文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
教室について

検査と治療について

サブメニュー 最初の検査 検査の種類 治療の種類

検査の種類


Q
心臓の異常がみられたら、どのような検査をするのですか?
  九州大学では、心臓血管の異常を確認するため、次のような検査を行います。
■心電図検査(ECG)、ホルター心電図検査(24時間心電図)
心臓の電気的活動を記録することで、原因となっている心疾患を検出できます。失神や動悸の原因を決定するには連続的な心電図検査が必要となる場合があります。この検査では、電池で動く小型の装置(ホルター心電計)を24時間装着します。ホルター心電計は、普通に日常生活をしているときの心臓の電気的活動を、24時間以上記録します。
■心エコー検査(心臓超音波検査)

超音波によって心臓の状態を映し出し、実際に動いている状態をみます。心臓の機能、心室の大きさや、弁や逆流の状態、血栓の有無などを調べることができます。検査は、ハートセンター内にある心エコー室にて行います。検査そのものに要する時間は10~30分程度です。

心エコー検査(心臓超音波検査)
■トレッドミル運動負荷試験

運動能力の測定や胸に12誘導心電図を装着して、運動時の心電図変化を観察します。
運動して狭心症が起きやすい状態にして、その変化をみることで、狭心症の診断に用いたり、また、不整脈の診断にも有用なことがあります。

トレッドミル運動負荷試験
■CPX(心肺運動負荷テスト)

トレッドミルやエルゴメータ(自転車)を用いて、運動負荷中の心電図および呼気ガス分析を行います。
この検査によって、運動能力を制限している因子が何であるか、肺、心臓、筋肉の働きを総合的に評価します。

CPX(心肺運動負荷テスト)
■心筋シンチグラフィー
放射線医薬品を注射して、冠動脈が心筋にどのように血液を送っているか、心筋の障害がないかカメラで撮影します。
■カテーテル検査
カテーテルと呼ばれる直径約2ミリの細い管を手や腕、足の付け根から冠動脈まで送り込んで造影剤を投入し、エックス線撮影をして冠動脈や血管の状態をみます。カテーテル検査は血管に管を入れるため、体への負担が大きく入院が必要となることもあります。
カテーテル検査
■心筋生検
心筋の筋肉に問題がある場合、その組織の一部を取ってきて原因を調べる目的で行います。
■電気生理検査・心内マッピング
不整脈の原因を見るために、電極カテーテルを使って心臓の電位、原因となってい る異常な電気の通り道を見つけるために行います。
電気生理検査では、両方の足の付け根から(ときに首や鎖骨の下)局所麻酔をしてカテーテルを入れ、X線透視でテレビに映して場所を確認しながら心臓に進めます。数本のカテーテルを心臓のそれぞれの場所に置いて心臓を刺激して洞結節や房室結節の働きを調べたり、不整脈を誘発させてその原因を調べます。刺激中はドキドキしますが、刺激を止めれば止まります。刺激により不整脈が誘発されますが、逆に 刺激を加えたり、くすりで止めることが可能です。どうしても不整脈が止まらない時は電気的除細動(電気ショック)を使います。不整脈の種類によってはCARTOシステムやEnSiteといった最新の特殊な器械を用いることもあります。
電気生理検査・心内マッピング・アブレーション
■MDCT(マルチスライスCT)
カテーテル検査より体への負担が軽い検査です。従来のCTに比べて撮影時間が短いため、撮影中に息を止める時間が短くて済みます。また、冠動脈血管など体内の様子をより詳細に映し出すことができます。当院では最新の64列マルチスライスCTを導入しており、非侵襲的に冠動脈の詳細な評価が可能になりました。
MDCT(マルチスライスCT)
■ティルトテスト
神経調節性失神の検査として用います。
ティルトテスト
■直流通電(DCショック)
種々の頻脈性不整脈の治療に用います。

▲ページの先頭へ戻る