検査部50年の歴史(50周年記念誌「未来へ」より一部抜粋)
西暦 年号 検査部のイベント 社会的動向
1957年 昭和32年 4月 旧歯学部地下で中央検査部開始
6月 生化学検査開始
南極に昭和基地が初設営                
100円硬貨が発行される。
1958年 昭和33年 1月 初代検査部長 勝木司馬之助先生就任
4月 衛生検査法制定により、衛生検査技師国家試験制度となる
5月 生理(脳波)検査開始
8月 細菌、免疫血清学検査開始
9月 病理組織検査開始
聖徳太子の1万円札発行
東京タワー公開
1959年 昭和34年 3月 胃内視鏡検査開始
5月 筋電図検査開始
尺貫法廃止、メートル法施行
皇太子殿下と正田美智子様御結婚    
国民年金法公布   
1960年 昭和35年 1月 第二代部長 永井諄爾先生就任 ピンクの公衆電話登場
三池闘争
道路交通法公布
第17回ローマオリンピック開催
第8回スコーバレー冬季オリンピック開催
九州大学医学部附属衛生検査技師学校設立
1961年 昭和36年 10月 血液検査開始 EEC6ヵ国第1回首脳会議開催  
世界初の有人宇宙衛星ボストーク1号打ち上げ
1962年 昭和37年   国立がんセンターが診療開始
国産第1号研究用原子炉に初の「原子の火」ともる
1963年 昭和38年 3月 中央臨床検査部(生化学、脳波、病理組織、血液検査)
中央診療棟に移転。細菌、梅毒血清検査室は残留
アメリカが人間衛星打上げ成功
老人福祉法
アメリカ第35代大統領ケネディ死亡
1964年 昭和39年 1月 中央臨床検査部が中央検査部と名称変更
3月 中央検査部運営規則承認
4月 循環機能検査(心電図、心音図)開始 
早川電機とソニーが初の電卓(50万円)を発表
新潟地震
第18回東京オリンピック開催
第9回インスブルック冬季オリンピック開催
1965年 昭和40年   東大紛争始る
新南極観測船「ふじ」進水
朝永振一郎ノーベル物理学賞受賞
1966年 昭和41年 4月 アレルギー検査開始
6月 肺機能検査開始
ソ連無人月探査機ルナ9号打ち上げ
アメリカの原子力潜水艦スターク号横須賀に初入港
ザ・ビートルズが日本武道館で公演
1967年 昭和42年 3月 繊維素溶解能検査、細胞診検査開始 公害対策基本法公布
佐藤首相が非核3原則を表明
1968年 昭和43年 4月 皮膚科の梅毒血清検査が、組織的に中央検査部に統合 米原子力空母エンタープライズが佐世保港に寄港
九州大学大型計算機センター飛行機墜落事故
和田寿郎札幌医大教授が日本初の心臓移植手術
第19回メキシコオリンピック開催
第10回グルノーブル冬季オリンピック開催
川端康成ノーベル文学賞受賞
1969年 昭和44年   原子力船「むつ」進水
アメリカのアポロ11号が月面着陸
1970年 昭和45年 5月 細菌、梅毒血清検査室が中央診療棟に移転 大阪で日本万国博覧会開催
(EXPO'70)
アメリカの月探索船アポロ13号打ち上げ
1971年 昭和46年 7月 超音波検査室発足 九州大学医療技術短期大学部設立
環境庁発足
NHK総合テレビが全カラー化
1972年 昭和47年 3月 永井検査部長退官
4月 生化学検査室自動化開始
6月 臨床検査技師認定試験が始まり、多数の衛生検査技師が受験
購入:SMA(Sequential Multiple Auto Analyzer)12/60
札幌で第11回冬期オリンピック開催
連合赤軍浅間山荘事件
沖縄返還 沖縄県発足
第20回ミュンヘンオリンピック開催
第11回札幌冬季オリンピック開催
1973年 昭和48年 2月 第三代検査部長 大河内一雄先生就任
5月 血液検査室自動化開始
購入:Coulter Counter Model-S
水俣病判決で損害賠償命令
トイレットペーパーの買いだめパニック
江崎玲於奈ノーベル物理学賞受賞
1974年 昭和49年 4月 中央検査部が検査部と名称変更
病理検査室が病理部に独立
ウォーターゲート事件で、ニクソン大統領が辞任発表
原子力船「むつ」に帰港反対運動
佐藤栄作首相ノーベル賞平和賞受賞
1975年 昭和50年 4月 検査に伴う事務作業が電子化 山陽新幹線の岡山―博多間が開通
エリザベス女王が国賓として来日
1976年 昭和51年 4月 輸血検査室発足
10月 超音波検査室が放射線部に移管
購入:電気泳動装置
ロッキード事件公聴会開催
第1次天安門事件
第21回モントリオールオリンピック開催
第12回インスブルック冬季オリンピック開催
1977年 昭和52年   ひまわり1号打ち上げ
日航機DC8を日本赤軍がハイジャック
1978年 昭和53年   伊豆大島近海地震
福岡市が水不足1日5時間給水
1979年 昭和54年 3月 生化学検査室電子化開始
4月 技師長制度、主任制度確立
輸血・成分採血業務開始
購入:SMAC(Sequential Multiple Auto Analyzer plus Computer)
共通一次試験が全国一斉開始
「ウォークマン」発売
WHOが天然痘の根絶を宣言
マザー・テレサがノーベル平和賞受賞
1980年 昭和55年 1月 血液ガス測定開始
4月 全自動血球アナライザーの導入
購入:コールターModel-S-Plus
ソ連軍アフガニスタンの首都カブールなど制圧
王貞治選手が現役を引退
第13回レークプラシッド冬季オリピック開催
1981年 昭和56年 4月 森田技師長就任 中国残留日本人孤児47人が、肉親探しのため初来日
公務員の週休2日制がスタート
福井謙一ノーベル化学賞受賞
1982年 昭和57年   500円硬貨発行
日航機が東京湾に墜落
1983年 昭和58年   放送大学開講
東京ディズニーランドオープン
1984年 昭和59年   Mac発売
第23回ロサンゼルスオリンピック開催
第14回サラエボ冬季オリンピック開催
1985年 昭和60年   科学万博「つくば’85」開催
日航ジャンボ機墜落
1986年 昭和61年 4月 輸血・自己血採取業務開始 青函トンネル開通
チェルノブイリ原発事故
1987年 昭和62年 4月 血液検査室に白血球自動分類装置導入
購入:白血球自動分類装置THMS-HI
国鉄民営化
大韓航空機爆破事件
利根川進ノーベル生理学医学賞受賞
1988年 昭和63年 購入:自動血液凝固分析装置コアグマスタ2 脳死臓器移植答申
東京ドームオープン
第24回ソウルオリンピック開催
第15回カルガリー冬季オリンピック開催
1989年 昭和64年 3月 森田技師長定年退官
4月 福田技師長就任
5月 生化学検査室に新自動分析機導入
購入:TBA80S(Toshiba Biochemical Analyzer Super)
   自動分析装置コバスミラ
土曜閉庁
天安門事件
ドイツ統一
1990年 平成2年 1月 血液ガス測定装置24時間開放
購入:DNAサーマルサイクラーPJ-1000E
雲仙普賢岳噴火
1991年 平成3年 購入:自動分析装置コバスミラS 湾岸戦争
雲仙・普賢岳で火砕流
1992年 平成4年 3月 大河内検査部長退官
4月 第四代検査部長 徳永皓一先生就任
 脳波検査室モニタービデオシステム装置の導入
12月 検査だより創刊号 発行
購入:自動血球アナライザーコールターJT2
   筋電計 ニコレーバイキング2
大学入試センター試験
第25回バルセロナオリンピック開催
第16回アルベールビル冬季オリンピック開催
1993年 平成5年 1月 第五代検査部長 濱ア直孝先生就任
3月 福田技師長定年退官
4月 木下技師長就任
5月 当直検査、新患迅速検査業務の開始
8月 検査だより第2号 発行
12月 脳波検査室にビデオ脳波システム導入
購入:免疫測定装置BEPV
福岡ドームオープン
皇太子殿下と小和田雅子様御結婚
1994年 平成6年 3月 検査だより第3号 発行
4月 血液検査室にHSTシステム導入
血栓性素因遺伝子検査システム構築
11月 検査だより第4号 発行
購入:全自動免疫装置エルジアF300
微生物培養装置バクテアラート
「派出所」から「交番」へ名称変更
関西空港開港
第17回リレハンメル冬季オリンピック開催
大江健三郎ノーベル文学賞受賞
1995年 平成7年 6月 検査だより第5号 発行
購入:デジタル脳波計システム
阪神・淡路大震災
地下鉄サリン事件
1996年 平成8年 1月 検査だより第6号 発行
5月 検査部 新システムの導入
生化学検査室 搬送ラインの導入
全自動分析装置システムの導入
細菌検査申し込みオンラインシステム化
購入:検査部情報システム一式
生化学自動前処理搬送システム
H7450自動分析装置
   H7170自動分析装置
   血液ガス分析機ABL620
   全自動グルコース分析装置GR-NX
   自動電気泳動装置AES620
   自動血球分析装置SE-9000
   全自動血液凝固測定装置MDA-180
   自動免疫測定装置AxSYM, BEPV, ピコルミ8220
   自動EIA装置AIA-1200XL
   日本光電トレッドミル2000など
第26回アトランタオリンピック開催
ペルー大使館人質事件
1997年 平成9年 7月 検査だより第7号 発行
購入:CRP用クイックターボ
   アキシムサーバ
   DNAシーケンサーABIPRISM
諫早湾干拓閉め切り
新幹線こまち・のぞみ運転開始
1998年 平成10年 1月 HISオーダリングシステム開始
2月 検査だより第8号 発行
3月 輸血検査 オーソ オートビューシステム導入
7月 第18回日本臨床化学会夏期セミナー開催 海の中道
9月 検査だより第9号 発行
購入:アイソザイム解析装置エパライザ−
第18回長野冬季オリンピック開催
1999年 平成11年 3月 検査だより第10号 発行
4月 血液検査室にXE2100の導入
5月 生理検査オンラインシステム導入
8月 検査だより第11号 発行
    〔正しい検体の採取から検査部まで〕シリーズ開始
心エコー検査室外来棟2Fへ移転
購入:自動血球分析装置XE-2100
   血液細胞分析装置HEG-120N
   自動分析装置 TBA-200FR
   免疫測定装置エクルーシス2010
   血液ガス分析機ABL620
   自動細菌検査装置バイテック120
   DNAシーケンサーABIPRISM 377-20A
   クロマトグラフィーワークステーション
   アフィニテイクロマトグラフィーINTEGRAL1000
   質量測定システム
   分子設定支援システム
   FACS CALIBUR HGフローサイトメーター
   コバスアンプリコア
   コバスコア2
   生理検査データファイリングシステム
   脳波データサーバシステム
   脳波測定収集端末EEG4524
だんご3兄弟299万枚大ヒット
携帯電話・PHSの電話番号11桁化
2000年 平成12年 1月 FISH遺伝子検査開始
3月 検査だより第12号 発行
9月 検査だより第13号 発行
購入:脳波計日本光電EEG-1714
   ライトサイクラーV3システム
ハッピーマンデー制度開始
第27回シドニーオリンピック開催
白川英樹ノーベル化学賞受賞
2001年 平成13年 1月 検査だより第14号 発行
5月 検査だより第15号 発行
9月 検査だより第16号 発行
   〔検査部鉄分検査室より−白いかもめー〕シリーズ開始
購入:血液凝固測定装置コアグレックス800
アメリカ同時多発テロ
USJ・TDS開業
野依良治ノーベル化学賞受賞
2002年 平成14年 1月 検査だより第17号 発行
4月 輸血検査部門が検査部と合併
   輸血検査24時間体制スタート
   抗酸菌液体培養装置稼動
5月 検査だより第18号 発行
9月 検査だより第19号 発行
購入:自動免疫蛍光測定装置バイダス
   オーソ オートビュー2号機(時間外検査室)
   ABI PRISM 790
   FISH/染色体画像解析装置
   核酸分離装置NA-3000
   総合肺機能測定装置 CHESTAC-33DN
第19回ソルトレークシティ冬季オリンピック開催
北朝鮮より拉致被害者帰国
小柴昌俊ノーベル物理学賞受賞
田中耕一ノーベル化学賞受賞
2003年 平成15年 1月 検査だより第20号 発行
3月 南棟2F移転(生理検査室を除く)
   外注検査を検査部が一元的に取り扱う
   細菌検査の新システム稼動
  木下技師長定年退官
4月 栢森技師長就任
6月 検査だより第21号 発行
11月 検査だより第22号 発行
購入:検査部医療情報システム
   化学・免疫検査搬送システム
   感染症検査システム
   抗酸菌培養検査装置バクテアラート3D
   全自動細菌検査マイクロスキャンシステム
   全自動迅速同定・感受性測定装置
   富士ドライケム3500
   化学・免疫検査システム ルミパルス-f
   ジーンアンプPCRシステム9600-R
   電気誘導解析システム
   長時間心電図記録解析装置
   誘発電位筋電図検査装置
九州大学医療技術短期大学部が保健学科4年制へ移行
イラク戦争勃発
SARS世界的流行
地上デジタル放送開始
2004年 平成16年 2月 検査だより第23号 発行
    〔感染制御のために〕シリーズ開始
4月 九州大学病院独立法人化
それに伴い、生体防御医学研究所附属病院は九州大学病院
    別府先進医療センターとなり、その中の検査部は九州大学
病院検査部と一体化された。
6月 検査だより第24号 発行
12月 検査だより第25号 発行
    〔検査の充実をめざして〕シリーズ開始
購入:輸血検査PIS携帯端末システム
   心臓衝撃装置
新潟県中越地震
九州新幹線開通
第28回アテネオリンピック開催
2005年 平成17年 4月 検査だより第26号 発行
2交代制勤務になる
外来検査室の開設
8月 検査だより第27号 発行
12月 検査だより第28号 発行
購入:クリニテックアトラスXL
福岡西方沖地震
愛・地球博(愛知万博EXPO2005)開催
ソフトバンクホークス誕生
2006年 平成18年 3月 検査だより第29号 発行
ISO15189の認定取得
生理検査部門北棟2階へ移転
濱ア検査部長退官
4月 濱ア直孝教授退任記念祝賀会
   第六代検査部長 蝸チ一先生就任
7月 検査部有志七夕コンサートに出演
検査だより第30号 発行
   超音波心エコー検査開始
12月 検査だより第31号 発行
購入:全自動血液ガス・電解質分析装置
   心電計
   運動負荷検査システム
   長時間心電図解析装置
   脳波計
   誘発電位筋電図検査装置
第20回トリノ冬季オリンピック開催
冥王星が惑星から除外
2007年 平成19年 4月 第七代検査部長 康東天先生就任
検査だより第32号 発行
10月 検査部50周年記念行事開催

8月 検査だより第33号 発行
年金記録ミス発覚
ミスユニバース日本代表が優勝
2008年 平成20年 1月 検査だより第34号 発行
6月 検査だより第35号 発行
10月 検査だより第36号 発行
購入: 赤血球沈降速度測定分析装置 Type SESR-2001
北京オリンピック
リーマン・ブラザーズ経営破綻
2009年 平成21年 3月 検査だより第37号 発行
7月 検査だより第38号 発行
9月 外来診療棟移転
12月 検査だより第39号 発行
衆議院総選挙で民主党が第一党へ
新型インフルエンザ流行
2010年 平成22年 4月 検査だより第40号 発行
8月 検査だより第41号 発行
購入:ユニキャップ250
    自動核酸抽出装置Abbott m2000sp
    Abbott m2000rtアナライザー
    ミュータスワコー i30
バンクーバー冬季オリンピック
上海国際博覧会
2011年 平成23年 1月 検査だより第42号 発行
5月 検査だより第43号 発行
9月 検査だより第44号 発行
購入:UA・ROBO-600B     
    オーションマックスAX4030
    U-SCANNERU 
東日本大震災
なでしこJAPAN 女子サッカーワールドカップ優勝
2012年 平成24年 1月 検査だより第45号発行
5月 堀田技師長就任
6月 検査だより第46号発行
10月 検査だより第47号発行
購入:シークエンサー Applied Biosystems 3500XL Genetic Analyzer
    イベントレコーダー
    VITEK MS
東京スカイツリー開業
ロンドンオリンピック
ノーベル生理学・医学賞iPS細胞(山中教授)
 2013年  平成25年 2月 検査だより第48号発行
7月 検査だより第49号発行
12月 検査だより第50号発行
購入:自動グリコヘモグロビン分析計HLC-723G9
    全自動糖分析装置GA09
    炭酸ガス炭素同位体比分析装置POCone
    全自動血液凝固装置CS5100
    全自動免疫測定装置HSCL-2000
    全自動血液凝固線溶測定装置STA-R Evolution
    総合血液学検査装置アドヴィア2120i
    血液塗抹標本作成装置アドヴィアオートスライド
    自動血球計数装置Pentra60 LC-5000
    BDバイテックMGIT
    自動化学発光酵素免疫分析装置Spherlight Wako
    全自動輸血検査装置オーソ オートビュー
    肺機能検査システム
    ほか
長嶋茂雄、松井秀喜に国民栄誉賞授与
富士山が世界文化遺産に
JR九州、豪華寝台列車「ななつ星in九州」運行開始
出雲大社と伊勢神宮がそろって遷宮
 2014年 平成26年  1月 検査部医療情報システム更新
4月 検査だより第51号 発行
8月 検査だより第52号 発行
12月 検査だより第53号 発行
購入:遺伝子解析装置i-densy
    日立自動分析装置LABOSPECT008
    バナリストエース
    ルミパルスPrestoU
    Architect i2000SR PLUS
    コバス8000
    全自動キャピラリー電気泳動システムMinicap
    全自動電気泳動装置エパライザ2ジュニア
    Sprinter XL
    全自動化学発光免疫測定装置CL-JACK
    全自動臨床検査システムSTACIA
    BDバクテックMGIT960全自動抗酸菌培養検査システム
    全自動赤血球沈降速度測定装置
    ほか
ソチ冬季五輪開催
消費税8%へ
富岡製糸場が世界遺産に
御嶽山噴火
ノーベル物理学賞・青色LED
(赤崎勇・天野浩・中村修二)