TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2018年11月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第779回生医研セミナー【Chukwuemeka George Anene-Nzelu 先生】

  • [開催日時]2018年11月1日(木)15:00-16:30
  • [開催場所]本館1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
第779回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

下記の通り、Chukwuemeka George Anene-Nzelu 先生によるセミナーを開催致します。皆様のご来聴を心より歓迎いたします。

※セミナーは英語で行われます。(Seminar in English)

演題 / Title
The Role of OGG1 in doxorubicin-induced cardiotoxicity

演者 / Speaker
Dr. Chukwuemeka George Anene-Nzelu
Cardiovascular Research Institute,
Yong Loo Lin School of Medicine,
National University of Singapore

日時 / Date
2018年11月1日(木) Nov. 1(Thu), 2018
15:00~16:30

場所 / Venue
病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
以下の地図の31番です。
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/33951/2018hospital_2.pdf

Conference Room, 1F, Main Building, Medical Institute of Bioregulation, Hospital Campus
No.31 on the following linked map.
(http://www.kyushu-u.ac.jp/f/33952/2018hospital_2-en.pdf)

要 旨 / Abstract
Doxorubicin is an anti-cancer drug widely used to treat a variety of malignancies. Its major adverse effect is a dose-dependent toxicity to the heart. The proposed mechanisms through which it produces cardiotoxicity includes oxidative stress, which leads to cardiac mitochondrial dysfunction, DNA damage and induction of apoptosis. 8-oxo-7,8-dihydroguanine (8-oxoG) is one of the most common DNA lesions induced by reactive oxygen species (ROS) and is considered an index of DNA damage. High levels of 8-oxoG have been correlated with increased mutation, loss of mitochondrial DNA, as well as apoptosis. 8-OxoG DNA glycosylase 1 encoded by OGG1 is the most important enzyme that recognizes and excises 8-oxoG and maintain low level of 8-oxoG in DNA thus preventing further cellular damage. We set out to study the effect of lack of OGG1 on cardiac functions following doxorubicin administration using Ogg1-knockout (KO) mice. Our results show that Ogg1-KO mice developed a more severe cardiac dilatation, greater reduction of ejection fraction and were more likely to die during the course of the treatment. RNA sequencing analysis showed upregulation of many genes involved in apoptosis in the Ogg1-KO hearts and this was confirmed in histological examination. These results thus demonstrate that OGG1 attenuates doxorubicin-induced cardiotoxicity by repairing 8-oxoG.

演者紹介 / Speaker Introduction
Dr. Chukwuemeka George Anene-Nzelu is a Postdoctoral research fellow at the Cardiovascular Research Institute Singapore. He obtained his PhD in Tissue Engineering at the National University Singapore. He currently works on the role of DNA damage in heart failure as well as understanding 3D genome organization in the heart. This work was partly performed in the Cooperative Research Project Program of the Medical Institute of Bioregulation, Kyushu University.

連絡先 / Contact
生体防御医学研究所 脳機能制御学分野
中別府 雄作

Division of Neurofunctional Genomics,
Department of Immunobiology and Neuroscience, Medical Institute of Bioregulation Yusaku Nakabeppu

セミナー第6回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会(11/2)

  • [開催日時]2018年11月2日(金)13:00-17:15
  • [開催場所]医学部百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
第6回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会(11/2)

日本医療研究開発機構 革新的医療技術創出拠点プロジェクト
第6回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会
「Medical Innovation Beyond Borders」

日時:平成30年11月2日(金)13:00〜17:15
場所:九州大学 医学部百年講堂(福岡市東区馬出3-1-1)
参加費無料

・13:00~13:10  開会挨拶

・13:10~14:00  講演:「新たな創薬の潮流~これからの臨床研究~」
演者:井本昌克先生(国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験基盤事業部部長)

・14:00~15:30  ライフサイエンス技術交流会

・15:30~16:20  講演:「NINDS Initiatives for Translational Research」
演者:Dr. Amir Tamiz(National Institutes of Health/National Institute of Neurological Disorders and Stroke Division of Translational Research, NIH/NINDS)

・16:20~17:10  講演:「再生医療の実用化に向けて」
演者:鍵本忠尚氏(株式会社 ヘリオス 取締役 兼 代表執行役社長 CEO)

・17:10~17:15  閉会挨拶  中西洋一先生

フォーラムへの参加は事前登録制となっております(無料)。
ライフサイエンス技術交流会でのポスター展示申込も無料です(ARDENTへの登録が必要)。

参加お申し込みは下記フォームよりお願い致します。

展示マニュアルはこちらです。

お問い合わせ TEL 092-642-4802 E-mail: nw-info(a)med.kyushu-u.ac.jp((a)→@へ置き替え)
九州大学 先端融合医療創成センター ARO橋渡研究推進部門

主催:九州大学病院 ARO次世代医療センター,九州大学 先端融合医療創成センター ARO橋渡研究推進部門,九州大学先端医療イノベーションセンター,WAT-NeW,ARDENT

WAT-NeW参画大学:愛媛大学,大分大学,香川大学,鹿児島大学,川崎医科大学,関西医科大学,九州大学,熊本大学,久留米大学,高知大学,佐賀大学,産業医科大学,滋賀医科大学,島根大学,徳島大学,鳥取大学,長崎大学,広島大学,福岡大学,宮崎大学,山口大学,琉球大学(五十音順)

TR推進合同フォーラムチラシはこちらです。

フォーラム参加・登録フォーム
Asia-Pacific Research and Development Network (ARDENT)のウェブサイトへリンクします。

市民公開講座九州大学医師会 市民公開講座

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年11月12日(月)13:30-15:00
  • [開催場所]医学部百年講堂
  • [対象]
備考・問合せ先
  九州大学医師会主催(九州大学病院後援)の市民公開講座を開催します。

  大変有益な内容となっており、どなたでもご参加いただけます。
  

九州大学医師会 
市民公開講座

日時

平成30年 11月12日(月)

13:30~15:00(開場 13:00)

※クリックでPDFが開きます

場所

九州大学医学部百年講堂  中ホール
(福岡市東区馬出3丁目1-1
WEBSITE

座長 

九州大学病院長 赤司浩一

講演

講演①免疫力を利用した新しいがん薬物療法

        九州大学大学院医学研究院
        九州連携臨床腫瘍学講座
        教授 馬場英司

 

講演②最新の心臓血管外科手術
~もしも心臓手術が必要と言われたら~

        九州大学大学院医学研究院
        循環器外科学分野
        教授 塩瀬 明

 

申込方法

事前申し込み不要

 

主 催

九州大学医師会

後 援

九州大学病院

お問合せ先

九州大学医師会事務局
【TEL】:092-642-5022

セミナー大学院特別講義「硬組織研究法」【大阪大学 石井先生】

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]2018年11月15日(木)17:00-18:30
  • [開催場所]歯学部 講義室C
  • [対象]
備考・問合せ先

大学院特別講義「硬組織研究法」のご案内

 
※クリックでPDFが開きます。

この度、免疫・骨の生体イメージング研究の世界的パイオニアであり世界的リーダーでいらっしゃいます、大阪大学医学部・教授・石井優先生をお招きし、講演会を開催致します。

講演者:大阪大学大学院医学系研究科
          感染症免疫学講座 

          (大学院生命機能研究科・個体機能学講座)
          免疫細胞生物学教室
          教授
          石井 優 先生

講演のタイトル:「最新のイメージングテクノロジーで、細胞の「動き」の本質に迫る」

日時:平成30年11月15日(木曜日)
                                        午後5時より(質疑応答含め6時半頃までです) 


場所:九州大学歯学部 講義室C(歯学部講義実習棟1階)
       (歯学部本館正面玄関から入ってすぐのところにございます)

石井先生は生体イメージングのご研究で世界のトップを走っておられる研究者です。今まで誰も見ることができなかった生体内での免疫細胞や破骨細胞の動きなどを世界ではじめて捉えられた先生です。最新のイメージングテクノロジーを次々に開発されておられます。今回も新しいご発見についてお話し頂けると思います。

免疫や骨代謝にご興味の方は勿論のこと、生体イメージングそのものにご興味がある方々など、多くの方々のご来場を歓迎致します。ご興味のある方はどなたでも参加できます。お気軽にお立ち寄りください。

(ご業績:Nature 2009, J.Exp.Med. 2010, J.Clin.Invest. 2013, PNAS 2015, Nature Med. 2015, Nature Chem.Biol. 2016, Nature Cell Biol. 2017, Nature Commun. 2018, PNAS 2018, Ann Rheum Dis 2018 等多数)


「硬組織研究法」世話人
九州大学大学院 歯学研究院
口腔常態制御学講座 分子口腔解剖学分野
久木田 敏夫

セミナー第778回 生医研セミナー【シンシナティ小児病院 行川先生】

  • [開催日時]2018年11月15日(木)17:00-18:00
  • [開催場所]本館1階会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 《 第778回 生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点) 新学術領域「配偶子インテグリティの構築」合同セミナーのご案内 》

下記の通り、行川 賢 先生によるセミナーを開催致します。
皆様のご来聴を心より歓迎いたします。
※セミナーは英語で行われます。(Seminar in English)

【演題 / Title】Epigenetics in the male germline from stem cells to sperm

【演者 / Speaker】行川 賢 先生 シンシナティ小児病院・准教授
Dr. Satoshi Namekawa
Associate Professor
Division of Reproductive Sciences
Cincinnati Children's Hospital Medical Center

【日時 / Date】2018年11月15日(木) Nov. 15(Thu), 2018 17:00~18:00

【場所 / Venue】病院キャンパス 生体防御医学研究所 本館1階 会議室
以下の地図の31番です。
Seminar Room, 1F, Main Building, Medical Institute of Bioregulation, Hospital Campus
No.31 on the following linked map.
( http://www.kyushu-u.ac.jp/f/33952/2018hospital_2-en.pdf )

【要 旨 / Abstract】The epigenetic mechanisms of germ cells are ultimately responsible for the perpetuity of life. Male germ cells undergo the major transition: the mitosis-to-meiosis transition in spermatogenesis. Recently, we identified two major epigenetic mechanisms that govern this transition. While superenhancers drive robust expression of spermatogenesis genes, endogenous retroviruses function as enhancers and drive species-specific transcriptomes. Furthermore, by performing Hi-C (genome-wide chromosome conformation capture), we reveal the 3D chromatin organization of male germ cells from the meiotic stage to sperm. These chromatin characteristics undergo progressive strengthening and consolidation to form an abundance of constrained topological associated domains (TADs) in mature sperm.

【参考文献 / References】Maezawa S, Hasegawa K, Yukawa M, Kubo N, Sakashita A, Alavattam KG, Sin HS, Kartashov AV, Sasaki H, Barski A, Namekawa SH.
Polycomb protein SCML2 facilitates H3K27me3 to establish bivalent domains in the male germline. Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 May 8; 115(19):4957-4962.

【連絡先 / Contact】生体防御医学研究所 エピゲノム制御学分野
佐々木 裕之
092(642)6759
Division of Epigenomics and Development, MIB Hiroyuki SASAKI
092(642)6759

----------------------------------------------------------
(代)松鶴 陽子
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
九州大学生体防御医学研究所
分子機能制御学分門
エピゲノム制御学分野
TEL: 092-642-6760 FAX: 092-642-6799
e-mail: matsu-y@bioreg.kyushu-u.ac.jp
----------------------------------------------------------



ページの先頭へ戻る