文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

病名とその治療法について

pdf症例登録に際しての倫理審査に関して(PDF)


サブメニュー 虚血性心疾患 心不全 不整脈 高血圧症 肺高血圧症 その他の病気 治療抵抗性高血圧 心房中隔欠損症

虚血性心疾患(狭心症と心筋梗塞)


Q
虚血性心疾患(動脈硬化、狭心症と心筋梗塞)とは、どのような病気ですか?
 

虚血性心疾患とは、冠動脈に血行障害がおこり、心筋への酸素、エネルギーの需給バランスがくずれてしまうためにおこる疾患(動脈硬化、狭心症、心筋梗塞)の総称です。
冠動脈が詰まる主な原因は、動脈硬化です。血管の内膜に血液中のコレステロールがたまると、次第にアテロームというブヨブヨした塊となって盛り上がってきます。これが動脈硬化です。
冠動脈の動脈硬化が進行すると、血液が流れにくくなり血液が十分に行き渡らず、階段を登った時などに胸が苦しくなります。これが狭心症です。狭心症には2種類あり、

  1. 動脈硬化によって生じる労作性狭心症
  2. 血管のけいれん(スパスム)によって生じる冠攣縮(かんれんしゅく)性狭心症
があります。いずれの場合も、締め付けられるような圧迫感を伴う胸の痛みがあり、15分ほどで収まらない場合心筋梗塞の疑いがあります。これらのサインを逃さずに受診することが必要です。
さらに何らかの原因でアテロームを覆っていた膜が破れると、その部分を修復するために血栓ができます。この血栓が冠動脈を完全にふさぐと、血管が詰まって虚血状態になり組織が死んでしまう、これが心筋梗塞です。心筋梗塞は、その障害部位によっては命に関わる疾患です。非常に強い痛みが続いた場合、緊急処置が必要なことがあります。当院では、救命救急センターで24時間急患対応をしています。

虚血性心疾患


Q
どのような検査が行われますか?
 

心筋シンチグラフィー、カテーテルによる冠動脈造影、アセチルコリンによる攣縮の誘発、MDCT(マルチスライスCT)による検査が行われます。また、主に血管を広げ、血小板の凝集を抑える薬物療法が使われます。


Q
どのような治療が行われますか?
 

冠動脈のけいれんで起こる安静時狭心症では、けいれんを抑えるため薬物療法が使われます。薬物療法には、発作を鎮めることと、発作が起こるのを防ぐこと、の2つの目的があります。発作を鎮める薬は、ニトログリセリンなどの硝酸薬を常に携帯し、発作が起きたときに一時的に使用し、長期間服用し続けます。その他、「β遮断薬」「カルシウム拮抗薬」「ACE阻害薬」「スタチン」等、よく耳にする薬があります。
狭窄が重い場合にはカテーテル治療や、心臓外科によるバイパス手術が選択されます。

▲ページの先頭へ戻る