日本耳鼻咽喉科学の開拓者
久保 猪之吉

 久保猪之吉教授は、明治33(1900)年に東京帝国大学医科大学を卒業後、ドイツ留学を経て明治40(1907)年九州帝国大学医科大学教授に就任した。久保教授は、日本で初めて食道直達鏡を行ったことで広くその名前を知られている。 他にも無響室の建設や音声言語障害治療科の創設、術後性頬部嚢腫の発見と命名、外鼻や耳介の整形手術、平衡機能の研究など耳鼻咽喉科学において画期的な研究と診療の体制を確立するという優れた業績を残した。

 また、久保教授の偉業を記念して造られた「久保記念館」には、耳鼻咽喉科に関連する数多の資料が収められている。この久保記念館は、世界的にも類を見ない貴重な標本、世界でも数点しか現存しない書物、耳鼻咽喉科の歴史をしめす機械・機具類などを一堂に集めた大変貴重な博物館である。

小宗 静男
(耳鼻咽喉科学分野 教授)

[ ページを閉じる ]