文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
医療従事者の方へ

検査・治療紹介

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 心カテ、電気性利検査 心エコー検査 冠動脈CTおよび心臓MRI 心臓核医学検査 その他医の特殊生理検査 腎デナベーション治療 心房中隔欠損症 心臓リハビリテーション 栄養指導教室

心エコー検査


心エコー検査では、体表面から心臓の形態や機能について様々な情報を得ることができます。最大の利点は、検査を受けられる方に苦痛を与えず、合併症などの危険を伴わない「非侵襲的」検査であることと、検査結果がすぐにわかることです。そこから得られる情報量は非常に多く、心臓病の診断・治療に欠くことのできない検査法となっています。臨床の現場におけるニーズは年々増しており、当院では年間約8500件の心エコー検査を行っていますが、数だけではなく質の向上・維持に努めています。
検者の技術・知識が検査の質を大きく左右しますので、検査に携わる検査技師・医師は常に学習や研修を心がけています。
心エコー検査においては、近年のエコー装置の進歩に伴い、リアルタイム3次元 (3D)エコーや組織ドップラー法などの新しい評価方法が臨床に普及してきています。その結果、より正確な病態把握が可能となり、循環器診療においての必要性、信頼性は今後益々高まることが予想されます。ハートセンター生理検査室においては、そのような最新の評価方法についても、検査に携わる検査技師・医師による定期的な勉強会を行い、有用性の高い検査については積極的に取り入れ、循環器診療に貢献できるように取り組んでいます。
心エコー検査での詳細な評価や、負荷心エコー、経食道心エコー、心臓非同期性評価などのご依頼も積極的にお受けしておりますので、是非ご紹介ください。スタッフ一同、正確でより高いレベルの心エコー検査をめざして努力してまいります。
(心エコー主任 伊藤浩司)

3Dエコー


Tissue Synchronization Imaging

大動脈弁開放開始時からの収縮開始時間を各部位別に計測し、壁運動遅延(非同期)の評価を行います。
Tissue Synchronization Imaging

当院での心エコーレポート例

当院での心エコーレポート例

  1. 必要時はMOD法でも駆出率を計測します。
  2. LV inflow, PV flow, TDI(組織ドラプ法)の計測値より、肺動脈楔入圧や左室拡張末期圧の推定、左室拡張能の評価を行います。
  3. 壁運動の評価
  4. 弁通過血流速度、圧較差の計測、弁口面積の推定、弁逆流の程度を計測します。逆流量についての評価は、可能な限りPISA法などの定量的評価も行います。
  5. その他、特筆すべき所見(dyssynchrony評価、収縮性心膜炎の血行動態etc.)を記載します。
  6. 前回レポートとの比較を含め、総合的な評価を記載します。

▲ページの先頭へ戻る