文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
スタッフ紹介

助教


阿部 弘太郎 研究教育活動等報告書データベース
平成11年卒
阿部 弘太郎 ●主な研究テーマ
  1. 基礎研究:肺高血圧症の病態解明、および新規治療ストラテジーの確立
  2. 臨床研究:肺高血圧症と右心不全の診断法および治療法の確立
  3. 臨床研究:慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する肺動脈形成術の治療効果の検討
●コメント

難治性疾患の1つである肺高血圧症を中心に臨床を見据えた基礎研究を行っています。基礎・臨床研究ともに、肺高血圧症が何故起こるのかという根本的な原因の解明を目指しています。臨床においては、肺高血圧症専門外来において、肺高血圧症患者に対して従来の治療薬から臨床治験を含めた最先端の治療を行っています。また、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の肺動脈バルーン治療も行っています。患者のニーズにあった良質な医療を提供することを心がけています。

研究テーマ

九州大学大学院と3年の米国滞在の間、「肺高血圧の分子病態解明と新たな治療法開発」を主要テーマに研究を行ってきました。帰国して2年が経ちますが、臨床研究とともに、基礎研究ではヒトに類似した血行動態と組織像を認める肺高血圧症ラットモデルを用いて、新たな研究分野の開拓を目指しています。


  1. 従来の肺高血圧モデル動物では、肺高血圧患者に認められる進行した病理像(求心性内膜過形成、plexiform病変)を再現することはできなかった。申請者は南アラバマ大学在学中に、VEGF受容体拮抗薬(Sugen 5416)皮下注+低酸素3週飼育+常酸素10-11週飼育により、全てのヒトの病理像を再現する初めての疾患モデルラットを開発した(Abe K. et al. Circulation 2010)。このモデル動物はヒトの病態解明に大いに貢献するモデルとして使用されている 。
  2. 肺高血圧症の新たな分子標的治療薬として注目されているチロシンキナーゼ阻害薬は、肺血管リモデリングの抑制による治療効果と考えられていた。申請者は、チロシンキナーゼ阻害薬の肺血管拡張効果による肺高血圧症の治療効果を初めて報告した(Abe K. et al. Am J Respir Cell Mol Bio 2011)。
  3. 現在行っている研究では、新たな肺高血圧症ラットモデルで体現されたヒトに類似した肺血管増殖性病変の病態形成機序を様々な角度から解析し、肺高血圧症の病変進展のメカニズムの解明を目指している。他に、肺高血圧症に伴う右心不全における中枢交感神経の役割を、基礎・臨床の両面から解明し(Abe K. et al. American Thoracic Society meeting, 2012)、肺高血圧症に伴う右心不全の機序の解明および治療法の開発を目指す。

受賞歴
2002年 

米国心臓病学会総会 肺循環部門 最優秀抄録賞

2007年 

海外留学助成、先進医薬研究振興財団

2008年

海外留学助成リサーチフェロー、上原記念生命科学財団

2011年

第7回心血管トランスレーショナルカンファレンス優秀賞

2013年

公益財団法人 武田科学振興財団医学系研究奨励賞


海外渡航状況・海外での教育研究歴

南アラバマ大学 AL, USA, 2008.4-2010.3

ヴァージニア連邦大学 VA, USA, 2007.9-2008.3

コロラド大学 CO, USA, 2007.4-2007.8


主要原著論文
  1. Kunita-Takanezawa M, Abe K, Hirooka Y., Kuwabara Y, Hirano K, Oka M, Sunagawa K. Novel Dual Endothelin Receptor Antagonist Macitentan Reverses Severe Pulmonary Arterial Hypertension in Rats. J Cardiovasc Pharmacol. 2014. in press.
  2. Nagao M, Matsuo Y, Kamitani T, Yonezawa M, Yamasaki Y, Kawanami S, Abe K, Mukai Y, Higo T, Yabuuchi H, Takemura A, Yoshiura T, Sunagawa K, Honda H. Quantification of myocardial iron deficiency in nonischemic heart failure by cardiac t2* magnetic resonance imaging. Am J Cardiol. 15;113(6):1024-30, 2014.
  3. Abe K.  Noninvasive and accurate evaluation of cardiac output in patients with pulmonary hypertension.  Circ J. 23; 77(9): 2251-2, 2013.
  4. Toba M, Alzoubi A, O’Neill K, Abe K, Urakami T, Komatsu M, Järvinen TAH, Mann D, Ruoslahti E, McMurtry IF, Oka M. A novel strategy to selectively enhance pulmonary drug efficacy in pulmonary arterial hypertension. Am J Pathol. 184(2):369-75, 2014.
  5. Toba M, Alzoubi A, O’Neill K, Abe K, Gairhe S, Matsumoto Y, Oshima K, Oka M, McMurtry IF. Temporal hemodynamic and histological progress in Sugen5416/hypoxia/normoxia-exposed pulmonary arterial hypertensive rats.  Am J Physiol Heart Circ Physiol. 15;306(2):H243-50, 2014.
  6. Alzoubi A, Toba M, Abe K, O'Neill KD, Rocic P, Fagan KA, McMurtry IF, Oka M.  Dehydroepiandrosterone restores right ventricular structure and function in rats with severe pulmonary arterial hypertension.  Am J Physiol Heart Circ Physiol.  304(12):H1708-18, 2013.
  7. Abe K.  Do Electrocardiography Scores Predict the Presence of Right Ventricular Dysfunction in Patients with Pulmonary Hypertension?  Inter Med.2012;51(17):2261-2.
  8. Abe K, Toba M, Alzoubi A, Koubsky K, Ito M, Ota H, Gerthoffer W, Fagan KA, McMurtry IF, Oka M. Tyrosine Kinase Inhibitors are Potent Acute Pulmonary Vasodilators in Rats.  Am J Respir Cell Mol Bio   45(4):804-8, 2011.
  9. Ota H, Beutz MA, Ito M, Abe K, Oka M, McMurtry IF.  S1P(4) receptor mediates S1P-induced vasoconstriction in normotensive and hypertensive rat lungs.  Pulm Circ.  1(3):399-404, 2011.
  10. Abe K, Toba M, Alzoubi A, Ito M, Fagan KA, Cool CD, Voelkel NF, McMurtry IF, Oka M.  Formation of plexiform lesions in experimental severe pulmonary arterial hypertension. Circulation.  121(25):2747-2754, 2010.
  11. McMurtry IF, Abe K, Ota H, Fagan KA, Oka M.  Rho kinase-mediated vasoconstriction in pulmonary hypertension.   Adv Exp Med Biol. 661:299-308, 2010.
  12. Bogaard HJ, Abe K, Vonk Noordegraaf A, Voelkel NF.  The right ventricle under pressure: cellular and molecular mechanisms of right-heart failure in pulmonary hypertension.  Chest.  135(3):794-804. 2009.
  13. Oi K, Fukumoto Y, Ito K, Uwatoku T, Abe K, Hizume T, Shimokawa H.  Extracorporeal shock wave therapy ameliorates hindlimb ischemia in rabbits.  Tohoku J Exp Med.  214(2):151-158, 2008.
  14. Yasuda S, Ikuta K, Uwatoku T, Oi K, Abe K, Hyodo F, Yoshimitsu K, Sugimura K, Utsumi H, Katayama Y, Shimokawa H.  In vivo magnetic resonance imaging of atherosclerotic lesions with a newly developed Evans blue-DTPA-gadolinium contrast medium in apolipoprotein-E-deficient mice.  J Vasc Res. 45: 123-128, 2008.
  15. Yamamoto U, Mohri M, Shimada K, Origuchi H, Miyata K, Ito K, Abe K, Yamamoto H.  Six-month aerobic exercise training ameliorates central sleep apnea in patients with chronic heart failure.  J Card Fail.  13(10):825-829, 2007.
  16. Ito K, Noma M, Mohri M, Abe K, Yamamoto U, Kikuchi K, Miyata K, Origuchi H, Yamamoto H, Tajimi T, Kikuchi Y.  Mitral annulus displacement measured by tissue-tracking method with Doppler-tissue images is a useful marker of the severity of heart failure.  J Cardiol.50(3):159-166, 2007.
  17. Uwatoku T, Ito K, Abe K, Oi K, Hizume T, Sunagawa K, Shimokawa H.  Extracorporeal cardiac shock wave therapy improves left ventricular remodeling after acute myocardial infarction in pigs. Coron Artery Dis.  18(5):397-404, 2007.
  18. Jiang BH, Tawara S, Abe K, Takaki A, Fukumoto Y, Shimokawa H.  Acute Vasodilator Effect of Fasudil, a Rho-kinase Inhibitor, in Monocrotaline-Induced Pulmonary Hypertension in Rats.  J Cardiovasc Pharmacol.  49(2):85-89, 2007.
  19. Abe K, Tawara T, Oi K, Hizume T, Uwatoku T, Fukumoto Y, Kaibuchi K, Shimokawa H.  Long-Term Inhibition of Rho-kinase Ameliorates Hypoxia-Induced Pulmonary Hypertension in Mice. J Cardiovasc Pharmacol. 48(6):280-285, 2006.
  20. Abe K, Mohri M, Ideno N, Tsukuda M, Noma M, Origuchi H, Yamamoto H.  Chest pain and intimal flap detected by CT scan. Circulation. 114(4): e64, 2006.
  21. Chapados R, Abe K, Elliot J, Ihida-Stunbery K, McKean D, Gates AT, Kern M, Merklinger S, Elliot J, Plant A, Shimokawa H, Jones PL.   ROCK controls matrix remodeling in pulmonary hypertension. Circ Res.  99 (8): 837-844, 2006.
  22. Hizume T, Morikawa K, Takaki A, Abe K, Sunagawa K, Amano M, Kaibuchi K, Kubo C, Shimokawa H.  Sustained Elevation of Serum Cortisol Level Causes Sensitization of Coronary Vasoconstricting Responses in Pigs In Vivo. A Possible Link Between Stress and Coronary Vasospasm.  Circ Res. 99 (7): 767-775, 2006.
  23. Abe K, Morikawa K, Hizume T, Uwatoku T, Oi K, Seto M, Ikegaki I, Asano T, Kaibuchi K, Shimokawa H.  Prostacyclin Does Not Inhibit Rho-Kinase: An Implication for the Treatment of Pulmonary Hypertension.  J Cardiovasc Pharmacol. 120-124, 2005.
  24. Fukumoto Y, Matoba T, Ito A, Tanaka H, Kishi T, Hayashidani S, Abe K, Takeshita A, Shimokawa H  Acute vasodilator effects of a Rho-kinase inhibitor, fasudil, in patients with severe pulmonary hypertension.  Heart. 91: 391-392, 2005.
  25. Abe K, Shimokawa H, Morikawa K, Uwaoku T, Oi K, Matsumoro M, Hattori T, Nakashima Y, Kaibuchi K, Takeshita A.  Long-term inhibition of Rho-kinase improves monocrotaline-induced pulmonary hypertension in rats.  Circ Res. 385-393, 2004.
  26. Nishida T, Shimokawa H, Oi K, Tatewaki H, Uwatoku T, Abe K, Matsumoto Y, Kajihara N, Eyo M, Matsuda T, Yasui H, Takeshita A, Sunagawa K.  Extracorporeal cardiac shockwave therapy markedly ameliorates ischemia-induced mypcardial dysfunction in pigs in vivo.  Circulation. 3055-3061, 2004.
  27. Oi K, Shimokawa H, Hiroki J, Uwatoku T, Abe K, Matsumoto Y, Nakajima Y, Nakajima K, Takeichi S, Takeshita A.  Remnant lipoproteins from patients with sudden cardiac death enhance coronary vasospastic activity through upregulation of Rho-kinase.  Arterioscler Thromb Vasc Biol. 24: 918-922, 2004.
  28. Yamamoto T, Ikuta K, Oi K, Abe K, Uwatoku T, Murata M, Shigetani N, Yoshimitsu K, Shimokawa H, Katayama Y.  First functionalized MRI contrast agent recognizing vascular lesions.  Anal Sci. 20: 5-7, 2004.
  29.  Yamamoto T, Ikuta K, Oi K, Abe K, Uwatoku T, Hyodo F, Murata M, Shigetani N, Yoshimitsu K, Shimokawa H, Utsumi H, Katayama Y.  In vivo MR detection of vascular endothelial injury using a new class of MRI contrast agent. Bioorg Med Chem Lett.  14: 2787-90, 2004.
  30. Matsumoto Y, Shimokawa H, Uwatoku T, Oi K, Abe K, Hattori T, Morishige K, Eto Y, Fukumoto Y, Nakamura K, Shibata Y, Matsuda T, Takeshita A, Shimokawa H.  Long-term inhibition of Rho-kinase suppresses neointimal formation after stent implantation in porcine coronary arteries: involvement of multiple mechanisms.  Arterioscler Thromb Vasc Biol. 24: 181-6: 2003.
  31. Uwatoku T, Shimokawa H, Abe K, Matsumoto Y, Hattori T, Matsuda T, Kataoka K, Takeshita A.  Application of nanoparticle technology for the prevention of restenosis after balloon injury in rats.

    Circ Res. 18; 92: 62-69, 2003.

  32. Morishige K, Shimokawa H, Matsumoto Y, Eto Y, Uwatoku T, Abe K, Sueishi K, Takeshita A.  Overexpression of matrix metalloproteinase-9 promotes intravascular thrombus formation in porcine coronary arteries in vivo.  Cardiovasc Res.  57: 572-585, 2002.
  33. Abe K, Shimokawa H, Kubota T, Nawa Y, Takeshita A.  Myocarditis associated with visceral larva migrans by Toxocara Canis. Intern Med. 41: 706-708, 2002.

主な和文総説
  1. 阿部 弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:今後期待される肺高血圧症治療薬の展望 呼吸器内科 10月号   2014.
  2. 阿部弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:特発性肺動脈性肺高血圧症はどんな病気  Heart View 7月号  Vol.17, No.7 p24-29, 2013.
  3. 阿部弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:肺高血圧症の成因  呼吸と循環 特集号 Vol.61, p1097-1103, 2013.
  4. 阿部弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:チロシンキナーゼ阻害薬の肺高血圧症治療薬としての展望 循環器内科 2013.
  5. 阿部弘太郎:新しい肺高血圧症動物モデル  医学のあゆみ  Vol.240, No1, p24-30, 2012.
  6. 阿部弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二、江頭健輔:Small-vessel diseaseと肺高血圧症  循環器内科2月号  71(2): 119-124, 2012.
  7. 阿部弘太郎:新しい肺高血圧症実験モデルからの知見  Cardiac Practice  Vol.24, No.1, p26-30, 2012.
  8. 阿部弘太郎、岸 拓弥、廣岡 良隆、砂川 賢二:特発性間質性肺炎に伴う肺高血圧症に対してボセンタンが奏効した1例  モダンフィジシャン  Vol.32, p44-46, 2012.
  9. 阿部弘太郎「シリーズ: 肺高血圧症の診断Pitfall No.3」2012.
  10. 阿部弘太郎:新しい肺高血圧症動物モデル  医学のあゆみ  Vol.240, No1, p24-30, 2012.

ガイドライン和訳監修
  1. 阿部 弘太郎、田村 雄一、田邊 信宏:肺高血圧症ニースガイドライン2013版(日本呼吸器学会)

主な招待講演・特別講演(平成25,26年度から抜粋)
  1. 第56回日本平滑筋学会総会(平成26年8月8日、東京)
  2. 阿部 弘太郎(シンポジウム)重症肺高血圧症モデル動物におけるRhoキナーゼ阻害による肺血管拡張効果の検討

  3. 第35回日本循環制御医学会総会(平成26年7月4日、福岡)
  4. 阿部 弘太郎(教育セッション)肺高血圧症と右心機能

  5. University of South Alabama, Research in Progress in Center for Lung Biology (May 16, 2014, Mobile, Alabama, USA )
  6. Abe K. (Invited Lecture) Can hemodynamic unloading reverse complex occlusive lesions in severe PAH?

  7. 第8回回全国PH大会(平成26年5月25日、東京)
  8. 阿部 弘太郎 IPAHの最新の治療法

  9. 三重大学 第3回分子循環器研究会(平成26年5月26日、三重)
  10. 阿部 弘太郎(特別講演)肺高血圧症の最新の治験〜基礎から臨床へ〜

  11. 第20回日本小児肺循環研究会(平成26年2月1日、東京)
  12. 阿部 弘太郎(教育講演)肺動脈性肺高血圧症の閉塞性増殖性血管病変の進展機序

  13. 福岡大学 七隈肺高血圧症講演会(平成25年11月25日、福岡)
  14. 阿部 弘太郎(特別講演)肺高血圧症の診断および治療

  15. 久留米大学 心臓・血管先端医療セミナー(平成25年11月15日、福岡)
  16. 阿部 弘太郎(特別講演)ヒト肺高血圧症に類似した病理組織像と血行動態をもつ世界初の疾患動物モデル
  17. 第1回日本肺高血圧症学術集会(平成25年10月13-14日、東京)
  18. 阿部 弘太郎(パネルディスカッション)ヒト肺高血圧症に類似した病理組織を示す疾患モデルからの知見
    阿部 弘太郎(プレナリーセッション)成人発症型末梢性肺動脈狭窄症の診断と治療

  19. みんなの笑顔を肺高血圧症に(市民公開セミナー)(平成25年9月29日、福岡)
  20. 阿部 弘太郎(特別講演)循環器内科であつかう肺高血圧症〜原因不明なものと血栓塞栓によるもの〜

  21. 先天性心疾患談話会(平成25年9月21日、福岡)
  22. 阿部 弘太郎(特別講演)先天性心疾患に伴う肺高血圧症の病態および薬物治療

  23. Grover Conference 2013 (Sep 4-8, 2013, Sedalia, CO)
  24. Abe K. (Invited Lecture) Assessing Activity of the Adrenergic System Using MIBG.

  25. IEEE EMBC 2013 (July 3-6, 2013, Osaka, Japan)
  26. Abe K.(Special Session) Pathophysiology of Pulmonary Hypertension.
    Abe K.(Luncheon) How to Diagnose and Treat Pulmonary Hypertension.

  27. 東海大学 伊勢原肺高血圧症講演会(平成25年6月25日、神奈川)
  28. 阿部 弘太郎(特別講演)当院における肺高血圧症専門外来での取組み

  29. 第42回大阪呼吸・循環研究会(平成25年3月21日、大阪)

    阿部 弘太郎(特別講演)疾患モデルを用いた肺高血圧症の新しい病態機序の解明

主な国内外学会での発表(平成25,26年度から抜粋)
  1. 2014 American Thoracic Society International Conference (May 18-23, 2014, San Dieg, USA)
  2. Abe K, Shinoda M, Kuwabara Y, McMurtry IF, Hirooka Y, Oka M, Sunagawa K. Occlusive Vascular Remodeling is a Consequence of Hemodynamic Stress in Rats with Severe Pulmonary Arterial Hypertension.

  3. 第54回日本呼吸器学会学術講演会(平成26年4月25-27日、大阪)
  4. 阿部 弘太郎、廣岡 良隆、砂川 賢二:肺高血圧症における右室交感神経活動障害は、右心機能障害に比例する

  5. 第78回日本循環器学会総会(平成26年3月21-23日、東京)
  6. Abe K, Sakamoto I, Yamamura K, Ishikawa S, Kishi T, Koike G, Hirooka Y, Sunagawa K. Triple Combination Therapy of Pulmonary Vasodilators Failed to Improve Hemodynamic Parameters of Severe Pulmonary Hypertension in Adult Congenital Heart Disease.
    Abe K, Nagao M, Hirooka Y, Sunagawa K. RV sympathetic dysfunction parallels RV performance in patients with pulmonary arterial hypertension.
    Abe K, Oka M, Shinoda M, Kuwabara Y, McMurtry IF, Hirooka Y, Sunagawa K. Left Unilateral Pulmonary Artery Banding Prevents the Development of Plexogenic Arteriopathy in Rats with Severe Pulmonary Arterial Hypertension.

  7. ET-13(Sep 8-11, 2013, Tokyo, Japan)
  8. Abe K, Kunita M, Hirooka Y, Kuwabara Y, Hirano K, Sunagawa K. Chronic Treatment with Novel Endothelin Receptor Antagonist Macitentan Improved Severe Pulmonary Arterial Hypertension in Rats

  9. 2013 American Thoracic Society International Conference (May 18-23, 2013, Philadelphia, USA)
  10. Abe K, Kunita M, Hirooka Y, Kishi T, Kuwabara Y, Hirano K, Sunagawa K. Long-term Treatment with Novel Endothelin Receptor Antagonist Macitentan Markedly Attenuated Severe Pulmonary Hypertension with Angioproliferative Occlusive Lesions in Rats.

  11. 第77回日本循環器学会総会(平成25年3月15-17日、横浜)
  12. Abe K, Hirooka Y, Oka M, McMurtry IF, Sunagawa K.  Vasoconstriction is an important therapeutic target in severe pulmonary arterial hypertension.

所属学会 / 委員・学会役員

日本肺高血圧症学会(評議員、プログラム委員)

平成26年度日本肺高血圧症・肺循環合同学術集会(プログラム委員)

難治性疾患政策研究事業「呼吸不全に関する調査研究班」(班員)

その他、日本循環器学会(専門医)、日本内科学会(認定医)、日本心臓リハビリテーション学会(指導士)、American Thoracic Society (member)、American Heart Association (member)、等


査読した主な雑誌

Circulation, ATVB, Plos one, Chest, American Journal of Physiology, Circulation Journal, Journal of Cardiol, Life Science, Heart and Lung、等

最近の研究費獲得状況
●主任研究者

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)(2014-2017)
「肺高血圧症の閉塞性血管病変形成と維持における血行動態ストレスの役割解明」

平成26年度 日本応用酵素研究財団研究助成 (2014-2015)

公益財団法人 武田科学振興財団医学系研究奨励 (2013-2015)

平成25年度 日本応用酵素研究財団研究助成 (2013-2014)

文部科学研究費補助金 若手研究(B) (2012-2014)

平成24年度 日本応用酵素研究財団研究助成 (2012-2013)

第7回日本心臓財団・ノバルティス循環器分子細胞研究助(2011-2012)

平成23年度 日本応用酵素研究財団研究助成(2011-2012)

第10回先進医薬研究振興財団 循環医学分野萌芽研究助成(2011-2012)

難病医学研究財団 医学研究奨励助成金(2011-2013)

上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェロー(2008-2009)

第1回海外留学助成、先進医薬研究振興財団(2007-2008)


●分担研究者

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業(2014-)
「呼吸不全に関する調査研究班」

厚生労働科学研究費補助金 難知性疾患克服事業(2013-2014)
「成人発症型末梢性肺動脈狭窄症の全国的実態把握と効果的診断治療法の研究」
「肺静脈閉塞症についての病理病態解明と診断基準確立のための研究」

厚生労働科学研究費補助金 難知性疾患克服事業(2012-2013)
患者会を中心とした肺高血圧症の前向き症例登録研究の開発と予後調査」

文部科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(2012-2015)
「肺高血圧から右心不全に至る新たな視点としての自律神経系の役割解明・制御機構の開発」

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)(2011-2014)
「肺高血圧症におけるプロテイナーゼ活性化型受容体の役割解明と治療応用」

▲ページの先頭へ戻る