文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
スタッフ紹介

連携講座

このページの英語バージョンへ

循環器病未来医療研究センター


循環器病未来医療研究センター
砂川 賢二(特任教授) 研究概要 研究教育活動等報告書データベース
昭和49年卒
砂川賢二 ●主な研究テーマ
心機能、心臓力学、循環調整、心不全、突然死に関する基礎および臨床研究。計算心臓病学およびバイオニック医学による難治性心疾患克服の研究。
●コメント
大学病院には難治性心疾患の治療に必要な多くの資源が備えられている。それらを駆使することで、最先端の医療を提供し多くの難治性心疾患に苛まれる人々を救済したい。先端医療をもってしても救済し得ない病態には、我々のもつ研究開発機能を最大限に活用し、新たな医療を創出し、これらの病態を克服したい。そのためには人材が不可欠であり、人材育成に情熱を注いでいる。“最先端の循環器診療を提供できる、人のための循環器内科”がモットーである。


循環器病先端医療研究開発学部門

循環器病先端医療研究開発学部門
江頭 健輔(教授) 研究概要 研究教育活動等報告書データベース
昭和56年卒
江頭健輔 ●主な研究テーマ

ナノ医工薬融合学による日本発の独創的な先進ナノ医療実現化プロジェクト(出口を見据えた研究開発)

●コメント
「臨床に視点を置いた基礎研究」の成果を基盤として世界に通用する新しい診断・治療法の研究開発(知を創る研究)を目指しています。「我が国発」「世界標準」の革新的次世代医療の実用化によって知を活用する社会貢献につながることを期待します。
平成18年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)受賞

循環器病先端医療研究開発学部門
中野 覚 (准教授) 研究教育活動等報告書データベース
平成11年 京都工芸繊維大学大学院応用生物学専攻 修了
中野覚 ●主な研究テーマ
  1. 重症下肢虚血肢に対するナノ医療の開発
  2. ナノテクノロジーを基盤とした新規医療機器の開発
●コメント
基礎生物学の視点から、臨床応用を目指した新しい治療方法を開発することを目標としています。



先端循環制御学部門

先端循環制御学部門
廣岡 良隆(教授) 研究概要 研究教育活動等報告書データベース
昭和59年卒
廣岡良隆 ●主な研究テーマ

循環器疾患はその成因・進展に神経体液性因子による調節異常が重要に関与しています。私達の研究室ではその機序を遺伝子レベルから機能まで解明し、治療に役立てることを目標としています。病態としては、高血圧・心不全など調節系の異常が主体である疾患が研究の対象です。基礎研究としては脳から心血管系への指令系統に関する研究、臨床研究としては末梢循環異常について研究を行っています。大学院生・研究生たちは高い志を持ち、皆仲よく楽しく研究を行っており、国際学会や国際誌へ研究成果を報告しています。

●コメント
これからますます重要となってくる研究分野です。若い人たちの柔軟な発想・やる気を一番重視しています。

先端循環制御学部門
得能 智武(講師)
研究教育活動等報告書データベース
平成9年卒
得能智武 ●主な研究テーマ
  1. 損傷組織の再生、修復
  2. 動脈硬化の機序と血管平滑筋細胞増殖の制御
  3. 冠動脈疾患におけるカテーテル治療
  4. 重症慢性心不全における心臓再同期療法
以上に関する、基礎および、臨床研究
●コメント
血管における転写因子の機能解析に始まり、動脈硬化進展予防や治療、そして虚血傷害組織の再生、修復を目指して臨床および研究を行っております。個々の病態に合わせた最適な医療の提供と、臨床に直結する基礎研究を心がけています。

 

先端循環制御学部門
阿部 弘太郎(助教) 研究教育活動等報告書データベース
平成11年卒
阿部 弘太郎 ●主な研究テーマ
  1. 基礎研究:肺高血圧症の病態解明、および新規治療ストラテジーの確立
  2. 臨床研究:肺高血圧症と右心不全の診断法および治療法の確立
  3. 臨床研究:慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する肺動脈形成術の治療効果の検討

●コメント
難治性疾患の1つである肺高血圧症を中心に臨床を見据えた基礎研究を行っています。基礎・臨床研究ともに、肺高血圧症が何故起こるのかという根本的な原因の解明を目指しています。臨床においては、肺高血圧症専門外来において、肺高血圧症患者に対して従来の治療薬から臨床治験を含めた最先端の治療を行っています。また、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の肺動脈バルーン治療も行っています。患者のニーズにあった良質な医療を提供することを心がけています。



未来心血管治療学共同研究部門

未来心血管治療学共同研究部門
岸 拓弥 (准教授)
研究教育活動等報告書データベース
平成9年卒
岸拓弥 ●主な研究テーマ
  1. 全身循環動的恒常性維持システムの解明
  2. 〜循環器疾患は「モノ」と「コト」の異常である〜
  3. 交感神経活性化の脳内メカニズム解明
  4. 脳をターゲットとした循環器疾患治療法開発(薬物からバイオニックブレインまで)
●コメント

循環・呼吸・代謝・免疫など生命維持に不可欠なシステムの調節は、脳を中心として神経性および液性因子による情報伝達により多臓器が連環をとりながらダイナミックに行われている。循環器疾患は、全身循環動的恒常性維持が破綻した「システム不全」状態であるというコンセプトで、システムバイオエンジニアリングを用い、生命のセットポイントを探求する研究を行っている。






循環器病未来医療研究センター
古賀 純一郎(学術研究員) 研究教育活動等報告書データベース
古賀 純一郎 ●主な研究テーマ
循環器内科全般
●コメント

循環器病未来医療研究センター
朔 啓太(学術研究員) 研究教育活動等報告書データベース
朔 啓太 ●主な研究テーマ
  1. 自律神経による循環生理学
  2. デバイス治療による心不全への挑戦
●コメント
今いる患者さんを全力で救える医師に、今助けることができない患者さんを将来救える研究者になることが目標です。

循環器病未来医療研究センター
池田 源太郎(学術研究員)
池田 源太郎 ●主な研究テーマ
虚血性心疾患
●コメント
質の高い、低侵襲な治療を開発したいです。

循環器病未来医療研究センター
船越 公太(学術研究員) 研究教育活動等報告書データベース
船越 公太 ●主な研究テーマ
研究というほどでもありませんが、最近は3Dエコーにはまっています。
●コメント
医療を受けられる方のそばに居て、情報・方針を共有できる医師を目指します。

▲ページの先頭へ戻る