TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2019年8月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

市民公開講座"栄養の日"市民公開講座 in 福岡

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]8/4(日)13:30-15:00
  • [開催場所]コラボステーションⅠ 2F 視聴覚ホール
  • [対象]どなたでも
備考・問合せ先
市民公開講座のお知らせ
 
全国国立大学病院栄養部門会議の主催による「"栄養の日"市民 公開講座 in 福岡」を開催します。
非常に身近なテーマであり、日常の生活に役立てられる内容になっています。
どなたでも参加できますので、ご家族やお知り合いに周知いただきますようにお願い申し上げます。
なお、参加費は無料、事前の申込みは不要です。
また、先着130名様にはプレゼントがございます。

"栄養の日"市民公開講座 in 福岡
   
 ※画像クリックでPDFが開きます  

開催日時:令和元年8月4日(日)13:30~15:00(受付13:00~)

会  場:コラボステーションⅠ 2F 視聴覚ホール
            〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1-1

テ ー マ:「健康は腸がつくる」

講演内容:
    1.「腸が元気になる食事」
      講師:九州大学病院 栄養管理部 栄養管理室長 花田 浩和 先生
    2.「腸内細菌と健康」
      講師:医学研究院 臨床医学部門 心身医学分野 教授 須藤 信行 先生

主催:全国国立大学病院栄養部門会議

後援:九州大学病院栄養管理部、日本栄養士会、福岡県栄養士会

九州大学病院 栄養管理室 管理栄養士 盛永 彩香
Email:morinaga★nutri.med.kyushu-u.ac.jp(★を@に書き換えてください) 

市民公開講座脳科学オリンピック 九州地区予選

PDFをダウンロードする
  • [開催日時]8月8日(木)14:00~17:00(13:30開場)
  • [開催場所]コラボステーションI 2F 視聴覚ホール
  • [対象]中学生・高校生(高2まで)
備考・問合せ先
 <2019年8月8日>脳科学オリンピック 九州地区予選
 
2019年8月8日(木)、九州大学医学部(病院キャンパス)にて「脳科学オリンピック Brain Bee 日本大会(九州地区予選)」が開催されます。上位入賞者は全国大会(2020年春に東京で開催予定)に参加し、さらに日本代表に選ばれると世界大会(2020年秋に米国Washington DCで開催予定)に招待されます。大会概要や申し込み、参考書情報については下記URLのサイトよりご確認ください。
 
日時:2019年8月8日(木)14:00~17:00(13:30開場)
 
会場:九州大学医学部(病院キャンパス)コラボステーションI 2F 視聴覚ホール
 
対象:中学生・高校生(高2まで)
 
参加費:無料

申し込み:6月頃から開催1週間前までの予定です。(詳細は大会概要のURLを参照してください)
 
大会概要・申し込み・参考書情報:https://www.braincentury.org/index.php?page=sympo_brainbee2019
 
試験内容:
 英語で出題されます(一部、日本語で補足説明をします)。
 公式参考書Brain Facts(http://www.brainfacts.org/book)のPDFをダウンロード可。
 Brain Factsの日本語訳をこちらからダウンロードできますので、勉強の参考にしてください。
 当日は脳科学クイズの他に、脳科学レクチャー等もあります。
 
 
主催:日本脳科学関連学会連合
共催:脳の世紀推進会議・日本神経科学学会・九州大学大学院医学研究院
後援:文部科学省

セミナーセミナー開催のご案内【8⽉16⽇(⾦): Peter Nagy教授】

  • [開催日時]8/16(金)16:30-
  • [開催場所]グリーンファルマ研究所4階会議室
  • [対象]研究者の皆様
備考・問合せ先
薬学研究院 臨床薬学部門 臨床薬学 ⻄⽥基宏 教授より

 このたび、レドックス/活性イオウ研究の第⼀線でご活躍されているPeter Nagy教授が九⼤⾺出キャンパスを訪問されることになりました。せっかくの機会ですので、セミナー御講演していただく ことに致しました。これまでのレドックス概念を越えたシステインパースルフィドの多彩な機能とその制御について最先端 の話題をご提供いただけるとのことですので、ぜひ奮ってご参加ください。

開催⽇時:2019年8⽉16⽇(⾦)午後4時30分~
開催場所:薬学研究院グリーンファルマ研究所4階会議室
使⽤⾔語:英語

講演要旨:
Thioredoxin system-mediated persulfidation of Cys residues controls protein function and protects them from oxidative stress

Péter Nagy

Department of Molecular Immunology and Toxicology, National Institute of Oncology, Hungary

In the field of Redox Biology, protein cysteine persulfidation (P-Cys-SSH) and polysulfidation (P-Cys-SSxH) is gaining increasing attention as an important regulatory element of protein functions. Initially it was proposed to be mainly the result of hydrogen sulfide’s biological actions, but recently the Akaike laboratory demonstrated that these modifications can be produced enzymatically via pathways that does not require H2S.
We demonstrated that protein Cys per/polysulfidation is highly regulated via the NADPH-dependent reducing machineries, the thioredoxin and glutathione systems.
We have shown that persulfidation has a regulatory role on a number of protein functions and recently we also obtained evidence that these modifications have important protein protecting functions in cells and in vivo. In cellular systems a substantial fraction of important thiol proteins (such as peroxiredoxins, PTP1B, PTEN, KEAP1 or Hsp90) are present in their persulfidated state, which we propose is a preemptive mechanism to prevent them from overoxidation during oxidative stress. We demonstrated that protection is due to formation of perthio-sulfenic, sulfinic and sulfonic acid derivatives (Cys-SSO1-3H), which can be reduced back by the thioredoxin system to the corresponding functional native thiol forms when the stress is over.

連絡先:
 薬学研究院 創薬育薬研究施設統括室 ⻄⽥基宏(内6556)

セミナー第21回 応⽤幹細胞医科学部⾨セミナー「Molecular investigation of corticospinal neuron axonal projection and branching」

  • [開催日時]8/19(月)17:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟1階105号室
  • [対象]どなたでも
備考・問合せ先
医学研究院 応⽤幹細胞医科学部⾨ 基盤幹細胞学分野 中島欽⼀ 教授より(世話⼈)

以下の通り、セミナーを開催します。みなさまの多数のご参加をお待ちしています。

【第21回 応⽤幹細胞医科学部⾨セミナー】

⽇時:2019年8⽉19⽇(⽉)17:00-18:00
場所:総合研究棟1階105号室
対象:どなたでも参加可能です
演者:伊藤 靖浩 先⽣
 Research Associate Department of Stem Cell and Regenerative Biology, and Center for Brain Science, Harvard University, Cambridge, MA, USA

講演タイトル:
 Molecular investigation of corticospinal neuron axonal projection and branching at specific spinal segments
 (⽇本語でのプレゼンテーションになります)

要旨:
 Corticospinal neurons (CSN, and related cortico-brainstem neurons; together “CSN”) are located in layer V of the neocortex, and make synaptic connections with circuitry in the spinal cord and brainstem. CSN axons form the corticospinal tract (CST), the major motor output pathway from the cerebral cortex, essential for voluntary motor control. CSN are also clinically important. CSN degeneration in amyotrophic lateral sclerosis (ALS), along with degeneration of spinal motor neurons, causes spasticity and paralysis. In humans, damage to the CST following spinal cord injury is the principal cause of loss of voluntary motor control. Previous studies in our lab have identified combinatorial molecular controls over the specification and differentiation of CSN (1, 2).
 CSN exhibit striking anatomical and functional diversity: some CSN extend axons to targets in the brainstem and cervical spinal cord (i.e. bulbar-cervical targets; referred to here as CSNBC), while others extend axons to thoraco-lumbar segments (CSNTL). CSNBC control face and arm movement, while CSNTL control trunk and hindlimb movement. We are investigating molecular mechanisms regulating CSN subpopulation-specific axonal projection and spinal segmental connectivity in mice. Furthermore, by using a novel approach our lab recently developed (3), we are investigating subcellular local transcriptomes of CSN growth cones, the tips of growing axons, during mouse CST development.

Reference:
1. Arlotta P*, Molyneaux BJ* et al., Neuronal subtype-specific genes that control corticospinal motor neuron development in vivo, Neuron, 2005
2. Greig LC*, Woodworth MB* et al., Molecular logic of neocortical projection neuron specification, development and diversity, Nat Rev Neurosci, 2013
3. Poulopoulos A*, Murphy AJ* et al., Subcellular transcriptomes and proteomes of developing axon projections in the cerebral cortex, Nature, 2019

セミナーに関する問い合わせ先:
  今村 拓也
  imamura★scb.med.kyushu-u.ac.jp(★を@に書き換えてください)

セミナー変化するアルツハイマー病の神経原繊維変化 -Quantum dot 免疫電顕 からマクロまで連続するNeuromorphomicsの新展開 -

  • [開催日時]8/20(火)16:00-17:00
  • [開催場所]基礎研究A棟2階セミナー室(2E040)
  • [対象]アルツハイマー病研究の新たな展開に興味がある研究者・医師・学生の皆様
備考・問合せ先
 医学研究院 生化学分野 住本 英樹 教授より

  来たる8月20日、内原 俊記 博士をお迎えして、下記のセミナーを開催致します。
  内原 博士は、昨年3月まで長らく東京都医学総合研究所(旧東京都神経科学総合研究所)の脳病理形態研究室長として、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患に関しての神経病理学で顕著な業績をあげてこられました。とくに近年は、「分子—超微形態—光学顕微鏡像—病変分布」を seamlessに観察可能な「Neuromorphomics」を確立し、神経疾患の病態理解に新たな視点を拓く研究を展開しておられます。神経内科医でもある内原 博士は、昨年4月からは現職となり、さらに幅広い視野からの仕事(Neuromorphomicsと臨床をつなぐ仕事)も進められています。
  アルツハイマー病研究の新たな展開に興味がある研究者・医師・学生の皆様はもとより、「分子—超微形態—光学顕微鏡像—マクロ」を seamlessにつなぐ新しい解析法に興味がある研究者(とくに神経科学の研究者)・学生の皆様の参加を歓迎致します。

タイトル:変化するアルツハイマー病の神経原繊維変化
            -Quantum dot 免疫電顕 からマクロまで連続するNeuromorphomicsの新展開 -

講演者:内原 俊記 博士

所属:新渡戸記念中野総合病院脳神経内科臨床部長・脳神経研究室(新渡戸脳研)室長
        東京医科歯科大学医学部 脳神経病態学(神経内科)特任教授

日時:2019年8月20日(火)16:00~17:00
場所:基礎研究A棟2階セミナー室(2E040)

要旨:
  Quantum dot(QD)はセレンとカドミウムを結晶化させた半導体で、粒子径に応じた波長の蛍光を発し、免疫標識に用いれば対象を蛍光顕微鏡で同定できる。こうして選択した対象を電顕標本として再包埋して観察すると、QDはhaloをもつelectron dense particleとして同定でき、蛍光像と電顕像の直接比較が可能である。アルツハイマー病の神経原線維を構成するタウ蛋白は、細胞内で次第に凝集しながら線維形成するが、その最早期段階にあるpretangle のタウを QD標識して蛍光像で同定し、同一病変を免疫電顕像として比較することに初めて成功した(Acta Neuropathol. Commun. 2014, 2:161, http://www.actaneurocomms.org/content/2/161)。さらに凝集が進んだ神経原線維変化が海馬から新皮質へと一定の順序でひろがる様子を標本全体でとらえて定量する手法

  Acta Neuropathologica Communications Please note, we are currently updating the 2018 Journal Metrics.Acting as the sister journal to Acta Neuropathologica, Acta Neuropathologica Communications ... www.actaneurocomms.org CENSUS(Complete ENumeration and Sorting for Unlimited Sectors)を確立した(Acta Neuropathol. Commun. 2018, 6:1, DOI 10.1186/s40478-017-0501-1)。これらを組み合せれば「分子—超微形態—光学顕微鏡像—病変分布」を seamlessに観察可能なNeuromorphomicsが実現でき、神経疾患の病態理解に新たな視点を拓くと期待される。

住本 英樹
〒812-8582 福岡市 東区 馬出3-1-1
九州大学大学院医学研究院・生化学分野
E-mail: hsumi★med.kyushu-u.ac.jp(★を@に書き換えてください)

ページの先頭へ戻る