文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

血管分子病態医学・トランスレーショナルリサーチ研究室

このページの英語バージョンへ

サブメニュー 研究概要 主要なテーマと関連論文 主任研究者情報 研究室情報

研究室情報

研究室在籍メンバー

的場 哲哉 講師
中野 覚 循環器病未来医療研究センター 
循環器病先端医療研究開発学部門 准教授
古賀 純一郎 循環器病未来医療研究センター 学術研究員
池田 源太郎 循環器病未来医療研究センター 学術研究員
石北 綾子 循環器内科大学院4年生
市村 研三 循環器内科大学院3年生
徳留 正毅 循環器内科大学院3年生
毛 雅晶 循環器内科大学院3年生
本田 勝也 循環器内科大学院2年生
梅津 隆太 循環器内科大学院1年生
岡原 有秀 循環器内科大学院1年生
藤原 礼宜 循環器内科大学院1年生
岩田 英子  
安部 華織  
片岡 希美  
阿部 紗都美  

研究業績総数

2007年5月現在:
英文原著総数:239編
(N Engl J Med, The Lancet, J Clin Invest, Faseb J, Circulation, Circulation Res etc.)Impact Factor総数:1567.942 平均Impact Factor:7.396/論文 Impact Factorが5以上の論文数:139編 10以上の論文数:60編
論文被引用総数:7,215
平均被引用数:35/論文 被引用数が100以上の論文数:14編  200以上の論文数:5編 被引用数が高い論文:469回 Reduction in serum cholesterol … Circulation 89, 2519, 1994 314回 Evidence of impaired patients … N Engl J Med 328, 1659-64, 1993
詳しくは、九大 研究者情報の業績へ

受賞

北本史朗 2000年10月 第23回日本高血圧学会、Young Investigators Awards優秀賞「Role of Nuclear Factor-κB and monocyte chemoattractant protein-1 in cardiovascularremodeling indeed by chronic inhibition of nitric oxide synthesis in rats.」
竹本真生 2001年6月 American College of Cardiology 50th Annual Scientific Session, Young Investigators Awards、First place 「Inhibition of angiotensin II-induced cardiac hypertrophy by statins」
趙 慶偉 2004年3月、東京 第68回日本循環器学会学術集会、国際留学生YIA賞 「Essential Role of Vascular Endothelial Growth Factor in Neointimal Hyperplasia after Perivascular Injury」
北本史朗 2004年7月、福岡 第36回日本動脈硬化学会、若手研究者奨励賞 「Cholesterol-lowering independent regression and stabilization of atherosclerotic lesions by pravastatin in nonhuman」 Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2004; 24:1522-1528.
石橋美奈子 2004年10月、宇都宮 第27回日本高血圧学会 YIA賞 「Critical Role of Monocyte Chemoattractant Protein-1 Receptor CCR2 on Monocytes in Hypertension-Induced Vascular Inflammation and Remodeling」 Circulation Research 2004;94:1203-1210.
大谷規彰 2005年9月、旭川 第28回日本高血圧学会 YIA賞 「Blockade of vascular endothelial growth factor suppresses experimental restenosis after intraluminal injury by inhibiting recruitment of monocyte lineage cells」Circulation 2004;110(16): 2444-52.
大谷規彰 2006年、3月、名古屋 第70回日本循環器学会Young Investigator’s Award 最優秀賞 「Blockade of vascular endothelial growth factor suppresses experimental restenosis after intraluminal injury by inhibiting recruitment of monocyte lineage cells」Circulation 2004 ;110: 2444-52.
古賀純一郎 2006年11月、アメリカ Scientific Sessions 2006 of the American Heart Association ATVB Merit Awards for Young Investigators 「An Essential Role of Angiotensin II Type 1 Receptor in the Recipient Arterial Wall, Not in Bone Marrow, in the Pathogenesis of Angiotensin II-Induced Atherosclerosis」Circulation. 2006;114(Suppl. II) :II-213.
古賀純一郎 2006年11月、アメリカ Scientific Sessions 2006 of the American Heart Association Finalist for the Scientific Sessions 2006 Poster Competition in Basic Science 「An Essential Role of Angiotensin II Type 1 Receptor in the Recipient Arterial Wall, Not in Bone Marrow, in the Pathogenesis of Angiotensin II-Induced Atherosclerosis」Circulation. 2006;114(Suppl. II) :II-213.
古賀純一郎 2007年9月、アメリカ
The 61st Annual High Blood Pressure Research Conference 2007 New Investigator Travel Award for Japanese Fellows
「VEGF accelerates neointima formation through flk-1 after wire injury in flt-1 tyrosine kinase-deficient mice.」 Hypertension. 2007;50(4):e75-e155

木村聡 2007年12月、大分
第103回日本循環器学会九州地方会Young Investigator’s Award最優秀賞およびTravel grant
「ナノ粒子を用いたメシル酸イマチニブ(STI571)細胞内送達は静脈グラフト新生内膜肥厚を抑制する」

獲得研究費

中野覚:科学研究費補助金(若手研究(B))「ナノテク・デリバリー・システムを用いた脳梗塞に対する画期的遺伝子治療戦略の構築」(2006-2007)
中野覚:財団法人医療機器センター 外国への日本人研究者派遣事業(基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業)「動脈硬化病変(再狭窄、不安定プラーク)に対する画期的血管内治療システムの創製 -霊長類モデル作製から臨床応用まで-」(2005-2006)
日浅謙一:科学研究費補助金(若手研究(B))「ナノテク・ドラッグ・デリバリーによる難治性血管病に対する画期的ナノ治療法開発」(2006-2007)
日浅謙一:21世紀COEプログラム「大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育」若手研究者研究活動経費「遺伝子溶出型ステントによるステント内再狭窄治療システムの創製-臨床応用を目指した基礎研究-」(2005)
塩瀬明:科学研究費補助金(基盤研究(C))「ナノ・ドラッグデリバリーシステムを用いた静脈グラフト不全に対する新しい治療戦略」(2006-2007)
趙鋼:21世紀COEプログラム「大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育」若手研究者研究活動経費「動脈硬化病変に対する画期的血管内治療システムの創製 -臨床応用を目指した基礎研究-」(2004)
船越公太:21世紀COEプログラム「大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育」若手研究者研究活動経費「ナノテクノロジーを基盤としたドラッグ・デリバリー・システム(ナノテクDDS)によるステント内再狭窄に対する新しい治療戦略」(2006)
木村聡:21世紀COEプログラム「大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育」若手研究者研究活動経費「ナノテクノロジーを基盤としたドラッグ・デリバリー・システム(ナノテクDDS)による静脈グラフト不全に対する新しい治療戦略」(2006)
木村聡:21世紀COEプログラム「大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育」若手研究者研究活動経費「先端技術融合の吸入ナノDDS制御技術開発に基づく重症肺高血圧症に対する革新的低侵襲吸入医療システムの創製と臨床応用」(2007)
古賀純一郎:21世紀COEプログラム「大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育」若手研究者研究活動経費「ナノテクノロジーによるドラッグデリバリーシステム(ナノテクDDS)による動脈硬化性疾患に対する画期的治療法開発」(2007)
的場哲哉:科学研究費補助金(若手研究(B))「動脈硬化プラーク破綻におけるマクロファージ・アポトーシスの役割解明と治療法」(2007-2008)

▲ページの先頭へ戻る