講演会【理化学研究所 岡田先生】

  • [開催日時]2018年8月22日(水)17:00-
  • [開催場所]薬学部 第4講義室 (薬学部2号館5階奥)
  • [対象]
備考・問合せ先
医系キャンパスの皆様へ

下記の要領で講演会を開催いたします。ご興味のある皆様方のご来聴を心より歓迎申し上げます。

--------
日時: 平成30年8月22日(水) 午後5時00分~

場所: 薬学部 第4講義室 (薬学部2号館5階奥)

演者1: 岡田 峰陽 先生 (理化学研究所 生命医科学研究センター 組織動態
研究チーム)
タイトル: 免疫,感覚神経,上皮の組織内ダイナミクス

演者2: 木口 倫一 先生 (和歌山県立医科大学 医学部 薬理学教室)
タイトル: GRPに着目した痒み研究
---------

お問い合わせ先
津田誠
薬学研究院ライフイノベーション分野

HP: http://life-innov.phar.kyushu-u.ac.jp/index.html

学会・シンポ第31 回バイオメディカル分析科学シンポジウム

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年8月28日(火)-29日(水)
  • [開催場所]コラボステーション
  • [対象]
備考・問合せ先
  
 

第31 回バイオメディカル分析科学シンポジウム
(BMAS2018)
 

会場

九州大学 医系キャンパス
福岡市東区馬出3-1-1

コラボステーション
視聴覚ホール・コミュニティーラウンジ

※クリックでPDFが開きます

会期

2018 年8 月28 日(火)から29 日(水)

学会ホームページ

http://soyaku.phar.kyushu-u.ac.jp/bmas2018/index.html

主催

日本薬学会(物理系薬学部会)

共催

日本化学会、日本分析化学会、クロマトグラフィー科学会ほか(予定)

内容

教育講演、シンポジウム講演、星野賞講演、口頭発表、ポスター発表

教育講演

Wolfgang LINDNER (University of Vienna)

シンポジウム:ルミネッセンスによる生体計測、バイオメディカル分析に資するオミクス解析研究、九州分析化学若手シンポジウム、升島努先生メモリアルシンポジウム(仮題含む)

 

 

発表申込締切

2018 年7 月6 日(金)

要旨締切

2018 年7 月6 日(金)

事前登録締切

2018 年7 月27 日(金)

 


参加登録

 

事前登録

当日登録

一般会員

参加費7,000 円
懇親会6,000 円

参加費9,000 円
懇親会7,000 円

学生会員

参加費2,000 円
懇親会2,000 円

参加費3,000 円
懇親会3,000 円

非会員 

参加費8,000 円
懇親会8,000 円

参加費10,000 円
懇親会 9,000 円

事前登録費等振込先

【銀行名】ゆうちょ銀行(金融コード:9900)

【店名】七四八(ナナヨンハチ)

【口座番号】普通8947449
               (郵便局から振込される場合は【記号】17490【番号】89474491)

【口座名義】第31 回バイオメディカル分析化学シンポジウム(BMAS2018)

            (ダイサンジュウイッカイバイオメディカルブンセキカガクシンポジウム(ビーマスニセンジュウハチ))

 


実行委員会

   実行委員会

大山 要(長崎大薬)、岸川直哉(長崎大薬)、角田 誠(東大薬)、轟木堅一郎(静岡県大薬)、巴山 忠(福岡大薬)、水野 初(静岡県大薬)、吉田秀幸(福岡大薬)、若林真樹(国立循環器病研究セ)、和田光弘(九州保福大薬)

   問い合わせ先

〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
九州大学大学院薬学研究院 創薬育薬産学官連携分野
            BMAS2018 事務局 実行委員長 浜瀬健司

TEL & FAX: 092-642-6598
E-mail: bmas2018(a)phar.kyushu-u.ac.jp
※(a)を@に置きかえてメールを送信してください。

ページの先頭へ戻る