本邦内臓外科の開祖
大森 治豊

九州大学医学部外科学第2講座の初代教授大森治豊先生は、明治12(1879)年福岡医学校の設立に伴い赴任された。大森先生は明治19年には開腹例100例を「心腹切解一百例」として発表されるなど、本邦内臓外科の開祖でもあり、明治21年福岡医学校が廃止となり県立福岡病院が設立されると初代病院長に就任された。

 また、佐藤三吉、田代義徳両氏とともに、明治32年の第1回日本外科学会の開催に御尽力され、明治39年には自ら第7代日本外科学会会長を務められた。明治36(1903)年福岡医科大学が新設されると、先生は福岡医科大学長兼附属病院長に任ぜられ、外科学講座教授に就任された。その後、明治37年にはもう一つの外科学講座が新設され、三宅速先生が赴任されることとなり、外科学は、大森、三宅両教授による2講座制となった。明治42年医科大学長を退官されたが、九州大学医学部の基礎を築かれた先生の功績は、医学部同窓庭園の銅像として今もその栄誉を讃えられている。

杉町 圭藏
(消化器・総合外科学分野(旧第2外科)名誉教授)

[ ページを閉じる ]