文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
スタッフ紹介

准教授


中野 覚 研究教育活動等報告書データベース
平成11年 京都工芸繊維大学大学院応用生物学専攻 修了
中野覚 ●主な研究テーマ
  1. 重症下肢虚血肢に対するナノ医療の開発
  2. ナノテクノロジーを基盤とした新規医療機器の開発
●コメント
基礎生物学の視点から、臨床応用を目指した新しい治療方法を開発することを目標としています。
過去に行ってきた研究成果
  1. 『新規ナノDDSの研究開発およびナノ医療の創製』 

    ナノテクノロジーを基盤とした次世代型ナノDDSを創製し、従来の薬剤に比べ画期的な薬剤送達技術を開発した(Circulation 2013, JVS 2010, ATVB 2009, Circulation 2009, JACC 2009)。現在、これらの基礎研究の成果を下に臨床への橋渡し研究(医師主導治験)を推進している。

  2. 『霊長類ステント内再狭窄および動脈硬化症モデルにおける炎症の果たす役割の解明』

    NF-kappa Bデコイ、MCP-1阻害剤およびカルシウム拮抗薬がステント内再狭窄を抑制することを世界に先駆けて証明し,ステント内狭窄発症のメカニズムに炎症が強く関与することを明らかにした(Circulation 2006, Hypertension 2006, J Hypertension 2006, Atherosclerosis 2007)。

  3. 『霊長類疾患モデル動物を用いた薬剤および遺伝子治療の薬効評価研究』

    霊長類動脈硬化性疾患モデルを開発し,スタチンおよび遺伝子治療法の作用を明らかにした(Gene Therapy 2004, ATVB 2004)


受賞歴
平成23年度 第16回 国際動脈硬化学会、Educational Grant 受賞
平成22年度 第一回 褒章内田賞 表彰 日本心臓血管内視鏡学会
平成21年度 福田記念医療技術振興財団 表彰論文 優秀賞 受賞
平成20年度
若手研究者奨励賞 受賞 第17回日本動脈硬化学会
平成18年度 第14回 国際動脈硬化学会、Educational Grant 受賞

主要原著論文
  1. Katsuki S, Matoba T, Nakashiro S, Sato K, Koga J, Nakano K et al. Nanoparticle-mediated delivery of pitavastatin inhibits atherosclerotic plaque destabilization/rupture in mice by regulating the recruitment of inflammatory monocytes. Circulation. 2014 25;129(8):896-906.
  2. Tsukie N, Nakano K et al. Pitavastatin-incorporated nanoparticle-eluting stents attenuate in-stent stenosis without delayed endothelial healing effects in a porcine coronary artery model. J Atheroscler Thromb. 2013;20(1):32-45.
  3. Nagahama R, Matoba T, Nakano K et al. Nanoparticle-mediated delivery of pioglitazone enhances therapeutic neovascularization in a murine model of hindlimb ischemia. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2012 32(10):2427-34.
  4. Sato K, Nakano K et al. Dietary cholesterol oxidation products accelerate plaque destabilization and rupture associated with monocyte infiltration/activation via the MCP-1-CCR2 pathway in mouse brachiocephalic arteries: therapeutic effects of ezetimibe. J Atheroscler Thromb. 2012;19(11):986-98.
  5. Masuda S, Nakano K et al. Imatinib mesylate-incorporated nanoparticle-eluting stent attenuates in-stent neointimal formation in porcine coronary arteries.  J Atheroscler Thromb. 2011;18(12):1043-53.
  6. Chen L, Nakano K et al.  Nanoparticle-mediated delivery of pitavastatin into lungs ameliorates the development and induces regression of monocrotaline-induced pulmonary artery hypertension. Hypertension. 57(2):343-350 (2011)
  7. Oda S, Nagahama R, Nakano K et al. Nanoparticle-mediated endothelial cell-selective delivery of pitavastatin induces functional collateral arteries (therapeutic arteriogenesis) in a rabbit model of chronic hind limb ischemia. J Vasc Surg. 52(2):412-420 (2010)
  8. Kubo M, Egashira K, Inoue T, Koga JI, Oda S, Chen L, Nakano K, et al. Therapeutic Neovascularization by Nanotechnology-Mediated Cell-Selective Delivery of Pitavastatin Into the Vascular Endothelium. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 29(6):796-801(2009)
  9. Kimura S, Egashira K, Chen L, Nakano K, et al. Nanoparticle-Mediated Delivery of NF-kB Decoy into Lungs Ameliorates Monocrotaline-Induced Pulmonary Arterial Hypertension. Hypertension. 53:877-83 (2009)
  10. Nakano K et al. Formulation of nanoparticle-eluting stents by a cationic electrodeposit coating technology: Efficient and safe nano-drug delivery via bioabsorbable polymeric nanoparticle-eluting stents in porcine coronary arteries. J Am Coll Cardiol: Cardiovascular Intervention. 2:277-283 (2009)
  11. Kimura S, Egashira K, Nakano K et al. Local Delivery of Imatinib Mesylate (STI571) - Incorporated Nanoparticle Ex Vivo Suppresses Vein Graft Neointima Formation. Circulation. 118:S65−S70 (2008)
  12. Ihara Y, Egashira K, Nakano K et al. Upregulation of the ligand-RAGE pathway via the angiotensin II type I receptor is essential in the pathogenesis of diabetic atherosclerosis. J Mol Cell Cardiol. 43: 455−464 (2007)
  13. Egashira K, Nakano K et al. Local delivery of anti-monocyte chemoattractant protein-1 by gene-eluting stents attenuates in-stent stenosis in rabbits and monkeys. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 27:2563-2568 (2007) The Third author contribution equally in this work.
  14. Nakano K, Egashira K et al. Azelnidipine has anti-atherosclerotic effects independent of its blood pressure-lowering actions in monkeys and mice. Atherosclerosis.196:172-179 (2007)
  15. Nakano K, Egashira K et al. Development of a novel bioabsorbable polymeric nanoparticle drug or gene eluting stent by electro-deposit nanoparticle-coating technology. Jpn J Intervent Cardiol. 22: 201-209 (2007)
  16. Nakano K, Egashira K et al. Catheter-based adenovirus-mediated anti-monocyte chemoattractant gene therapy attenuates in-stent neointima formation in cynomolgus monkeys. Atherosclerosis. 194: 309-316 (2007)
  17. Ohtani K, Egashira K, Ihara Y, Nakano K et al. Angiotensin II type 1 receptor blockade attenuates in-stent restenosis by inhibiting inflammation and progenitor cells. Hypertension. 48(4):664-670 (2006).
  18. Ohtani K, Egashira K, Nakano K et al. Stent-based local delivery of nuclear factor-kappaB decoy attenuates in-stent restenosis in hypercholesterolemic rabbits. Circulation. 114(25):2773-2779 (2006).
  19. Nakano K et al. A third-generation, long-acting, dihydropyridine calcium antagonist, azelnidipine, attenuates stent-associated neointimal formation in non-human primates. Journal of Hypertension. 24(9):1881-1889 (2006).
  20. Ohtani K, Usui M, Nakano K et al. Antimonocyte chemoattractant protein-1 gene therapy reduces experimental in-stent restenosis in hypercholesterolemic rabbits and monkeys. Gene Therapy. 11(16):1273-1282 (2004).
  21. Kitamoto S, Nakano K et al. Cholesterol-lowering independent regression and stabilization of atherosclerotic lesions by pravastatin and by antimonocyte chemoattractant protein-1 therapy in nonhuman primates. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 24(8):1522-1528 (2004).


主な招待講演

中野 覚、片岡希美、的場哲哉、前原善彦、中西洋一、江頭健輔 第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会(平成24年、7月、東京)イブニングセミナー『ナノDDSを基盤としたピタバスタチン封入PLGAナノ粒子による重症下肢虚血に対する治療的血管新生療法の基礎研究と臨床への橋渡し研究』

Nakano K, Egashira K. 16th International Atherosclerosis Society, Asia-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Disease-Peripheral Arterial Disease. (2012年3月、シドニー)『Nanotechnology-based Endothelial Cell-selective Delivery of Pitavastatin for Therapeutic Atherogenesis in Critical Limb Ischemia.』

第1回 医療機器臨床評価研究会(平成24年8月、三浦)「医療機器開発の現状と問題」PMDA若手審査官への教育講演およびパネルディスカッション

第13回 International Symposium on Hypertension and Related Diseases (平成23年、11月、北京)シンポジスト『Nanoparticle-mediated Delivery of Pitavastatin into Lung Ameliorates Development and Induces Regression of Monocrotaline-induced Pulmonary Arterial Hypertension』

第19回International Conference of the Cardiovascular System Dynamics Society(平成22、年9月、福岡):『Pitavastatin-incorporated Nanoparticle-eluting Stents Attenuate in-stent Stenosis without Delayed Endothelial Healing Effects of Sirolimus-eluting Stent Sites in a Porcine Coronary Artery Model』 
第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会(平成19年、7月、大阪)シンポジスト『生体吸収性ナノ粒子コーティングステントの創製』
第23回International Society of Heart Research日本部会(平成18年、12月、千葉): YIA conpetition『Catheter-based Adenovirus-Mediated Anti-Monocyte Chemoattractant Gene Therapy Attenuates In-Stent Neointima Formation in Non-Human Primates』 
第45回生体医工学学会・学術集会(平成18年5月、福岡)シンポジスト 『三位一体(炎症制御遺伝子導入,ナノ粒子コーティング,Mgステント)の生体完全吸収性ステント開発』

文部科学省科学研究費補助金の採択状況(代表研究者)
科学研究費補助金(基盤研究(C))「虚血再灌流傷害の超低侵襲ブタモデルの新規開発とミトコンドリア標的ナノ医療」 (H26〜H28)
科学研究費補助金(若手研究(B))「脈波衝撃投与DDSカテーテルとナノDDSの融合による新しい血管内治療の研究開発」 (H23〜H24)
科学研究費補助金(若手研究(B))「間欠式パルスインフュージョンDDSカテーテルを用いた低侵襲血管内ナノ医療の創製」(H21〜H22)
科学研究費補助金(若手研究(B))「ナノテク・デリバリー・システムを用いた脳梗塞に対する画期的遺伝子治療戦略の構築」(H18〜H19)

競争的資金の採択状況(代表研究者)
財団法人先進医薬研究振興財団 第8回循環医学分野 萌芽研究助成金「ナノDDSパルスカテーテル技術を基盤とした動脈硬化性疾患に対する低侵襲医療の開発」(H21年)
木村記念循環器財団「生理活性ペプチド(アドレノメデュリン)封入ナノ粒子によるDDS技術を基盤とする革新的低侵襲血管内ナノ医療の創製」 (H20年)
財団法人医療機器センター「先端技術(医・工・薬・ナノ)融合のインテリジェントナノDDS制御技術開発に基づく低侵襲血管内医療システム(分子標的医薬溶出・生体吸収性ステント etc)の創製と臨床応用」(平成20年)
財団法人医療機器センター 外国への日本人研究者派遣事業(基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業)「動脈硬化病変(再狭窄、不安定プラーク)に対する画期的血管内治療システムの創製-霊長類モデル作製から臨床応用まで-」(H18年)
財団法人医療機器センター 外国への日本人研究者派遣事業(基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業)「動脈硬化病変(再狭窄、不安定プラーク)に対する画期的血管内治療システムの創製-霊長類モデル作製から臨床応用まで-」(H17年)

学位
1999年-修士(農学) 京都工芸繊維大学
2007年-博士(学術)乙第157号 京都工芸繊維大学

所属学会

日本動脈硬化学会(評議員)、日本高血圧学会、日本血管生物医学会(評議員)

▲ページの先頭へ戻る