TOP > セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

セミナー 学会・シンポジウム 市民公開講座

2019年10月 開催予定全一覧へ戻る

キーワード検索
例)研究発表 生命科学科

セミナー第24回応⽤幹細胞医科学部⾨セミナー

  • [開催日時]10/7(月)17:00-18:00
  • [開催場所]総合研究棟1階105号室
  • [対象]どなたでも
備考・問合せ先
 各位
以下の通り、 セミナーを開催します。みなさまの多数のご参加をお待ちしています。

【第24回応⽤幹細胞医科学部⾨セミナー】

⽇時︓2019年10⽉7⽇(⽉)17:00-18:00
場所︓総合研究棟1階105号室
対象︓どなたでも参加可能です

演者︓Sangram Sisodia Professor Department of Neurobiology, University of Chicago, Chicago Il USA

講演タイトル︓ Molecular Pathogenesis of Alzheimer’s Disease: Impact of the Microbiome on Amyloid Deposition and Neuroinflammation(英語でのプレゼンテーションになります)

要旨︓ Objectives: Animal models of Alzheimer’s disease (AD) recapitulate the severe amyloidosis and neuroinflammation that is evident in the human disease. Neuroinflammation is associated with activation of astrocytes and microglia in response to injury, but the role of peripheral tissues and more importantly, the microbiota in regulating innate immunity that in turn leads to CNS dysfunction has not been defined.
We have tested the hypothesis that the composition of the intestinal microbiome plays a role in modulating neuro-inflammation that will ultimately influence amyloid deposition in two established mouse models of amyloidosis.
Methods: We orally administered a combination of antibiotics to induce rapid and sustained alterations in gut microbial populations. The antibiotic cocktail was administered either postnatally or throughout the lifetime of the animal prior to cull and we employed IHC, biochemical and transcriptomic assays to evaluate amyloid deposition and neuroinflammation in the mouse models.
Results: Our studies indicate that alterations in the microbiome parallel changes in plasma cytokines and chemokines, reductions in amyloid deposition and modulation of morphological and transcriptional landscapes of microglia that only occurs in male, but not female animals.
Conclusions: Our studies reveal an unexpected, but significant alteration in amyloid deposition and microglial phenotypes in the brains of transgenic mice upon treatment with orally administered antibiotics.

Refs: Minter MR…Sisodia SS (2016) Antibiotic-induced perturbations in gut microbial diversity influences neuro-inflammation and amyloidosis in a murine model of Alzheimer's disease. Scientific Reports. 6:30028. Minter MR…Sisodia SS (2017) Antibiotic-induced perturbations in microbial diversity during post-natal development alters amyloid pathology in an aged APPSWE/PS1ΔE9 murine model of Alzheimer’s disease. Scientific Reports, 7(1):10411
Dodiya HB., Kuntz T., Shaik SM., Baufeld, C., Leibowitz J., Zhang X., Gottel N., Zhang X., Butovsky O., Gilbert JA., Sisodia SS. (2019) Sex-specific effects of microbiome perturbations on cerebral amyloidosis and microglial phenotypes. Journal of Experimental Medicine, in press

Acknowledgments: This work was supported by Cure Alzheimer’s Fund (CAF), Open Philanthropy Fund and Good Ventures Foundation

世話⼈︓ 中島欽⼀ 九州⼤学医学研究院応⽤幹細胞医科学部⾨ 基盤幹細胞学分野
セミナーに関する問い合わせ先︓ 今村拓也(imamura★scb.med.kyushu-u.ac.jp)★を@に書き換えてください

セミナー歯学研究院 「癌の⽣体イメージング」でご⾼名の東京⼤学・浦野泰照先⽣講演会の ご案内(⼤学院特別講義「分⼦⼝腔解剖学」)

  • [開催日時]10/24(木)17:00-18:30
  • [開催場所]九州大学歯学部本館2階「示説室」
  • [対象]
備考・問合せ先
⻭学研究院より、⼤学特別講義「分⼦⼝腔解剖学」のご案内

この度、癌の⽣体イメージングでご⾼名の東京⼤学教授・浦野泰照先⽣を⻭学研究院にお招きし、講演会を開催致します。

講演者︓東京⼤学 ⼤学院薬学研究科 薬品代謝化学教室
            教授
            東京⼤学⼤学院 医学系研究科 ⽣体情報物理医学専攻
            教授(兼務)
               浦野 泰照 先⽣

講演タイトル︓「ライブイメージングと最新化学に基づく新たながん医療技術の創製」
⽇時︓令和元年10⽉24⽇(⽊曜⽇)午後5時より(質疑応答含め午後6時半ごろまで)
場所︓九州大学歯学部本館2階 「示説室」
(歯学部本館の正面玄関から入って頂きまして、階段かエレベータで2階に上がって頂きますと、すぐのところにございます。当日、案内を表示させて頂きます。)

浦野先生はケミカルバイオロジーがご専門で「スプレーすると癌細胞だけが光る独創的なプローブの開発の世界的パイオニア」でいらっしゃいまして、マスコミにも大変注目されておられます。今回はプローブ開発・応用の最前線について基礎的なところから最先端に至るまで、分かりやすくご紹介頂けると思います。ご興味のある方はどなたでも参加できます。多数の方々のご来場を歓迎致します。
⼤学院特別講義「分⼦⼝腔解剖学」世話⼈
九州⼤学⼤学院⻭学研究院 ⼝腔常態制御学講座 分⼦⼝腔解剖学分野 久⽊⽥ 敏夫
℡: 092-642-6300,6307
e-mail: kukitat★dent.kyushu-u.ac.jp(★を@に書き換えてください)

セミナー第7回福岡PEECコース

  • [開催日時]10/26(土)12:30-17:20(12:00受付開始)
  • [開催場所]中央会議棟1階多⽬的室会議室1
  • [対象]看護師,ソーシャルワーカー,研修医,臨床⼼理⼠,保健師,救急隊員,救急医療に携わる医師,療法⼠,医学⽣・看護学⽣など
備考・問合せ先
<救急現場における精神科的問題の初期対応研修会>
第7回福岡PEECコースのお知らせ 2019.10.26開催

・主に救急医療従事者を対象とした研修です
・精神医療に興味のある医療職の参加も歓迎します

精神科的な問題を有する救急患者に,標準的な初期評価・初期診療を提供するため,救急医療スタッフとして必要な医学的知識や接遇法,⼊院管理,社会資源の有効活⽤,外来フォローアップへのつなぎ⽅などを⾝につけるためのワークショップです。
  ※⽇本臨床救急医学会認定コース

対象:看護師,ソーシャルワーカー,研修医,臨床⼼理⼠,保健師,救急隊員,
        救急医療に携わる医師,療法⼠,医学⽣・看護学⽣など

⽇時:2019年10⽉26⽇(⼟) 12:30-17:20(12:00受付開始)
場所:九州⼤学病院 中央会議棟1階多⽬的室会議室1
参加費⽤:8000円
申し込み⽅法:Webよりお申し込み下さい
「第7回福岡PEECコース」を選択してください
https://jsem.me/training/peec.html

主催:九州⼤学⼤学院医学研究院 精神病態医学,九州⼤学病院救命救急センター
共催:⽇本臨床救急医学会
後援:福岡県・福岡市精神保健福祉センター

問合せ先:
  九州⼤学⼤学院医学研究院 精神病態医学 (PEEC担当)⼤橋綾⼦
  電話番号;092-642-5627
  メール;f-peec★npsych.med.kyushu-u.ac.jp(★を@に書き換えてください)
  PEECコースについて:http://jsem.me/training/peec.html

セミナー第801回生医研セミナー【フランス国立保健医学研究所 Frédéric Relaix先生】

  • [開催日時]2019年10月28日(月)17:00-
  • [開催場所]総合研究棟1F講義室102
  • [対象]
備考・問合せ先

本日10/28(月)17:00より、第801回生医研セミナーを開催いたします。

今回のセミナーでは、骨格筋分野のトップクラスの研究者であるフランス国立保健医学研究所のFrédéric Relaix 教授をお招きしています。

骨格筋幹細胞分野の最先端を知る貴重な機会です。皆様、ぜひご来聴ください。

 

また、分野外の方にとっても今回はとても面白い話だと思います。特にHuman Cell

Atlas等の単一細胞解析が昨今盛んに行われていますが、Fredは従来の単一細胞が破綻しかねない大きな問題点を指摘しています。今回未発表データも含めて共有していただきます。単一細胞解析を進めている方、ご興味のある方は是非ご来聴いただければと思います。

 

第801回生医研セミナー(多階層生体防御システム研究拠点)

【演 題】 Regulation of muscle stem cells quiescence and activation.

【演 者】 Frédéric Relaix先生

      フランス国立保健医学研究所 教授

 

【日 時】 10月28日(月)17:00~18:00

 

【場 所】 病院地区キャンパス内 総合研究棟1F講義室102

 

【要 旨】

Tissue resident stem cells are maintained quiescent in specialized niches and are capable to repair an organ following injury. Skeletal muscle stem cells, known as muscle satellite cells, are the indispensable cell population responsible of skeletal muscle homeostasis and regeneration in response to injury. In resting condition, the muscle satellite cells are quiescent, and upon niche disruption they rapidly exit quiescence towards an activated proliferative state. However, despite the identification of several molecular regulators of muscle stem cell quiescence and activation, the actual gene regulatory network regulating the initial transition between these cell states remains largely unknown. We implemented a fixation-based protocol to capture cells in their native state, and generated a high-resolution transcriptional map of muscle satellite cells early activation. By time-course analysis, we have captured the earliest transcriptional responses of in vivo quiescent stem cells, and uncovered kinetically co-regulated genetic modules that define a precise sequence of cellular processes that drive cells out of quiescence. Moreover, we found that in response to muscle injury, individual muscle stem cells react asynchronously yet follow a unique activation trajectory. Overall, our study proposes a mechanism of quiescence exit that obeys a precise series of biological function, whereby early proliferation signals act independently of the myogenic signals that occur later. In addition, we identified a muscle stem cell-specific function for the histone chaperone HIRA and Daxx that regulate the deposition of the histone H3 variant

H3.3 during replication-independent nucleosome assembly that will be discussed during my presentation.

 

【連絡先】

生体防御医学研究所 トランスクリプトミクス分野

大川 恭行 092(642)4534

ページの先頭へ戻る