TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2019年6月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第22回分子生物学ゼミのご案内(5/14開講)

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]5/14(火)17:00-19:00 ※以降全10回
  • [開催場所]生体防御医学研究所本館2階分子医科学分野セミナー室
  • [対象]分子生物学について基礎から深く知りたい方
備考・問合せ先
分子生物学について基礎から深く知りたい方へ。
分子生物学の基礎から最新の知識まで一緒に勉強しませんか?

本ゼミは単なる読書会ではありません。テキストを読みながら、「なぜこういう結論に至ったのか」、「他には方法がないのか」、「もし自分だったらどのような戦略を採用するか」、「次の課題は何か」等々、相互に意見を交わしながら、楽しく学んでいく少人数ゼミ形式の勉強会です。初心者大歓迎です。特に学部生・大学院生の参加を歓迎します。

本ゼミも今年で第22回目を迎えました。中山研の誇る教育システムの一環です。どうぞ他のラボの学生さんも奮ってご参加下さい。分け隔てなく一緒に勉強しましょう。サンデル教授にも負けない熱いディスカッションは毎年大人気です。九大の将来を担う人材を育てます。

● 日時:5月14日(火)より毎週火曜日 午後5時30分から約2時間(全10回の予定:7月中旬に終了予定)
 ※今年から開催日が火曜日に変更になりました(例年は木曜日に行っていました)
● 場所:生体防御医学研究所・本館2階・分子医科学分野セミナー室
● テキスト:『ワトソン・組換えDNAの分子生物学(丸善)第3版』
 ※必ずしも毎回出席する必要はありませんが、きっと毎回出席したくなります。
 ※テキストは和洋どちらでも可。
 ※第4章より始めますので、1~3章は自分で読んできて下さい。
 ※事前にテキストを読んでくることが好ましいですが、読んでこなくても楽しく参加できるタイプの勉強会です。

● 人数:15名程度
 ※どなたでも参加できますが、教室が狭いため、定員オーバーの場合はやむを得ずお断りすることもあります(応募多数の場合は学生さんを優先します)。もっと広い会場を、という声もあるのですが、熱意が拡散するので、そうしておりません。予めご了承下さい。

● 申込み方法:092-642-6818(または内線6818)太田(秘書)まで、電話にてお申し込み下さい。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
九大・生医研・分子医科学 中山 敬一

 
※クリックでPDFが開きます

セミナー第9回 観察研究ノススメ「電子カルテデータから知識を取り出そう!」

  • [開催日時]6月5日(水) 17:30-19:00
  • [開催場所]コラボステーションⅠ 2階 視聴覚ホール
  • [対象]病院地区スタッフ、学生各位
備考・問合せ先
 ※本シンポジウムは、臨床研究資格更新のための講習会として位置付けられています。
第9回 観察研究ノススメ「電子カルテデータから知識を取り出そう!」

九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター(MIC)では、良質な臨床観察研究を支援するために、平成28年より臨床観察研究支援活動(COS3)を行っております。活動の一環として、「観察研究ノススメ」と題したシンポジウムを年に3回開催しています。

第9回目となる今回は、「電子カルテデータから知識を取り出そう!」をテーマに、
東京大学大学院 医学系研究科 疾患生命工学センター 医工情報学部門 今井 健 准教授
をお招きし、ご講演いただきます。
【今井先生の研究内容については、下記のURLからご覧ください】
   http://www.m.u-tokyo.ac.jp/medinfo/?page_id=176
また、九州大学病院 検査部 瀬戸山 大樹 先生より「臨床検査のデータサイエンス 〜現状と課題〜」についてお話いただきます。
【瀬戸山先生の研究内容については、下記のURLからご覧ください】
 http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K004140/research.html

 1.日 時:2019年6月5日(水) 17:30~19:00
 2.対象者:対象は学内外を問いません。どなたでも参加できます。
 3.参加費:参加無料です。
 4.場 所:九州大学 病院キャンパス コラボステーションⅠ 2階 視聴覚ホール
 5.プログラム
(1)開会挨拶 MICセンター長 中島 直樹
(2)基調講演 東京大学大学院 医学系研究科 疾患生命工学センター 医工情報学部門 今井 健 准教授
(3)質疑応答
(4)講 演  九州大学病院 検査部 助教 瀬戸山 大樹 「臨床検査のデータサイエンス 〜現状と課題〜」
(5)質疑応答
(6)閉会挨拶 MICセンター長 中島 直樹

 主 催: 九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター

セミナーがんゲノム医療セミナー

  • [開催日時]6/11(火)17:00~18:00
  • [開催場所]九州⼤学病院 講義棟4階 臨床⼤講堂
  • [対象]研究者・臨床医・病院地区スタッフ、学⽣
備考・問合せ先
九州⼤学病院ARO次世代医療センターより、臨床研究更新講習会のご案内
 
がんゲノム医療セミナー
 
九州⼤学病院は昨年2⽉、全国11カ所の「がんゲノム医療中核拠点病院」の1つに指定されました。
がんゲノム医療に関する研修会といたしまして、昨年度より定期的なセミナーを開催しています。
本セミナーでは、がんゲノム検査の現状や、⾎液分野での遺伝⼦検査の活⽤⽅法等について説明いたします。
本セミナーは、がんゲノム医療に関係する医師以外でも興味をお持ちのすべての医療関係者(看護師、薬剤師、検査技師、診療放射線技師、教員、学⽣)も歓迎いたします。

※本セミナーは、臨床研究資格更新のための講習会として位置付けられています。臨床研究認定証をお持ちの⽅は、認定更新のための講習を毎年度1回以上、PI取得者につきましては年度内に2回以上受講いただくことになっております。

※医学研究院がん専⾨医師養成コースの⼤学院講義(がんゲノム講習会)の1コマに位置付けております。該当の⼤学院⽣の聴講をお願いします。

【開催⽇時および開催場所】
 ⽇時:令和元年6⽉11⽇(⽕)17:00〜18:00
 場所:九州⼤学病院 講義棟4階 臨床⼤講堂

【プログラム】がんゲノム検査の現状と展望
 
1)「がんゲノム検査の現状と保険適応について」(17:00〜17:25)
  ⾎液・腫瘍・⼼⾎管内科 医員 伊東 守

2)「⾎液がん臨床における遺伝⼦パネル検査の有⽤性」(17:25〜17:50)
  遺伝⼦・細胞療法部 准教授 前⽥ ⾼宏
 
3)質疑応答(17:50〜18:00)

◆ ご注意 ◆
 ○ 令和元年度の新規認定講習前期分は、第2回:6⽉14⽇(⾦)に開催致します。
 ○ 昨年度認定取得者は今年度より更新講習会を年に1回以上ご受講下さい。
 ○ 昨年度PI認定を取得された⽅々は、今年度中に2回以上更新講習会をご受講下さい。
 ○ 認定更新の受付は、16:30〜17:30の開設となりますのでお早めにご来場下さい。
  また、受付の際には認定証番号が必要となりますので、認定証をご持参下さい。
 ○ 準備のため担当者が不在となりますので、お問合わせの際は16時までにお願い致します。

九州⼤学病院事務部 研究⽀援課 倫理審査係
 〒812-8582 福岡市東区⾺出3-1-1 WW6階 615
 TEL 092-642-5082
 FAX 092-642-6024
 E-mail : bynintei(a)jimu.kyushu-u.ac.jp

セミナー第146回臨床化学セミナー

  • [開催日時]6/12(水)17:30 – 18:30
  • [開催場所]九州大学病院北棟2階 検査部会議室
  • [対象]医学系キャンパスの皆様
備考・問合せ先
 第146回臨床化学セミナー

演題:CRISPRの30年史〜奇妙な配列との遭遇からゲノム編集技術へ
演者:石野 良純 医学博士
   農学研究院 生物機能分子化学 教授
日時:6月12日(水)17:30 – 18:30
場所:九州大学病院北棟2階 検査部会議室

概要:
講演者は30年前に、大腸菌のリン酸代謝酵素の研究の過程で、ある遺伝子の下流に奇妙なDNA塩基配列が存在するのを発見した。それは、29塩基を一単位とする保存ざれた配列が等間隔をおいて何度も繰り返すものであった。繰り返し単位の中には当時のDNA配列解析技術では正確に解読するのが困難なパリンドローム構造を取りうる二回対称配列が含まれていた。1980年代にはこのような特徴を持つ塩基配列は前例も無く、生物学的意味がまったく予想できなかった。この配列は、2000年代に入ってからCRISPR (Clustered regularly interspaced short palindromic repeat)と名付けられた。その後、原核生物の獲得免疫機能を担うことが解明され、その原理を利用したゲノム編集技術の開発へと繋がった。この実用的なゲノム編集技術は、生命科学の飛躍的発展をもたらし始めている。

世話人 康 東天 (内5748)

セミナー第5回九州大学日本橋セミナー「世界をリードする九州大学医学部のコホート研究~最新知見と将来の展望~」のご案内

  • [開催日時]6月14日(金)13:30-16:00(個別相談16:00-17:00)
  • [開催場所]日本橋ライフサイエンスビル9階 913会議室
  • [対象]
備考・問合せ先
 第5回九州大学日本橋セミナー
「世界をリードする九州大学医学部のコホート研究~最新知見と将来の展望~」のご案内

 

「世界をリードする九州大学医学部のコホート研究~最新知見と将来の展望~」を開催いたします。
本セミナーでは、九州大学におけるコホート研究の実践をテーマに「久山町研究」、疾患コホートとして「急性期脳卒中コホート」、「糖尿病ゲノムコホート」、「腎臓病コホート」の取り組みをご紹介いたします。
 
多数のご参加をお待ちしております。個別の質疑応答の場として個別相談の時間も確保しております。
個別相談に関しましては、先着順とさせていただきますので事前の申込みをよろしくお願いいたします。

チラシ ← クリックしてください
 
             記
日時:2019年6月14日(金) 13:30~16:00(個別相談16:00~17:00)
場所:日本橋ライフサイエンスビル 9階 913会議室
東京都中央区日本橋本町2-3-11
 
◆第5回九州大学日本橋サテライトセミナー
「世界をリードする九州大学医学部のコホート研究~最新知見と将来の展望~」
 
13:30~13:45「九州大学におけるコホート研究の実践」
二宮 利治(医学研究院 衛生・公衆衛生学 教授 兼 医学研究院 附属総合コホートセンター 教授)
 
13:45~14:30「久山町研究」
二宮 利治(医学研究院 衛生・公衆衛生学 教授 兼 医学研究院 附属総合コホートセンター 教授)
 
14:30~15:00「急性期脳卒中コホート: Fukuoka Stroke Registry」
松尾 龍(医学研究院 医療経営・管理学 助教)
 
15:00~15:30「糖尿病ゲノムコホート研究: Fukuoka Diabetes Registry」
大隈 俊明(九州大学病院 腎・高血圧・脳血管内科 臨床助教)
 
15:30~16:00
「九州大学腎臓病コホート研究」
中野 敏昭 (医学研究院 病態機能内科学 講師)
 
16:00~17:00 個別相談
 
セミナー定員:30人
 ※申込締切:6月10日(月)先着順(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
個別相談:2組×4(講師別)
 ※申込締切:6月10日(月)相談内容を確認後、個別相談の可否をご連絡いたします。
 
参加費:無料
申込方法: 
電子メールにて
       九州大学 学術研究・産学官連携本部 日本橋サテライト
       E-mail: n-satellite(a)airimaq.kyushu-u.ac.jp
宛に以下の書式を使用してお申込みください。
 
参加申込書式(電子メールのタイトルは「第5回九州大学日本橋サテライトセミナー申込」としてください):
---------------------------------------------------------------------
第5回九州大学日本橋サテライトセミナー申込
 
企業名:
部署:
役職:
氏名:
電話番号:
E-mail:
個別相談の希望:有・無(※希望の場合、講師名と相談内容を記入ください)
---------------------------------------------------------------------
問合せ先:九州大学 学術研究・産学官連携本部 日本橋サテライト
    E-mail: n-satellite(a)airimaq.kyushu-u.ac.jp
  TEL:080-3362-5427
 


ページの先頭へ戻る