文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

病名とその治療法について

pdf症例登録に際しての倫理審査に関して(PDF)


サブメニュー 虚血性心疾患 心不全 不整脈 高血圧症 肺高血圧症 その他の病気 治療抵抗性高血圧 心房中隔欠損症

高血圧症


Q
そもそも、血圧が高いとなぜいけないのですか?
 

問診高血圧に関係する主な生活習慣は、塩分のとり過ぎです。塩分をとり過ぎると体液が増え、またそれを排せつしようとして血圧が上がります。血圧が高い状態が続くと、脳・心臓・腎臓などの血管を傷めて重大な障害を起こしやすくなります。


Q
高血圧症とは、どのような病気ですか?
  正常者の平均値よりも常に血圧が高い状態を「高血圧症」といいます。 高血圧の状態が続くと、体に弊害が多く出てきます。高血圧症を治すためには、食生活の改善など、ライフスタイルの見直しが大切です。
どのような検査が行われますか?
まず、血圧を測ります。世界保健機関の基準では、140/90mmHg以上をすべて高血圧症としています。また、本態性の高血圧なのか、二次性のものなのかの検査や、高血圧による合併症がないかを調べる検査も行います。
どのような治療が行われますか?
高血圧の状態が持続すると、各臓器の血管が脆くなり、動脈硬化の進行が促されます その結果、脳卒中・心臓病・腎臓病などの発症率が高くなってきます。現在、様々な特徴をもつ多くの種類の降圧薬があり、当科では高血圧治療ガイドラインに準じて、一人一人に適切な組み合わせの降圧薬による治療も行っています。

Q
腎動脈狭窄とは、どのような病気ですか?
  腎動脈狭窄とは、動脈の瘢痕形成により、腎臓に行く動脈が狭まったり詰まったりすることで、アテローム性塞栓性腎疾患により腎動脈が狭まった時に起こります。第二の原因は、繊維性筋性疾患です。これは若い女性に多く、繊維性の組織が腎動脈の壁の中で成長してこれを狭めるものです。また、急性の動脈閉塞や腎臓に外傷を受けた後に腎動脈内に瘢痕組織が形成された場合にも起こります。
続きを読む ≫
どのような検査が行われますか?
血圧が高く、難治性の高血圧の病歴があることがあります。腎臓の上を聴診器で聞くと雑音が聞こえることがあります。
続きを読む ≫
どのような治療が行われますか?
症状の範囲や程度によって治療は異なります。
続きを読む ≫


▲ページの先頭へ戻る