文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
医療従事者の方へ

検査・治療紹介

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 心カテ、電気性利検査 心エコー検査 冠動脈CTおよび心臓MRI 心臓核医学検査 その他医の特殊生理検査 腎デナベーション治療 心房中隔欠損症 心臓リハビリテーション 栄養指導教室

腎デナベーション治療

治療抵抗性高血圧患者を対象とした
腎デナベーションシステムの治験を開始しました。

腎デナベーション治療について

先進国において高血圧は成人のうち推定30〜40%が罹患し、本邦では患者数が約4,000万人に昇ると言われています。現在では安全で有効な薬剤が数多く使用できる状況ではありますが、血圧コントロールによりガイドライン目標値を達成している患者様の割合は依然として低く、血圧のコントロールが不十分でない患者様では心血管リスクが高い状態が続いていることが問題となっています。


腎デナベーション治療交感神経系(SNS)活性の慢性的な亢進は、高血圧、心不全及び慢性腎臓病などの共通の重要な因子であることが知られており、特に腎交感神経はSNSの活性亢進と高血圧の病態生理に大きく関わっていると考えられています。近年、腎臓と中枢神経系をつなぐ神経を意図的に破壊することによって、腎機能(レニン分泌、ナトリウム排泄及び腎血流量)の交感神経系コントロールの抑制、および中心血圧の上昇に寄与している腎臓の求心性交感神経の不活化という2種類の機序により、SNSの活性亢進を効果的に調節する、腎デナベーション治療が行われるようになりました。腎デナベーション治療は、狭心症に対して広く行われているカテーテル検査・治療と類似の方法で行うことができるため、外科手術に比べると侵襲性は格段に少ない治療方法です。


本治験の対象となる患者様はいらっしゃいませんか?

EUを中心とした海外においては、既に6100名以上の患者様に対して実施された腎デナベーション術ですが、本邦においては当院を含めた13施設において2012年夏より、薬事承認取得に向けた治験が開始されました。腎デナベーションシステムは、治療抵抗性高血圧(最善の降圧治療として、利尿薬1剤を含む異なる薬効クラスの降圧薬3種類以上を最大耐用量で投与しても収縮期血圧が160 mmHg以上)を有する患者様を対象に、カテーテルにより腎神経を焼灼する手技となります。

以下のリーフレットに主な選択基準・除外基準ならびに連絡先を記載しておりますので、本治験の対象となる患者様がいらっしゃいましたら、是非当科にご紹介ください。
pdf腎デナベーション治験リーフレット(PDF)

▲ページの先頭へ戻る