文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

バイオニック研究室

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 研究概要 主要なテーマと関連論文 主任研究者情報 研究室情報

主任研究者情報


砂川 賢二 研究教育活動等報告書データベース
昭和49年卒
砂川賢二 ●主な研究テーマ
心機能、心臓力学、循環調整、心不全、突然死に関する基礎および臨床研究。計算心臓病学およびバイオニック医学による難治性心疾患克服の研究。
●コメント
大学病院には難治性心疾患の治療に必要な多くの資源が備えられている。それらを駆使することで、最先端の医療を提供し多くの難治性心疾患に苛まれる人々を救済したい。先端医療をもってしても救済し得ない病態には、我々のもつ研究開発機能を最大限に活用し、新たな医療を創出し、これらの病態を克服したい。そのためには人材が不可欠であり、人材育成に情熱を注いでいる。“最先端の循環器診療を提供できる、人のための循環器内科”がモットーである。
研究・教育歴
1974年 九州大学医学部卒、同大学医学部循環器内科入局
1978年 米国マリーランド州 Johns Hopkins大学(循環器内科、生物医学工学部)に留学し心機能および血行動態の研究・教育に従事。Johns Hopkins 大学医学部循環器内科で講師、助教授を歴任
1983年 帰国。九州大学循環器内科助手。臨床、研究および教育に従事
1990年 九州大学循環器内科講師
1992年 国立循環器病センター研究所、循環動態機能部部長、国立循環器病センター心臓内科部長
1997年 立命館大学理工学部教授(連携大学院)
2003年 大阪大学大学院医学系研究科教授(連携大学院)
2004年〜現在 九州大学大学院医学研究院循環器内科教授
2005年

九州大学大学院医学研究院副研究院長(2007年3月まで)

2005年〜現在 九州大学デジタルメディシン・イニシアティブ長(2010年6月まで)
2013年

九州大学病院 ハートセンター長

2015年 九州大学循環器病未来医療研究センター 特任教授
現在に至る
受賞歴 
2000年 Paul White Award: American Heart Association
2000年 Isaac Starr Award: Cardiovascular System Dynamic Society
1998年 Society of Scholar Award: Johns Hopkins University
委員・学会役員
2007年〜 Fellow of Japanese College of Cardiology(日本心臓病学会)
2007年〜 Fellow of European Society of Cardiology
2007年〜 Fellow of American College of Cardiology
2005年〜 厚生労働省 萌芽的先端医療技術推進研究事業(ナノメディシン分野)中間・事後評価委員
2005年〜 NEDO/経済産業省 再生評価技術開発 採択委員
2005年〜 総務省 医療分野におけるICTの利活用に関する検討会構成員
2003年〜 内閣府総合科学技術会議ナノテクノロジー材料研究開発推進プロジェクトナノデバイWG委員
1999年〜 日本循環制御医学会(2002年5月から理事、2003年 第24回日本循環制御医学会総会大会長)
1996年〜 日本心不全学会(2006年4月から理事)
1993年〜 IEEE-Engineering in Medicine and Biology(2005年から理事(AdCom)、Senior Member)
1985年〜 Cardiovascular System Dynamic Society(2006年から理事、2009年から会長)
1982年〜 日本生体医工学会(2006年 第45回日本生体医工学会大会長、2000年から理事)
1980年〜 American Heart Association (FAHA)(2001年からFellow)
編集・査読委員

Circulation, Circulation Research, Journal of American College of Cardiology, Journal of Clinical Investigation, American Journal of Physiology, Basic Research in Cardiology, Cardiovascular Research, Journal of Physiology, Canadian Journal of Cardiology, Circulation Journal, Japanese Journal of Physiology, Frontiers in BME, Heart & Vessel、医用電子と生体工学、BME誌、循環制御

代表的な国際会議基調・招待講演 65件
Kenji Sunagawa “No ventricular fibrillation, unconsciousness or shock.”
International Society for Heart Research (ISHR), The 21st Annual Meeting of the Japanese Section Symposium (November 23-25, 2004, Yamanashi, Japan) (招待講演)
Kenji Sunagawa “Left ventricular hypertrophy and diastolic function in hypertension: Roles of arterial pressure waveform revisited.” “Impact of autonomic neural link on clinical cardiology.” 
The Role of CCB on Diastolic Function and Left Ventricular Hypertrophy in Essential Hypertension (September 29, 2005, Seoul, Korea)(招待講演)
Kenji Sunagawa “Impact of autonomic neural link on clinical cardiology I”
Boryung Pharaceutical Company in Korea (September 2, 2005)(招待講演)
Kenji Sunagawa “Impact of Bionic Approach in Managing Cardiovascular Diseases” :Distinguished Speaker Series at Michigan State University (November 10, 2005, Michigan, USA) (招待講演)
Kenji Sunagawa “Bionic Medicine Revolutionizes Clinical Cardiology in the 21st Century”
The 11th La Jolla-Capri-Yamaguchi-Seoul Research Conference Keynote lecture (October 8, 2006, Yamaguchi, Japan) (招待講演)
Kenji Sunagawa “Bionic medicine revolutionizes clinical cardology in the 21st century”
The 11th IFFESS (September 15, 2006, Miyagi, Japan)(招待講演)
Kenji Sunagawa “Baroreflex and autonomic nervous system in hypertension”
The Korean Society of Hypertension (May 26, 2006, Seoul, Korea) (招待講演)
Kenji Sunagawa Kenji Sunagawa: “ICT enabling intra-corporeal network accelerates the development of hospital in-silico in the 21st century” 2006 International Symposium on Medical Information and Communications Technology (December 1, 2006, Yokohama, Japan) (招待講演)
Kenji Sunagawa Kenji Sunagawa: “Bionic Medicine Revolutionizes Clinical Cardiology in the 21st Century” The 55th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research (November 17-18, 2007, Yokohama, Japan) (招待講演)
Kenji Sunagawa Kenji Sunagawa: “Bionic Medicine Revolutionalizes Cardiology in the 21st Century” The First International Symposium on Information and Computer Elements ISICE 2007 (September 12-14, 2007, Fukuoka, Japan) (招待講演)
国際会議主催 11件
Kenji Sunagawa

35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, July 3-7, 2013, Osaka, Japan

Kenji Sunagawa

The 2010 CSDS Conference, July 15-18, 2010, Fukuoka, Japan

Kenji Sunagawa

Satellite symposium “Impact of Bionic Approach in Managing Cardiac Diseases.” at the 75th AHA, November 18, 2002, Chicago, USA

Kenji Sunagawa

Satellite symposium “Impact of Bionic Approach in Managing Cardiac Diseases.” at the 74th AHA, November 11, 2001, California, USA

Kenji Sunagawa

Satellite symposium “Baroreflex Dysfunction, Failure and Its Bionic Treatment” at the 73rd AHA, November 12, 2000, New Orleans, USA

Kenji Sunagawa

Satellite symposium “Sympathetic Neurocirculatory Failure” at the 72nd AHA, November 7-10, 1999, Atlanta, USA

Kenji Sunagawa Satellite symposium “Bionic Cardiology” at the 71st American Heart Association (AHA), November 10, 1998, USA
Kenji Sunagawa COE International Symposium “Cardiac Function” February 8-9, 2001, Osaka, Japan
Kenji Sunagawa COE International Symposium “Circulatory homeostasis and its failure” February 19-20, 1998, Osaka, Japan
Kenji Sunagawa COE International Symposium “Chronic overload of cardiovascular system” February 27-28, 1997, Osaka, Japan
Kenji Sunagawa COE International Symposium “Cardiac Response to Mechanical Overload” February 27-28, 1996, Osaka, Japan
Kenji Sunagawa COE International Symposium “Integrative analysis of cardiovascular regulation” October 5, 1995, Osaka, Japan
報道40件
特許41件(国外20件)
発明者
出願人
名称
砂川賢二
  Cardiovascular disease therapy device(米国特許出願番号:61/161456)
2009
砂川賢二
  経皮的電気刺激による血圧安定化システム(PCT/JP2008/002922)

2008

 

砂川賢二
国立循環器病センター 超小型一体化心臓ペースメーカー及び分散心臓ペーシングシステム
2003
砂川賢二
国立循環器病センター
国立循環器病センター
宇宙開発事業団
日本宇宙フォーラム
心室容積連続自動測定装置(PCT/JP/09655)

2002

 

砂川賢二
国立循環器病センター 超小型一体化心臓ペースメーカー及び分散心臓ペーシングシステム(PCT/JP02/07972)

2002

砂川賢二
国立循環器病センター 生体調節機能代替を用いた治療用システムならびに該システムに基づくペーシングシステム、血圧調節システムおよび心疾患治療システム (PCT/JP02/07963)
2002
砂川賢二
502185412 生体調節機能代替を用いた治療用システム並びに該システムに基づく心臓ペーシングシステム、血圧調節システム及び心疾患治療用システム(国際公開WO2004/012814)
2000
砂川賢二
日本コーリン株式会社 心機能監視装置(公開番号2000-333911)
2000
砂川賢二
日本コーリン株式会社 心機能監視装置(公開番号2000-333910)
2000
最近の大型研究費獲得状況

厚生労働省 医薬品等審査迅速化事業費補助金 革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業 (2012〜2016)

文部科学研究費補助金 基盤研究S(2011〜2015)

科学技術振興調整費(健康研究成果の実用化加速のための研究開発システムの隘路解消を支援するプログラム)(2010〜2014)

先端医療開発特区(スーパー特区)概要

厚生労働科学省 医療機器開発推進研究事業(2008〜2012)

文部科学研究費補助金基盤研究(S)(2006〜2010)

文部科学研究費補助金基盤研究(A)(2003〜2005)

厚生労働科学研究費補助金身体機能解析・補助・代替機器開発研究事業(2003〜2007)

厚生労働科学研究費補助金萌芽的先端医療技術推進研究事業(2002〜2006)
NEDO健康安心プログラム(2000〜2005)
医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構(2000〜2005)
宇宙環境利用に関する公募地上研究フェーズU(2000〜2002)

▲ページの先頭へ戻る