文字サイズ
文字サイズ_小
文字サイズ_中
文字サイズ_大
color
スタッフ紹介

関連講座

このページの英語バージョンへ

関連講座


樗木 晶子 link 研究教育活動等報告書データベース
保健学部門 教授
樗木晶子 ●主な研究テーマ
  1. 臨床不整脈学
  2. 不整脈治療の定量的評価の確立
  3. 自律神経活動と不整脈
  4. 甲状腺機能亢進と不整脈
●コメント
本業は保健学科でのコメディカルの教育ですが、高齢社会と共に増えつつある不 整脈疾患のある方のよりよい診療に少しでも役立てればと思っています。

戸高 浩司 link
ARO次世代医療センター 准教授
戸高浩司 ●主な研究テーマ

心不全、心機能(圧容積関係)、拡張機能障害、レギュラトリーサイエンス(医薬品、医療機器)

●コメント
  1. 循環器専門医としては、PCIから心不全の内科的治療まで幅広い経験を有しています。最近は心不全の治療に主に注力しています。
  2. 厚生労働省での医薬品、医療機器の審査経験を有し、現在も総合機構専門委員、厚生労働省研究班メンバーなどとして医薬行政に貢献しています。
  3. 循環器疾患の内科的治療法を日本における質の高い臨床試験によってエビデンス構築すべく、臨床研究を行っています。PCI前のスタチンの効果、PDE5阻害剤による重症心不全の治療、運動療法による拡張能の改善などを実施中です。医師主導臨床試験に興味のあるCRCなどの人材を求めています。

安藤 真一
睡眠時無呼吸センター センター長・特任教授
安藤 真一 ●主な研究テーマ
  1. 睡眠呼吸障害が様々な内科疾患、不整脈や心不全などの循環器系疾患に及ぼす影響についての疫学的臨床的研究
  2. 心不全患者における陽圧治療療法の適正化の検討
  3. 食事や薬物などと睡眠呼吸障害の研究
  4. 睡眠呼吸障害の新しい診断法の開発
●コメント

平成23年4月から、九州大学病院内に睡眠時無呼吸センターを開設し、睡眠呼吸障害やその関連疾患を有する患者様の診療を行っています。
内科・精神科・神経内科・呼吸器科・耳鼻科・循環器内科など以前から関連が深いと言われてきた診療科のみでなく、そのほかにも泌尿器科や小児科などとの強い関連も最近注目されてきています。
今後、広い範囲の患者様の診療のお役に立つように臨床面を拡充するとともに、疫学調査や臨床研究にも重点を置いて研究活動を行っています。
現在、我が国での睡眠呼吸障害の影響に関する基礎的データを出すことを目標として、久山町などでの研究を行っており、平成26年度には一定の結果を出すことができると思います。


西坂 麻里 link 研究教育活動等報告書データベース
睡眠時無呼吸センター 副センター長・特任講師
西坂麻里 ●主な研究テーマ
  1. アルドステロン、鉱質コルチコイド及び食塩感受性
  2. 治療抵抗性高血圧と高血圧性心臓病
  3. 睡眠呼吸障害と心腎血管病変
  4. 心不全及び予防心臓病学
  5. 心エコーおよび生理検査による診断学
以上に関する基礎および臨床研究
●コメント
医療を受けられる方も医者も幸せな臨床研究を目論んでいます。

平野 勝也 研究教育活動等報告書データベース
香川大学医学部自律機能生理学 教授
平野 勝也 ●主な研究テーマ
  1. プロテイナーゼ活性化型受容体の血管生理学、病態生理学
  2. 血管トーヌス調節の細胞内シグナル伝達:平滑筋収縮装置のカルシウム感受性調節を中心とした研究
●コメント
臨床への展開を見据えつつ、生命の理(ことわり)を追求する生理学と、その知見を臨床へ展開するための薬理学の基礎医学研究を行っています。細胞内シグナル伝達の立場から分子病態を明らかにし、治療標的となるシグナル分子を同定し、新たな治療法を開発し、循環器疾患の克服に貢献したいものです。これまでの研究成果から、プロテイナーゼ活性化型受容体は循環器疾患の新たな治療標的となることが期待され、現在中心的に研究を進めています(2012年4月)。

▲ページの先頭へ戻る