文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

血管分子病態医学・トランスレーショナルリサーチ研究室

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 研究概要 主要なテーマと関連論文 主任研究者情報 研究室情報

主任研究者情報


江頭 健輔 研究教育活動等報告書データベース
昭和56年卒
江頭健輔 ●主な研究テーマ

動脈硬化性疾患の分子機序解明を基盤とする分子細胞標的治療法の研究開発と臨床への橋渡し(トランスレーショナルリサーチ)

  1. 抗炎症(抗MCP-1、抗NF-κB)療法による難治性循環器疾患のトランスレーショナルリサーチ
  2. ナノ医工学融合による先端ナノ医療の創製と臨床応用
●コメント
「臨床に視点を置いた基礎研究」の成果を基盤として世界に通用する新しい診断・治療法の研究開発(知を創る研究)を目指しています。「我が国発」「世界標準」の革新的次世代医療の実用化によって知を活用する社会貢献につながることを期待します。
平成18年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)受賞
研究・教育歴
1981年 九州大学医学部卒業
1981年 九州大学医学部附属病院医員(研修医)(循環器内科)
1981年 九州大学医学部研究生(心臓血管研究施設)
1985年 九州大学医学部附属病院医員(循環器内科)
1985年 九州厚生年金病院医員
1986年 九州大学医学部附属病院医員(循環器内科)
1987年 米国ハーバード大学医学部留学Beth Israel病院循環器科研究員(W.Grossman教授)
1990年 九州大学医学部附属病院医員(循環器内科)
1992年 九州大学医学部附属病院助手(循環器内科)
1994年 九州大学大学院医学系研究科併任講師(循環器内科)
1995年 九州大学医学部附属病院講師(循環器内科)
2007年 九州大学大学院医学研究院循環器内科学准教授
2011年 九州大学医学研究院 循環器病先端医療研究開発学 講座 教授
2015年 九州大学循環器病未来医療研究センター 
循環器病先端医療研究開発学部門教授
現在に至る。
受賞歴 
2006年 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門
2005年 第18回大学勤務医福岡県医師会長賞
2003年 日本医師会医学研究助成費
2003年 日本遺伝子治療学会第3回Journal of Gene Medicine(JGM)賞
2001年 日本高血圧学会 Hypertension Research-Novartis賞
2001年 日本心臓財団日本循環器学会 佐藤賞
1995年 成人血管病研究振興財団 若手研究者研究奨励賞
1995年 日本循環器学会Cardiovascular Pharmacotherapy International Symposium(CPIS)賞
1993年 循環器病研究振興財団第一回バイエル循環器病1等賞
1993年 日本動脈硬化学会若手研究者奨励賞(最優秀賞)
1986年 日本循環器学会Young Investigator Awards(優秀賞)
所属学会 / 委員・学会役員
日本循環器学会 (評議員、FJCS:2001年〜)
日本動脈硬化学会(評議員:1998年〜、編集委員:1999年〜、YIA選考委員:1999〜2003年)
日本高血圧学会(評議員:2001年〜、特別正会員(FJSH):平成2003年〜)
日本血管生物医学会(理事:2006年〜, 2007年学会長)
AHAフェロー(2000年〜)
ESCフェロー(2003年〜)
編集・査読委員

Arterioscler Thromb Vasc Biol:Editorial Board
Hypertension: Editorial Board
Circulation Journal: Editorial Board
分子心血管病:編集委員(2004年〜)
血管医学:編集委員(2004年〜)

会議基調・招待講演 (国際57件、国内931件)
American Heart Association’s Scientific Sessions (Nov.11-14, 2001, Anaheim, CA) Egashira K: Gene therapy targeting the vascular wall. (Special Session)
Workshop on Inflammation and Oxidative Stress in the Cardiovascular System and their Role in the Pathophysiology of Hypertension, Cardiovascular Disease, and Renal Disease. (Sep.25, 2002, Orland, USA) Egashira K: Molecular Mechanisms Mediating inflammation in Cardiovascular Tissues-Special Reference to MCP-1-
XVIII World Congress of the International Society for Heart Research (August 9 2004, Australaria) Egashira K: Anti-inflammation therapy targeting monocyte chemoattractant protein-1,as novel strategy to treat cardiovascular disease.(Symposium)
The 78th Scientific Sessions of American Heart Association(Nov.13-16,2005, Dallas) Egashira K: Angiotensin II and Inflammation(Cardiovascular Seminars: Angiotensin II and Pathobiology of Vascular Disease: A New Insight)
XIV International Symposium on Atherosclerosis(June, 22, 2006, Rome)Egashira K:Stent-based local delivery of nuclear factor-kB decoy attenuates in-stent restenosis in hypercholesterolemic rabbits. (Symposium)
The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension(October, 18 ,2006, Fukuoka)Egashira K: Vascular endothelial growth factor is essential in vascular response to injury by functioning as “a pro-inflammatory factor” (Symposium)
第7回日本心血管内分泌代謝学会総会(2003年11月21日、札幌)炎症のニューパラダイムー炎症制御による抗MCP-1療法―(Evening Seminar)
第27回日本高血圧学会(2004年10月7日、栃木) 高血圧性血管傷害における白血球MCP-1受容体CCR2の重要性―炎症のニューパラダイム ―(シンポジウム)
第45回日本脈管学会(2004年10月29日、札幌)動脈硬化の最前線−基礎から臨床−「炎症制御による次世代遺伝子溶出型ステントの創製(シンポジウム)
第69回日本循環器学会総会(2005年3月、神奈川)Bone marrow-derived monocyte chemoattractant protei-1 receptor CCR2 is critical in angiotensin II-induced vascular remodeling and atherosclerotic process(プレナリーセッション・シンポジウム)
第69回日本循環器学会総会(2005年3月、神奈川)Local Gene Transfer via Gene-Eluting Stents for Prevention of Restenosis: An Anti-inflammation Strategy for Next-Generation Intravascular Therapy(シンポジウム)
第37回日本動脈硬化学会総会(2005年7月14日、東京)抗炎症療法による動脈硬化性プラークの進行・不安定化の抑制−基礎研究成果の臨床応用を目指して−(シンポジウム)
第28回日本高血圧学会(2005年9月15日、旭川) 抗炎症療法は臓器保護につながるか?−高血圧性臓器障害における炎症の重要性−(基礎シンポジウム)
日本心臓病学会(2006年9月26日、鹿児島) 臨床医のための動脈硬化:抗炎症による動脈硬化性疾患治療のトランスレーショナルリサーチ(招待講演)
第70回日本循環器学会総会(2007年3月15日、兵庫) Sustained intracellular delivery of nanoparticles in porcine coronary arteries from a bioabsorbable polymeric nanoparticle-eluting stent(プレナリーセッション)
第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会(2007年7月13日、大阪)血管内皮細胞標的化ナノDDSステントを用いたスタチン局所デリバリーによる低侵襲治療的血管新生療法の開発(ジョイントシンポジウム)
国際会議主催 1件
第15回日本血管生物医学会 2007年11月29-30日
報道14回
特許19件(国外9件)
「肺高血圧症予防・治療剤」特開2002-047203
「薬剤放出ステント」特開2004-267368
「核酸化合物封入膜ナノ粒子を含む経肺投与用医薬製剤」特開2007-119396
「薬物溶出型ステント及びその製造方法」特願2006-******
科学研究費補助金(文部科学省、日本学術振興会、代表のみ)
萌芽研究, 2007年度, 医工・ナノ融合の吸入ナノテクDDSによる重症肺高血圧症に対する画期的次世代治療法
基盤研究(B), 2007年度〜2008年度, 未来医療を拓く我が国発世界標準の生体完全吸収性ナノテクDDS制御ステントの開発
萌芽研究, 2006年度,難燃性マグネシウムをプラットホームとする世界初の生体完全吸収性ステントの開発
萌芽研究, 2003年度,ケモカインを用いた内皮前駆細胞動員制御による次世代治療的血管新生療法-SDF-1αによる内皮前駆細胞の動員と血管新生作用-
基盤研究(A), 2002年度〜2004年度,代表,再狭窄・動脈硬化に対する炎症制御による新しい遺伝子治療法の探索研究
萌芽研究, 2002年度,再狭窄・動脈硬化の成因における血管新生因子(VEGF)の役割の解明
科学技術振興調整費 (文部科学省), 2002年度〜2004年度,代表,難治性心血管病治療用カテーテルの開発

21世紀COE拠点形成プログラム
研究拠点形成費補助金(21世紀COE) (文部科学省), 2002年度〜2007年度,メンバー,大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育?久山型研究を応用した日本人特有の発症因子の解明と先端医療の開発-
厚生労働科学研究費など(代表のみ)
厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省) 医療機器開発推進研究事業,2007年度〜2009年度, 先端技術(医・工・薬・ナノ)融合のインテリジェントナノDDS制御技術開発に基づく低侵襲血管内医療システム(分子標的医薬溶出・生体吸収性ステント etc)の創製と臨床応用
厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省)基礎研究成果の臨床応用推進研究事業, 2004年度〜2006年度,動脈硬化病変(再狭窄、不安定プラーク)に対する画期的 血管内治療システムの創製―霊長類モデル作製から臨床応用まで―
厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省)基礎研究成果の臨床応用推進研究事業, 2002年度〜2004年度,冠インターベンション後再狭窄に対する国産コーティングステントの開発と臨床応用
医薬品機構, 2001年度〜2005年度,NFkBデコイを応用した血管再狭窄・動脈硬化治療法に関する基礎および臨床研究
民間財団の研究費(代表のみ)
上原生命科学財団、研究助成金、2006年、ナノテクノロジーによるドラッグ・デリバリー・システム(ナノテクDDS)による動脈硬化性疾患に対する画期的治療法開発
武田科学振興財団, 2006年度,動脈硬化病変(再狭窄、プラーク不安定化)の分子機序における血管新生因子の役割解明とナノテクデリバリーシステムによる新しい治療法探索
福田記念医療技術振興財団, 2006年度,難燃性マグネシウムをプラットホームとする世界初の生体完全吸収性遺伝子溶出ステントの開発
代謝異常治療研究基金, 2006〜2007年度,難燃性マグネシウムをプラットホームとする世界初の生体完全吸収性遺伝子溶出ステントの開発
循環器病研究振興財団, 2005年度,単球選択的機能抑制による動脈硬化病変の画期的治療法開発 ナノカプセルによる選択的単球ターゲティングの探索研究
医科学応用研究財団 2005年度,生体吸収性材料を用いた遺伝子溶出ステントの創製と臨床応用-動脈硬化性病変(再狭窄、不安定プラーク)に対する画期的血管内治療の開発
先進医薬研究振興財団 循環医学研究助成, 2005年度,ナノ・ドラッグ・デリバリー・システムによる難治性心血管病に対する画期的治療法開発
代謝異常治療研究基金研究助成金, 2004年度,血管内皮細胞再生誘導による国産コーティングステントの開発と臨床応用
代謝異常治療研究基金財団助成金、2000〜2002年、動脈硬化に対する抗MCP-1遺伝子治療法の開発-変異型MCP-遺伝子導入による血管病変の進展抑制

▲ページの先頭へ戻る