醫學博士稲田龍吉先生像

 稲田龍吉博士は、明治33(1900)年東京帝国大学医科大学を首席で卒業後、明治35(1902)年に心臓病の研究のためドイツに留学、明治38(1905)年帰国とともに福岡医科大学(現九州大学医学部)第一内科初代教授に就任した。

 着任当時九州地方では、発熱・黄疸・出血を伴う死亡率の高い疾患が風土病として知られていた。稲田は、井戸泰(後に九州大学第一内科第2代教授)とともにこの疾患をワイル氏病と診断し、その病原体について研究を開始した。 大正3(1914)年、ついにその病原体を世界に先駆けて分離・同定し、その継代培養にも成功。米国ロックフェラー研究所機関誌であるJournal of Experimental Medicine 誌にその詳細を発表した。 周到な研究方針と該博な学識に基づいたこれらの研究は、その続報も加えて、病原体の発見から感染源、感染経路、臨床、病理、診断、治療及び予防に至る完璧なものであった。 当時同研究所の花形であった野口英世は稲田らの一連の研究に深い感銘を受け、米国のワイル氏病病原体も同一であることを追試し、属名をレプトスピラと提唱した。 これを正式名称として現在も用いている。昭和63年に公開されたノーベル財団の資料により、稲田博士は井戸博士とともに、大正8年(1919)にノーベル医学賞受賞候補になっていたことが明らかになった。 しかし同年、井戸博士は腸チフスのため38歳で夭折。このため、最終選考を前に受賞の機会は失われた。

 大正9(1920)年東京帝国大学内科学教授として転任。東京大学においても潰瘍性大腸炎10例をまとめ、初めて疾患概念として提唱するなど、広く内科学を究めた。昭和19(1944)年文化勲章受章、 昭和25(1950)年脳腫瘍のため逝去。稲田博士らが大正3(1914)年に分離したIctero No.1株は、その後我が国の学者によって維持され、分離から76年を経て平成2(1990)年大阪で開催されたレプトスピラ分類委員会で 病原性レプトスピラの基準株として承認された。

赤司 浩一
(九州大学病態修復内科(旧第一内科)教授)

[ ページを閉じる ]