文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

検査と治療について

サブメニュー 最初の検査 検査の種類 治療の種類

最初の検査


循環器内科とは、いいかえれば心臓と血管を専門に診る内科です。大きく、冠動脈に問題があることで生じる虚血性心臓病、心臓の働きそのものに問題がある心不全、不整脈、大血管、肺循環に分けられます。ここでは、病名別にどのような検査、診療が行われるか簡単にご紹介します。

Q
病院に行ったら、どのような検査をするのですか?
 

問診まず問診と診察から始めます。いつから、どのような症状が続くか、どのくらいの程度で生じているのか等について詳しくお聞きします。他院で治療を受けられたことがある方は、その内容や現在服用されているお薬(又はお薬手帳)をお持ちください。
次に、血液検査、胸部X線写真、心電図検査を行います。心臓に異常が起こっていないか、心筋にダメージが残っていないか、不整脈の有無をある程度判断することができます。次のページで九大病院で行っている検査について、ご紹介します。


▲ページの先頭へ戻る