文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

心不全・心筋研究室

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 研究概要 主要なテーマと関連論文 主任研究者情報 研究室情報

研究概要


井手 友美の研究教育歴プロフィール

1995年九大医学部卒業。1997年九州大学医学部研究生として心不全と酸化ストレスにおけるに関する研究に従事し2001年学位取得(医学博士)。同年米国ペンシルバニア大学医学部ポスドクとして、Garret A FitzGeraldのもとで核内受容体とアラキドン酸代謝物のリガンドとしての役割について研究。2004年九州大学医学部循環器内科特別研究員を経て助手。心不全における酸化ストレスの役割特にミトコンドリアが果たす役割について研究中である。心疾患と酸化ストレスという病態を、ミトコンドリアとミトコンドリアDNAという細胞内オルガネラが果たす役割について、新たな治療戦略を提案している。2001年日本循環器学会YIA最優秀賞受賞。2001年Fellowship Award in Cardiovascular Medicine 受賞。2005年バイエル循環器病助成優秀賞受賞。2007年上原記念生命科学財団 研究奨励賞受賞。

心不全の病態と成因に関する研究

わが国においても欧米諸国同様、生活習慣病の増加、および高齢化の比率が高まるのに伴って、近年心血管病の発症は、増加の一途をたどっている。高齢化社会と、近年の技術的発達により、急性期の死亡は減少し、その多くが慢性心不全へと移行しているのが主な理由と考えられ、そのために、慢性心不全のメカニズムの解明および治療法の開発が、必要不可欠とされてきた。心不全の病態形成には、レニンーアンギオテンシン、アルドステロン、そして交感神経作用の亢進など、神経液性因子が関与し、それらが増悪因子となって心肥大・心筋リモデリングが進行し、最終的には非代償的に心筋の破綻が生じることが明らかであるが、本研究室では、その心不全の病態形成過程において、酸化ストレスが極めて重要な役割を果たしていることを示してきた(下図)。

ミトコンドリア電子伝達系と電子のながれ

生体内は、常にダイナミックなレドックス反応がおこっており、多量の酸素によってATPを産生する臓器である心筋では特に顕著となる。細胞内において、重要なエネルギー産生の場である、ミトコンドリア電子伝達系は、電気的勾配を利用して、主たる活性酸素の産生源でもある。
これまでも、酸素濃度が著しく上昇した場合や、呼吸鎖が遮断された場合、病態では特に炎症や虚血再環流時には、ADPも低下した状態で再酸化され、電子の流れが制限されてリークしやすくなる。その結果、スーパーオキサイドがComplex IおよびComplex IIIより産生される。このミトコンドリア電子伝達系由来の活性酸素産生は、心不全においても重要な役割を果たしており、これらを制御することが、心筋リモデリングの制御につながること、さらにその制御にかかわる鍵は、ミトコンドリアDNAであることを、一連の研究を通して明らかにしており、今後は、その治療への応用を目指している。

  1. 心不全におけるミトコンドリアDNA (mtDNA)障害と活性酸素産生
  2. 心不全におけるミトコンドリア転写因子A(Tfam)の役割に関する研究
  3. 迷走神経刺激による活性酸素制御メカニズムの解明

▲ページの先頭へ戻る