文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

血管分子機能研究室

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 研究概要 主要なテーマと関連論文 主任研究者情報 研究室情報

主任研究者情報


市来 俊弘 研究教育活動等報告書データベース
昭和62年卒
市来俊弘 ●主な研究テーマ
  1. アンジオテンシンIIの血管作用の分子機構とアンジオテンシンII受容体の発現調節機構についての研究。
  2. 血管の老化や炎症の制御に関する研究。
  3. 低酸素シグナルが炎症・血管新生に果たす役割に関する研究。
●コメント

血管におけるアンジオテンシンII受容体の発現調節やアンジオテンシンの役割について細胞生物学的、あるいは分子生物学的な手法を用いて研究しています。特に細胞 内信号伝達のメカニズムと転写因子の役割に興味を持っています。

研究・教育歴
1987年 九州大学医学部卒業
1987年 九州大学医学部附属病院医員(研修医)
1989年 九州大学大学院医学系研究科内科系専攻
1993年 同上修了。医学博士
1993年 米国バンダービルト大学医学部生化学教室 Research AssociateおよびResearch Instructor
1995年 九州大学医学部附属病院循環器内科医員
1997年 九州大学医学部附属心臓血管研究施設非常勤研究員
1998年 九州大学医学部附属病院冠動脈疾患治療部助手
2004年 九州大学医学部講師(併任)
2006年 九州大学医学部附属病院冠動脈疾患治療部講師
2008年

九州大学大学院医学研究院先端心血管治療学講座客員准教授

2011年

同上教授

2014年

九州大学大学院医学研究院循環器内科学 共同研究員

受賞歴 
1993年 平和中島財団 海外留学助成金
1995年 アメリカ心臓病学会高血圧会議  F. Merlin Bumpus Memorial Award
2001年 平成13年度 成人血管病研究振興財団 岡本研究奨励賞
2002年 日本循環器学会YIA最優秀賞
2002年 日本高血圧学会YIA優秀賞
2003年 Irvine H. Page Research Award on Atherosclerosis for Yong Investigator, Finalist From the Council on Atherosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology of AHA
2004年 An honorable mention Poster Presentation Award from Gordon Research Conference on Angiotensin
2004年 日本心血管内分泌代謝学会 高峰譲吉研究奨励賞
2008年 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
所属学会 / 委員・学会役員
1987年〜 日本内科学会
1987年〜 日本循環器学会
2002年〜 日本心臓病学会
2000年〜 日本高血圧学会(評議員)
2001年〜 日本心脈管作動物質学会 (評議員)
2002年〜 アメリカ心臓病学会高血圧会議 (Fellow)
2002年〜 アメリカ生化学分子生物学会
2002年〜 日本心血管内分泌代謝学会
2002年〜 日本脈管学会
2005年〜 日本血管生物医学会(評議員)
2006年〜 日本動脈硬化学会(評議員)
編集・査読委員

Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology, Editorial Board (2005-)
査読:ATVB, Cardiovascular Research, Life Science, Hypertension Research, JMCC, FASEB J, Atherosclerosis, Circulation, Circulation Research,

最近の大型研究費獲得状況

基盤研究(C)(2005〜2006)

病態代謝研究助成金,代表(2006〜2007)
医科学応用研究財団平成18年度調査研究助成金,代表(2006)

基盤研究(C)(2007〜2008)

AstraZeneca Research Grant 2007(2007)

木村記念循環器財団研究助成(2007)

先進医薬研究振興財団 一般研究助成金(2008)

文部科学省科学研究費補助金基盤研究C(2010)

AstraZeneca Research Grant 2010(2010)

先進医薬研究振興財団 一般研究助成金(2010)

▲ページの先頭へ戻る