研究者の方へ

  • HOME
  • 医療系ベンチャー支援

九州大学病院 ARO次世代医療センター 新規シーズ募集

※シーズ:医薬品や医療機器の候補となる物質や技術の実用化を目指す研究課題

九州大学病院は、臨床研究中核病院および AMED 革新的医療技術創出拠点プロジェクトの橋渡し研究支援拠点として、ARO次世代医療センターが中心となり新規医薬品・医療機器・医療技術の研究開発を支援しています。
この度、2019年度以降に治験・臨床試験開始を目指す新規シーズの募集を行います。
支援対象シーズとなった場合、ARO次世代医療センターの担当者とともに、開発戦略の策定を行い、プロトコル作成、規制当局との相談等を進め、2019年度の公的研究費の獲得を目指します。
研究費獲得後は、治験・臨床試験を実施し、企業への導出や実用化を目指します。

ARO次世代医療センターの支援を受けることにより、以下のようなメリットがあります。
■専門人材による支援
 製薬企業や規制当局出身者など臨床開発の専門家による支援を受けることができます。
 治験・臨床試験の完遂には、医学的知識に加え、薬事・法律・統計・倫理的知識が
 必要不可欠です。

■研究費獲得確率のアップ
 AMED の研究費獲得において、AROの支援有無が重視される傾向にあります。
 早期からAROと共同で開発に取り組むことにより、研究費獲得のチャンスが広がります。

■継続的な支援と開発推進
 特許取得、製剤検討、プロトコル作成、試験実施体制構築、規制当局への申請、臨床試験実施、
 症例登録、データ解析等、研究の各段階を継続的に支援し、試験の円滑な進行を推進します。

※ARO次世代医療センターは支援内容に応じて支援費をいただきますことをご了承ください。

【応募要件】
●医薬品(体外診断薬含む)、医療機器、再生医療等製品として実用化を目指す課題であること
●治験・臨床試験開始に必要な非臨床試験が完了している、または完了見込みであること
●2019年度~2021年度までに治験・臨床試験の開始が見込めること
●関連特許出願済みであること、もしくは連携する企業等が関連特許出願済みであることが
 望ましい
●アカデミア発の研究成果を優先するが、既承認品の Repositioning・適応拡大や、ベンチャー
 のシーズについても応募可

【応募方法】
支援を希望するシーズの概要を所定の様式「新規シーズ起案書」にご記入のうえ、下記の応募先へメールでご提出ください。
締切は2018年9月22日です。

※「新規シーズ起案書」は→こちらからダウンロードしてください。

【支援シーズの選考方法】
応募いただいたシーズは書面、必要に応じて対面での確認を行ったうえで、支援の可否を検討いたします。応募後に個別にご連絡いたします。

【応募先・連絡先】
九州大学病院 ARO次世代医療センター
E-mail: tr-info@med.kyushu-u.ac.jp
TEL: 092-642-6290
担当:北島