2012年3月23日 送別会

 
 

4名の仲間を送り出す送別会を開催しました。5年にわたり苦楽を共にした荒武君、緻密な実験をしてくれました。MD-PhDコースで博士課程に進学した松延君は見違えるように成長しました。修士学生のNasirはわずか半年間でしたが、メンバーの英語コンプレックスの解消に大きく貢献してくれました。技術補佐員の安武さんは、マウスの床替えから培地作りまで幅広く研究をサポートしてくれました。成果発表はまだまだこれからだけど、医化学での研究生活を楽しんでくれたと思います。みんなありがとう。これからの発展を祈っています。