文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

主任研究者情報


江頭 健輔 研究教育活動等報告書データベース
昭和56年卒
江頭健輔 ●主な研究テーマ

ナノ医工薬融合学による日本発の独創的な先進ナノ医療実現化プロジェクト(出口を見据えた研究開発)

●研究・教育歴プロフィール
昭和56年九大医学部卒業、内科・循環器内科研修医、昭和58年九州大学医学部研究生、冠動脈攣縮の病態生理に関する研究に従事し昭和63年学位取得(医学博士)。昭和63年-平成2年:米国ハーバード大学医学部循環器内科研究員(NIHのプログラムプロジェクト担当研究員)。平成2年九州大学医学部循環器内科助手、同5年講師:世界で初めて動脈硬化性疾患における内皮機能の役割を解明し、医学研究教育に大きく貢献。動脈硬化の分子機序における炎症が鍵の役割を果たすことを明らかにし学会賞(循環器学会、遺伝子治療学会)ならびに褒章(文部科学大臣表彰科学技術賞)受賞。平成15年助教授、同17年准教授、23年教授。独自の革新的ナノ医療の創製を目指して、先端医療特区(スーパー特区)や橋渡し研究拠点の中心的研究者として基礎研究成果の臨床応用(トランスレーショナルリサーチ)を推進している。
特許出願・公開・取得:計21件

研究・教育歴
1981年 九州大学医学部卒業
1981年 九州大学医学部附属病院医員(研修医)(循環器内科)
1981年 九州大学医学部研究生(心臓血管研究施設)
1985年 九州大学医学部附属病院医員(循環器内科)
1985年 九州厚生年金病院医員
1986年 九州大学医学部附属病院医員(循環器内科)
1987年 米国ハーバード大学医学部留学Beth Israel病院循環器科研究員(W.Grossman教授)
1990年 九州大学医学部附属病院医員(循環器内科)
1992年 九州大学医学部附属病院助手(循環器内科)
1994年 九州大学大学院医学系研究科併任講師(循環器内科)
1995年 九州大学医学部附属病院講師(循環器内科)
2007年 九州大学大学院医学研究院循環器内科学准教授
2011年 九州大学医学研究院 循環器病先端医療研究開発学 講座 教授
2015年 九州大学循環器病未来医療研究センター 
循環器病先端医療研究開発学部門教授
現在に至る。

受賞歴 
1986年

日本循環器学会Young Investigator Award 優秀賞

1993年 日本動脈硬化学会若手研究者奨励賞 最優秀賞
1995年 日本循環器学会CPIS賞
2001年 日本心臓財団日本循環器学会佐藤賞
2001年 日本高血圧学会Hypertension Research-Novartis賞
2003年 日本遺伝子治療学会賞
2005年 福岡県医師会長賞
2006年 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門
2008-10年 (3年連続)九州大学総長産学連携賞
2010年 中国上海市科学技術賞

▲ページの先頭へ戻る