本文へスキップ

九州大学病院検査部はISO15189を取得しています。

外来検査室 外来検査室では、尿検査(定性・沈渣・妊娠反応)・便潜血反応などの検査を行っています。

GAIRAI

■尿検査

人は、全身から通う血液から体内の不用物や老廃物を尿などにして体外に1日約1.5リットルも排出しています。 つまり、尿を検査することで体の状態を知ることができるのです。     

■採尿の仕方(おしっこの採り方)

  最初と最後の尿は捨てて中間の尿を採ります。最低25ml採尿してください。
     
   
生理中の方はお知らせください。
ビタミン剤やビタミンCが入っている風邪薬・ドリンク剤は尿の成分に影響が出ますので控えてください。

■便潜血

消化管出血や大腸癌のスクリーニング検査として行われます。

■採便の仕方(便の採り方)

 採便棒の溝部で表面を
 まんべんなくこすりとります。
  
   
  • 生理中の方は正しい結果が得られません。
  • 提出までは冷暗所に保存してください。
  • 採便セットの「便のとり方」をよく読んで採便してください。

■尿素呼気試験

♪ピロリ菌の検査
胃の中に好んで住み着くピロリ菌がいるかどうか調べます。
ピロリ菌は、胃の壁を傷つけ胃炎を起こし、胃・十二指腸潰瘍や胃がんを起こしやすい下地をつくってしまいます。
呼気(吐き出した息)を採取して調べる方法ですので、痛みも無く20分程度で済みます。
空腹時に行う検査ですので、朝食はとらずに来院してください。
検査前は飲酒・喫煙は控えてください。
 検査のやり方        


 
 

 吹く    飲む     5分間左側臥位
 で待つ
   

   

 
 15分間座位で
 待つ
   もう一度吹く    

 




バナースペース

九州大学病院 検査部

〒812-8582
  福岡県福岡市東区馬出3-1-1
  生理検査室:北棟2階
  検体検査室:南棟2階
  細菌検査室:南棟2階
  外来検査室:外来棟3階
   スリープセンター:中央棟3階
   →九大病院への行き方はこちら
(九州大学病院のホームページへ飛びます)