本邦内臓外科の開祖
大森 治豊

  大森治豊先生は1852年(嘉永五年)11月10日、江戸神田三河町生まれ、山形県南村山郡上ノ山町出身。1879(明治十二)年10月、東京大学医学部(1886(明治十九)年に東京帝国大学と改称)を卒業。同年12月、福岡医学校の設立に伴い赴任され、患者の治療のみならず、医師の養成、開業医の啓蒙に尽力された。明治十八(1885)年4月、帝王切開術を施行し仮死状態にあった赤ん坊の気管切開を行い見事に蘇生させた。1886(明治十九)年にはこの帝王切開を含めた開腹例100例をまとめ「心腹切解一百例」を発表し、1891(明治二十四)年に医学博士の学位が授与されている。また、県立福岡病院時代の地方巡回診療、県立福岡病院の移転、さらには医科大学を目指した活動もその業績として特筆される。1899(明治三十二)年に佐藤三吉、田代義徳両氏とともに第1回日本外科学会の開催に尽力された。1903(明治三十六)年には県立福岡病院を母体とした京都帝国大学福岡医科大学(九州大学医学部の前身)が新設され、同年4月には福岡医科大学長兼附属医院長に任ぜられ外科学講座教授に就任された。1904(明治三十七)年にはもう一つの外科学講座が新設されることとなり、三宅速先生が赴任され、外科学は、大森、三宅両教授による2講座制となった。1906(明治三十九)年に自ら第7代日本外科学会会長を務められたのち、同年8月病を得て退官された。墓所は臨済宗大徳寺派の崇福寺にあり、毎年教授以下医局員が墓参している。九州大学医学部の基礎を築かれた先生の功績は、医学部同窓庭園の銅像として今もその栄誉を讃えられている。また、出身の山形県上山市にも銅像が建立されている。

前原 喜彦
(消化器・総合外科学分野(旧第2外科)教授)

[ ページを閉じる ]