文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

高血圧・循環調節・自律神経機能研究室

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 研究概要 主要なテーマと関連論文 主任研究者情報 研究室情報

主要なテーマと関連論文


1. 基礎研究:高血圧や心不全における交感神経系活性化の機序解明及び治療戦略
2. 臨床研究:循環器疾患患者における血管内皮機能異常や血圧心拍変動周波数解析・動脈圧受容器反射機能測定による循環調節異常の解明及び治療法の開発
3. 大学の使命、軸を持った研究:最近の研究〜新たな展開へ

2. 臨床研究:循環器疾患患者における血管内皮機能異常や血圧心拍変動周波数解析・動脈圧受容器反射機能測定による循環調節異常の解明及び治療法の開発


竹下彰名誉教授が中心となって開発した、アセチルコリンを用いて静脈閉塞プレチスモグラフで測定する血管内皮機能評価法は、現在世界標準になっている。その方法を用いて、循環器疾患における内皮機能異常の重要性を世界に先駆けて証明し、その後の病態研究に道を開いた。特に、アンジオテンシン変換酵素阻害薬やスタチンによる内皮機能改善効果を示した成績や心不全患者の末梢循環異常におけるNOの役割を示した成績は、これら薬剤のpleiotropic effectをいち早く示唆した点で重要であり、近年の内皮機能異常改善が心血管病治療のバロメーターであるという概念提唱の基礎となった。
また、Rho-kinaseの活性化が高血圧患者や心不全患者における末梢循環異常に深く関与していることを明らかにした。高血圧患者における研究は高血圧における末梢血管抵抗増加にヒトでも深く関与していることを示唆する成績であり、数多くの研究者たちから引用されている。心不全におけるRho-kinaseの末梢循環における役割を初めて明らかにした研究はCirculation誌のIssue Highlightsでも取り上げられた。これらの成績は高血圧・心不全における末梢循環異常にRho-kinase活性化が重要な役割を果たしており、高血圧・心不全で活性化される神経体液性因子の下流Rho-kinaseが存在するため、新しい治療戦略として期待される。

動脈圧受容器反射機能はその重要性が再認識されてきている。したがって基礎から臨床へトランスレーションするための臨床研究を開始している。

関連業績(2000年以降で主なもの)
  1. Someya N, Endo MY, Fukuba Y, Hirooka Y, Hayashi N. Effects of a mental task on splanchnic blood flow in fasting and postprandial conditions. Eur J Appl Physiol 108:1107-1113, 2010.
  2. Hayashi N, Someya N, Maruyama T, Hirooka Y, Endo MY, Fukuba Y. Vascular responses to fear-induced stress in humans. Physiol Behav 98:441-446, 2009.
  3. Kishi T, Hirooka Y, Konno S, Sunagawa K. Cilnidipine inhibits the sympathetic nerve activity and improves baroreflex sensitivity in patients with hypertension. Clin Exp Hypertens 31:241-249, 2009.
  4. Hayashi N, Someya N, Hirooka Y, Koga S. Ambient temperature affects glabrous skin vasculature and sweating responses to mental task in humans. J Physiol Anthropol 27:227-231, 2008.
  5. Hirooka Y, Kimura Y, Sagara Y, Ito K, Sunagawa K. Effects of valsartan or amlodipine on endothelial function and oxidative stress after one year follow-up in patients with essential hypertension. Clin Exp Hypertens 30:267-276, 2008.
  6. Kishi T, Hirooka Y, Masumoto A, Ito K, Kimura Y, Inokuchi K, Tagawa T, Shimokawa H, Takashita A, Sunagawa K. Rho-kinase inhibitor improves increased vascular resistance and impaired vasodilation of the forearm in patients with heart failure. Circulation 111: 2741-2747, 2005.
  7. Inokuchi K, Hirooka Y, Shimokawa H, Sakai K, Kishi T, Ito K, Kimura Y, Takeshita A. Role of endothelium-derived hyperpolarizing factor in human forearm circulation. Hypertension 42: 919-924, 2003.
  8. Hirooka Y, Eshima K, Setoguchi S, Kishi T, Egashira K, Takeshita A. Vitamin C improves a attenuated angiotensin II-induced endothelium-dependent vasodilation in human forearm vessels. Hypertens Res 26: 953-959, 2003.
  9. Setoguchi S, Hirooka Y, Eshima K, Shimokawa H, Takeshita A. Tetrahydrobiopterin improves the impaired endothelium-dependent forearm vasodilation in patients with heart failure. J Cardiovasc Pharmacol 39: 363-368, 2002.
  10. Tagawa T, Hirooka Y, Shimokawa H, Hironaga K, Sakai K, Oyama J-I, Takeshita A. Long-term treatment with eicosapentaenoic acid improves exercised-induced vasodilation in patients with coronary artery disease. Hypertens Res 25: 823-829, 2002.
  11. Masumoto A, Hirooka Y, Hironaga K, Eshima K, Setoguchi S, Egashira K, Takeshita A. Effect of pravastatin on endothelial function in patients with coronary artery disease. Am J Cardiol 88: 1291-1294, 2001.
  12. Masumoto A, Hirooka Y, Shimokawa H, Hironaga K, Setoguchi S, Takeshita A. Possible involvement of Rho-kinase in the pathogenesis of hypertension in humans. Hypertension 38: 1307-1310, 2001.

1. 基礎研究:高血圧や心不全における交感神経系活性化の機序解明及び治療戦略
2. 臨床研究:循環器疾患患者における血管内皮機能異常や血圧心拍変動周波数解析・動脈圧受容器反射機能測定による循環調節異常の解明及び治療法の開発
3. 大学の使命、軸を持った研究:最近の研究〜新たな展開へ

▲ページの先頭へ戻る