九州大学医学部

はじめに

Top / はじめに

生化学分野の研究室は、基礎研究A棟の2階にあります。

当研究室では、以下のような研究を行っています

【研究概要】

多細胞内において多様な情報の受け渡しを担う蛋白質は,基本的な幾つかのモジュールからなっている.これらのモジュールを介した分子間相互作用が蛋白質上で統合されることが,情報伝達機構の複雑な制御を可能にしていると考えられる.このような観点から,生化学分野では,細胞内情報伝達機構解明の良いモデルとして,食細胞NADPHオキシダーゼの活性化機構の研究を生化学的・分子生物学的・細胞生物学的手法を用いて行うとともに,構造生物学研究を構造生物学者とのコラボレーションにより進めている.更に,特に蛋白質のドメイン構造とその分子間相互作用の視点からの細胞の極性形成や細胞骨格の制御を担う細胞内情報伝達の研究や、一方で、自然免疫における転写調節機構の研究にも取り組んでいる.


       
Last-modified: Tue, 20 Jan 2009 16:03:47 JST (3198d)
※このサイトで掲載されている内容の無断転載を禁じます。