文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

高血圧・循環調節・自律神経機能研究室

主任研究者情報


廣岡 良隆 研究教育活動等報告書データベース
昭和59年卒
廣岡良隆 ●主な研究テーマ

循環器疾患はその成因・進展に神経体液性因子による調節異常が重要に関与しています。私達の研究室ではその機序を遺伝子レベルから機能まで解明し、治療に役立てることを目標としています。病態としては、高血圧・心不全など調節系の異常が主体である疾患が研究の対象です。基礎研究としては脳から心血管系への指令系統に関する研究、臨床研究としては末梢循環異常について研究を行っています。大学院生・研究生たちは高い志を持ち、皆仲よく楽しく研究を行っており、国際学会や国際誌へ研究成果を報告しています。

●コメント

これからますます重要となってくる研究分野です。若い人たちの柔軟な発想・やる気を一番重視しています。

研究・教育歴
1984年 九州大学医学部卒業
1984年 九州大学医学部循環器内科入局
1984年 九州大学医学部附属病院循環器内科、麻生飯塚病院循環器科
1984年 九州厚生年金病院内科で臨床修練
1992年 オーストラリア・シドニー大学訪問研究員(生理学教室)
1996年 九州大学医学部附属病院助手(循環器内科)
2000年 九州大学医学部併任講師
2003年 九州大学医学部附属病院講師(冠動脈疾患治療部)
2003年 九州大学病院講師(冠動脈疾患治療部)
2006年 九州大学病院講師(循環器内科)
病棟医長、医局長、外来医長を歴任
2011年 九州大学大学院医学研究院先端循環制御学講座教授
2015年 九州大学循環器病未来医療研究センター 先端循環制御学部門教授
現在に至る
受賞歴 
1988年 竹下 彰、今泉 勉、廣岡良隆、鈴木 哲:ベルツ賞
1992年 海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ受賞、上原財団
1993年 ICI Australia Young Investigator ISH (International Society of Hypertension) Award
1999年 第4回ファイザー循環病研究助成「自律神経と高血圧」優秀賞
2001年 第6回ファイザー循環病研究助成「自律神経と高血圧」優秀賞
2002年 第7回ファイザー循環病研究助成「自律神経と高血圧」優秀賞
2003年 第8回ファイザー循環病研究助成「自律神経と高血圧」最優秀賞
2006年 第6回Hypertension Research Novartis賞優秀賞受賞
2007年 平成19年度文部科学大臣科学技術賞表彰
所属学会 / 委員・学会役員
国際心臓研究学会(ISHR)
日本部会
2011〜 評議員
日本自律神経学会

2009〜 評議員

日本循環器学会 2008〜 九州支部評議員
1993〜 循環器専門医
日本内科学会 1989〜 認定内科医
日本心臓病学会 2008〜 特別正会員
日本高血圧学会 2000〜 評議委員
2008〜 FJSH資格審査委員
2009〜 高血圧学会専門医
日本心不全学会 2006〜 評議員
日本動脈硬化学会 2003〜 評議員
日本心血管内分泌代謝学会 2003〜 評議員
日本NO学会 2002〜 評議員
日本循環制御医学会 2003〜 評議員
2009〜 理事
日本適応医学会 2002〜
2009〜 評議員
日本循環器管理研究協議会 2006〜
高血圧関連疾患モデル学会 2006〜 評議員
American Heart Association 1998〜 Fellow of American Heart Association
American Physiological Society 1999〜 Regular Member
Council for High Blood Pressure Research 2002〜 Fellow
American Association for the Advancement of Science Member
New York Academy of Sciences Member
International Society for Autonomic Neuroscience 2009〜 Executive committee: representative at large
編集・査読委員

Hypertension(Editorial Board Member), Journal of Hypertension (Editorial Board Member), American Journal of Physiology-Regulatory, Integrative and Comparative Physiology (Editorial Board Member)心臓, (Advisory Board)Circulation, Circulation Research, Hypertension, Cardiovascular Research, Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology, American Journal of Hypertension, American Journal of Physiology, Journal of Applied Physiology, Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Brain Research, Neuroscience, Internal Medicine, Circulation Journal, Hypertension Researchなど

代表的な国際会議基調・招待講演 16件
Yoshitaka Hirooka

13th International SHR Symposium: The Etiology of Genetic
Hypertension and Metabolic Syndrome: Joint Effort of Geneticists and Physiologists, June 20-22, 2008, Prague, Czech Republic

State of the Art Lecture
Hirooka Y. Increased reactive oxygen species in brainstem contribute to neural mechanisms of hypertension in stroke -prone SHR(基調講演)

Yoshitaka Hirooka “Role of Rho/Rho-kinase in the brainstem in cardiovascular regulation” FASEB Summer Research Conferences: Neural Mechanisms in Cardiovascular Regulation (July18-23, 2007, Sydney, Australia)(招待講演)
Yoshitaka Hirooka “Role of reactive oxygen species in brainstem in blood pressure regulation of hypertensive rats” The 12th International Symposium on SHR: Concurrent 42nd Japanese SHR Symposium (October 20-21, 2006, Kyoto, Japan)(招待講演)
Yoshitaka Hirooka “Role of reactive oxygen species in the brainstem in blood pressure regulation” Cellular & Integrative Physiology Seminar (November 17, 2005, Omaha, USA)(招待講演)
Yoshitaka Hirooka “Localized gene transfer and its application to central cardiovascular control” 4th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (July 12-16, 2005, Marseille, France)(招待講演)
Yoshitaka Hirooka “Role of nitric oxide and reactive oxygen species in the brainstem in cardiovascular regulation” Seminar of the University of Iowa Carver College of Medicine (April 8, 2005, Iowa City, USA)(招待講演)
Yoshitaka Hirooka “Role of Rho-kinase in the pathogenesis of hypertension: with special reference to neural mechanisms of blood pressure regulation” Central Cardiovascular Control-Future Directions (August 4, 2004, Sydney, Australia)(招待講演)
Yoshitaka Hirooka “Rho/Rho-kinase pathway in the brain stem contributes to blood pressure regulation via the sympathetic nervous system: a possible involvement in neural mechanisms of hypertension” Bristol Symposium 2003 (June 28, 2003, Bristol, UK)(招待講演)
Yoshitaka Hirooka “Brainstem mechanisms controlling sympathetic vasomotor activity” XIVth World Congress of Cardiology (May 5-9, 2002, Sydney, Australia)(招待講演)
国際会議主催 1件
Yoshitaka Hirooka. ISH2006 Investigator Initiated Symposium Central Cardiovascular Regulation “From Hypertension to Heart Failure” October 14, 2006, Fukuoka, Japan
報道 2回
最近の大型研究費獲得状況
日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)(2012〜2016)<代表>

日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究(2012〜2014)<代表>

日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)(2007〜2010)<代表>
日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)(2005〜2006)<代表>
日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)(2003〜2004)<代表>
厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)(2006〜2007)<代表>

▲ページの先頭へ戻る