文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

肺循環・右心不全研究室


サブメニュー 研究概要 主要なテーマと関連論文 主任研究者情報 研究室情報

主要なテーマと関連論文


  1. 基礎研究:肺高血圧症の病態解明、および新しい治療ストラテジーの確立
  2. 臨床研究:肺高血圧症と右心不全の早期診断法・治療法の確立

1. 基礎研究:肺高血圧症の病態解明、および新しい治療ストラテジーの確立

図1 肺高血圧症(特に、特発性肺動脈性肺高血圧症)は、(1)肺血管過収縮、(2)血管リモデリング、(3)微小血栓により肺小血管の狭小化がおこり、肺血管抵抗が上昇する。これまでヒト肺高血圧症患者を用いて多くの病理組織学的な多くの研究が行われたが、肝心のヒト肺高血圧症に類似した疾患モデル動物が存在しなかったため、病態解明は不可能であった。研究室主任は、2010年にヒト肺高血圧に類似した血行動態と病理組織像(求心性内膜過形成、plexiform病変)を経時的に再現する世界初の疾患モデルを報告した(図1)。この成果は、2011年米国胸部疾学会総会において、この分野の画期的な動物モデルとして研究室主任のインタビュー記事が報道され、世界中で使用されている。

図2当研究室では、この疾患モデル動物を用いて、(1)既存の肺血管拡張薬では十分に抑制できない過収縮因子、(2)腫瘍性増殖能を示す閉塞性リモデリング病変の増悪因子、(3)血栓などの凝固系に関与する因子の病態進展における役割を解明し、肺血管病変に対する新規治療法の確立を目指している(図2)。また、肺血管病変だけではなく、肺高血圧症末期におこる右心不全の増悪因子についても解明を進め、右心不全独自の治療法確立も目指している。


2. 臨床研究:肺高血圧症と右心不全の早期診断法・治療法の確立

当院肺高血圧症専門外来では、100名近くの患者をフォローしている。肺高血圧症の患者の予後改善のためには、肺高血圧と右心不全を早期診断が必須である。肺高血圧の程度に関しては、心臓超音波検査によりある程度評価可能となっているが、右心不全の評価法は未だ確立していない。当研究室では、心不全という病態において交感神経活動が異常に亢進していることに着目し、心臓交感神経シンチグラフィーを用いて肺高血圧症患者の右心室交感神経活動障害を画像的に評価している。本研究の成果は海外からにおいても注目を浴び、米国コロラド州で2年ごとに開催される肺高血圧症の主要な学会Grover conferenceの招待講演22題の1つに選出された。β遮断薬・ACE阻害薬といった薬物療法、陽圧酸素療法、リハビリといった左心不全で有効性とされている治療を右心不全に対しても検討するほか、新たな治療法確立を目指している。


関連業績(肺高血圧症・右心不全関連を抜粋)

論文

  1. Kunita-Takanezawa M, Abe K, Hirooka Y., Kuwabara Y, Hirano K, Oka M, Sunagawa K. Novel Dual Endothelin Receptor Antagonist Macitentan Reverses Severe Pulmonary Arterial Hypertension in Rats. J Cardiovasc Pharmacol. 2014. in press.
  2. Nagao M, Matsuo Y, Kamitani T, Yonezawa M, Yamasaki Y, Kawanami S, Abe K, Mukai Y, Higo T, Yabuuchi H, Takemura A, Yoshiura T, Sunagawa K, Honda H. Quantification of myocardial iron deficiency in nonischemic heart failure by cardiac t2* magnetic resonance imaging. Am J Cardiol. 15;113(6):1024-30, 2014.
  3. Abe K.  Noninvasive and accurate evaluation of cardiac output in patients with pulmonary hypertension.  Circ J. 23; 77(9): 2251-2, 2013.
  4. Toba M, Alzoubi A, O’Neill K, Abe K, Urakami T, Komatsu M, Järvinen TAH, Mann D, Ruoslahti E, McMurtry IF, Oka M. A novel strategy to selectively enhance pulmonary drug efficacy in pulmonary arterial hypertension. Am J Pathol. 184(2):369-75, 2014.
  5. Toba M, Alzoubi A, O’Neill K, Abe K, Gairhe S, Matsumoto Y, Oshima K, Oka M, McMurtry IF. Temporal hemodynamic and histological progress in Sugen5416/hypoxia/normoxia-exposed pulmonary arterial hypertensive rats.  Am J Physiol Heart Circ Physiol. 15;306(2):H243-50, 2014.
  6. Alzoubi A, Toba M, Abe K, O'Neill KD, Rocic P, Fagan KA, McMurtry IF, Oka M.  Dehydroepiandrosterone restores right ventricular structure and function in rats with severe pulmonary arterial hypertension.  Am J Physiol Heart Circ Physiol.  304(12):H1708-18, 2013.
  7. Abe K.  Do Electrocardiography Scores Predict the Presence of Right Ventricular Dysfunction in Patients with Pulmonary Hypertension?  Inter Med.2012;51(17):2261-2.
  8. Ota H, Beutz MA, Ito M, Abe K, Oka M, McMurtry IF.  S1P(4) receptor mediates S1P-induced vasoconstriction in normotensive and hypertensive rat lungs.  Pulm Circ.  1(3):399-404, 2011.
  9. Abe K, Toba M, Alzoubi A, Koubsky K, Ito M, Ota H, Gerthoffer W, Fagan KA, McMurtry IF, Oka M. Tyrosine Kinase Inhibitors are Potent Acute Pulmonary Vasodilators in Rats.  Am J Respir Cell Mol Bio. 45(4):804-808, 2011.
  10. Abe K, Toba M, Alzoubi A, Ito M, Fagan KA, Cool CD, Voelkel NF, McMurtry IF, Oka M.  Formation of plexiform lesions in experimental severe pulmonary arterial hypertension.  Circulation. 121(25):2747-2754, 2010.
  11. McMurtry IF, Abe K, Ota H, Fagan KA, Oka M.  Rho kinase-mediated vasoconstriction in pulmonary hypertension.  Adv Exp Med Biol. 661:299-308.  2010.
  12. Bogaard HJ, Abe K, Vonk Noordegraaf A, Voelkel NF.  The right ventricle under pressure: cellular and molecular mechanisms of right-heart failure in pulmonary hypertension.  Chest.  135(3):794-804. 2009.
  13. Jiang BH, Tawara S, Abe K, Takaki A, Fukumoto Y, Shimokawa H.  Acute Vasodilator Effect of Fasudil, a Rho-kinase Inhibitor, in Monocrotaline-Induced Pulmonary Hypertension in Rats.  J Cardiovasc Pharmacol. 49(2):85-89, 2007.
  14. Abe K, Tawara T, Oi K, Hizume T, Uwatoku T, Fukumoto Y, Kaibuchi K, Shimokawa H.  Long-Term Inhibition of Rho-kinase Ameliorates Hypoxia-Induced Pulmonary Hypertension in Mice.  J Cardiovasc Pharmacol. 48(6):280-285, 2006.
  15. Chapados R, Abe K, Elliot J, Ihida-Stunbery K, McKean D, Gates AT, Kern M, Merklinger S, Elliot J, Plant A, Shimokawa H, Jones PL.   ROCK controls matrix remodeling in pulmonary hypertension.  Circ Res.  99 (8): 837-844, 2006.
  16. Abe K, Morikawa K, Hizume T, Uwatoku T, Oi K, Seto M, Ikegaki I, Asano T, Kaibuchi K, Shimokawa H.  Prostacyclin Does Not Inhibit Rho-Kinase: An Implication for the Treatment of Pulmonary Hypertension.  J Cardiovasc Pharmacol. 120-124, 2005.
  17. Fukumoto Y, Matoba T, Ito A, Tanaka H, Kishi T, Hayashidani S, Abe K, Takeshita A, Shimokawa H  Acute vasodilator effects of a Rho-kinase inhibitor, fasudil, in patients with severe pulmonary hypertension.  Heart. 91: 391-392, 2005.
  18. Abe K, Shimokawa H, Morikawa K, Uwaoku T, Oi K, Matsumoro M, Hattori T, Nakashima Y, Kaibuchi K, Takeshita A.  Long-term inhibition of Rho-kinase improves monocrotaline-induced pulmonary hypertension in rats.  Cir Res. 385-393, 2004.

総説、その他

  1. 阿部 弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:今後期待される肺高血圧症治療薬の展望 呼吸器内科 10月号   2014.
  2. 阿部 弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:特発性肺動脈性肺高血圧症はどんな病気  Heart View 7月号  Vol.17, No.7 p24-29, 2013.
  3. 阿部 弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:肺高血圧症の成因  呼吸と循環 特集号 Vol.61, p1097-1103, 2013.
  4. 阿部 弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二:チロシンキナーゼ阻害薬の肺高血圧症治療薬としての展望 循環器内科 2013.
  5. 阿部 弘太郎:新しい肺高血圧症動物モデル  医学のあゆみ  Vol.240, No1, p24-30, 2012.
  6. 阿部 弘太郎、廣岡良隆、砂川賢二、江頭健輔:Small-vessel diseaseと肺高血圧症  循環器内科2月号  71(2): 119-124, 2012.
  7. 阿部 弘太郎:新しい肺高血圧症実験モデルからの知見  Cardiac Practice  Vol.24, No.1, p26-30, 2012.
  8. 阿部 弘太郎、岸 拓弥、廣岡 良隆、砂川 賢二:特発性間質性肺炎に伴う肺高血圧症に対してボセンタンが奏効した1例  モダンフィジシャン  Vol.32, p44-46, 2012.
  9. 阿部 弘太郎「シリーズ: 肺高血圧症の診断Pitfall No.3」2012.
  10. 阿部 弘太郎:新しい肺高血圧症動物モデル  別冊・医学のあゆみ  p24-30, 2012.

ガイドライン和訳監修

  1. 阿部 弘太郎、田村 雄一、田邊 信宏:肺高血圧症ニースガイドライン2013版(日本呼吸器学会)

主な招待講演・特別講演(平成25,26年度から抜粋)

  1. 第56回日本平滑筋学会総会(平成26年8月8日、東京)
  2. 阿部 弘太郎(シンポジウム)重症肺高血圧症モデル動物におけるRhoキナーゼ阻害による肺血管拡張効果の検討

  3. 第35回日本循環制御医学会総会(平成26年7月4日、福岡)
  4. 阿部 弘太郎(教育セッション)肺高血圧症と右心機能

  5. University of South Alabama, Research in Progress in Center for Lung Biology (May 16, 2014, Mobile, Alabama, USA )
  6. Abe K. (Invited Lecture) Can hemodynamic unloading reverse complex occlusive lesions in severe PAH?

  7. 第8回回全国PH大会(平成26年5月25日、東京)
  8. 阿部 弘太郎 IPAHの最新の治療法

  9. 三重大学 第3回分子循環器研究会(平成26年5月26日、三重)
  10. 阿部 弘太郎(特別講演)肺高血圧症の最新の治験〜基礎から臨床へ〜

  11. 第20回日本小児肺循環研究会(平成26年2月1日、東京)
  12. 阿部 弘太郎(教育講演)肺動脈性肺高血圧症の閉塞性増殖性血管病変の進展機序

  13. 福岡大学 七隈肺高血圧症講演会(平成25年11月25日、福岡)
  14. 阿部 弘太郎(特別講演)肺高血圧症の診断および治療

  15. 久留米大学 心臓・血管先端医療セミナー(平成25年11月15日、福岡)
  16. 阿部 弘太郎(特別講演)ヒト肺高血圧症に類似した病理組織像と血行動態をもつ世界初の疾患動物モデル
  17. 第1回日本肺高血圧症学術集会(平成25年10月13-14日、東京)
  18. 阿部 弘太郎(パネルディスカッション)ヒト肺高血圧症に類似した病理組織を示す疾患モデルからの知見
    阿部 弘太郎(プレナリーセッション)成人発症型末梢性肺動脈狭窄症の診断と治療

  19. みんなの笑顔を肺高血圧症に(市民公開セミナー)(平成25年9月29日、福岡)
  20. 阿部 弘太郎(特別講演)循環器内科であつかう肺高血圧症〜原因不明なものと血栓塞栓によるもの〜

  21. 先天性心疾患談話会(平成25年9月21日、福岡)
  22. 阿部 弘太郎(特別講演)先天性心疾患に伴う肺高血圧症の病態および薬物治療

  23. Grover Conference 2013 (Sep 4-8, 2013, Sedalia, CO)
  24. Abe K. (Invited Lecture) Assessing Activity of the Adrenergic System Using MIBG.

  25. IEEE EMBC 2013 (July 3-6, 2013, Osaka, Japan)
  26. Abe K.(Special Session) Pathophysiology of Pulmonary Hypertension.
    Abe K.(Luncheon) How to Diagnose and Treat Pulmonary Hypertension.

  27. 東海大学 伊勢原肺高血圧症講演会(平成25年6月25日、神奈川)
  28. 阿部 弘太郎(特別講演)当院における肺高血圧症専門外来での取組み

  29. 第42回大阪呼吸・循環研究会(平成25年3月21日、大阪)

    阿部 弘太郎(特別講演)疾患モデルを用いた肺高血圧症の新しい病態機序の解明

主な国内外学会での発表(平成25,26年度から抜粋)

  1. 2014 American Thoracic Society International Conference (May 18-23, 2014, San Dieg, USA)
  2. Abe K, Shinoda M, Kuwabara Y, McMurtry IF, Hirooka Y, Oka M, Sunagawa K. Occlusive Vascular Remodeling is a Consequence of Hemodynamic Stress in Rats with Severe Pulmonary Arterial Hypertension.

  3. 第54回日本呼吸器学会学術講演会(平成26年4月25-27日、大阪)
  4. 阿部 弘太郎、廣岡 良隆、砂川 賢二:肺高血圧症における右室交感神経活動障害は、右心機能障害に比例する

  5. 第78回日本循環器学会総会(平成26年3月21-23日、東京)
  6. Abe K, Sakamoto I, Yamamura K, Ishikawa S, Kishi T, Koike G, Hirooka Y, Sunagawa K. Triple Combination Therapy of Pulmonary Vasodilators Failed to Improve Hemodynamic Parameters of Severe Pulmonary Hypertension in Adult Congenital Heart Disease.
    Abe K, Nagao M, Hirooka Y, Sunagawa K. RV sympathetic dysfunction parallels RV performance in patients with pulmonary arterial hypertension.
    Abe K, Oka M, Shinoda M, Kuwabara Y, McMurtry IF, Hirooka Y, Sunagawa K. Left Unilateral Pulmonary Artery Banding Prevents the Development of Plexogenic Arteriopathy in Rats with Severe Pulmonary Arterial Hypertension.

  7. ET-13(Sep 8-11, 2013, Tokyo, Japan)
  8. Abe K, Kunita M, Hirooka Y, Kuwabara Y, Hirano K, Sunagawa K. Chronic Treatment with Novel Endothelin Receptor Antagonist Macitentan Improved Severe Pulmonary Arterial Hypertension in Rats

  9. 2013 American Thoracic Society International Conference (May 18-23, 2013, Philadelphia, USA)
  10. Abe K, Kunita M, Hirooka Y, Kishi T, Kuwabara Y, Hirano K, Sunagawa K. Long-term Treatment with Novel Endothelin Receptor Antagonist Macitentan Markedly Attenuated Severe Pulmonary Hypertension with Angioproliferative Occlusive Lesions in Rats.

  11. 第77回日本循環器学会総会(平成25年3月15-17日、横浜)
  12. Abe K, Hirooka Y, Oka M, McMurtry IF, Sunagawa K.  Vasoconstriction is an important therapeutic target in severe pulmonary arterial hypertension.

  1. 基礎研究:肺高血圧症の病態解明、および新しい治療ストラテジーの確立
  2. 臨床研究:肺高血圧症と右心不全の早期診断法の確立

▲ページの先頭へ戻る