講座紹介
(予防医学分野)

(更新日2004年9月1日)
所在地 基礎研究B棟3階
TEL(092)-642-6110  FAX(092)-642-6115
詳細は、各項目をクリックしてください
予防医学分野の使命
予防医学分野担当の授業科目
予防医学分野の研究
教員、大学院生および研究支援スタッフの一覧
教員の研究概要と主要な論文
古野 純典
溝上 哲也
清原千香子
徳永 章二
学位取得者一覧と学位論文


予防医学分野の使命
予防医学の教育を通して社会に貢献することが我々の第一の使命である。医学部教育では予防医学の重要性を認識させ、日本と世界の公衆衛生活動の現状についての理解を深めさせるように努めている。医学部教育の一般教育目標として次の3点をあげている。1)人間集団の健康・疾病の状況を疫学的ならびに人類生態学的視点から理解する。2)科学的根拠に基づく保健・医療対策の実施と評価を行うための基礎的能力を修得する。3)疾病の世界的分布や国際保健活動を理解し、国際的視野を涵養する。大学院教育では、疫学の方法を適切に応用できるようになることを基本的目標としている。さらに、疫学で汎用される統計学的手法を修得することも教育目標の一つである。
第二の使命は、地域ならびに世界の疾病予防と健康増進に役立つ疫学的知見を提供することである。疫学研究を適切に実施するためには、多様性 (diversity)、明確さ (specificity)、そして謙虚さ (modesty) の3つの理念を十分に理解しておく必要がある。19世紀のJohn Snowのコレラの研究や高木兼寛の脚気の研究はメカニズムが解明されなくても疾病予防が可能であることを示しているが、疾病予防の分子メカニズムを踏まえたあらたな疫学的知見を探求することが予防医学分野でおこなう疫学研究の目標である。


予防医学分野担当の授業科目
医学部 社会医学沍衆衛生学(4学年、90分35回、4単位)
医学部 社会医学公衆衛生学(6学年、90分10回、1単位)
医科学修士課程 医療と社会 疫学(90分30回、2単位)
医科学修士課程 医療と社会 生物統計(90分30回、2単位)
専門職大学院 生物統計(90分30回、2単位)
大学院博士課程 初年次総合科目医療情報統計学
専攻コア科目(疫学、生物統計、健康科学)


予防医学分野の研究
疾病予防・健康増進を目指した生活習慣要因に関する疫学研究を研究テーマとしているが、我が国にあって特異な疫学像を持つ疾病や我が国に特有な食物要因(大豆製品、緑茶、魚など)に注目して研究を進めている。主要な研究領域と研究手法を図に示す。
図1.がん、動脈硬化、糖尿病の予防に関する疫学的研究

図2.疫学研究手法
★ 集団の相関研究
(地域別、時代別相関)
★ 症例対照研究
(患者と健康人の比較)
★ コーホート研究
(追跡調査研究)
★ 介入研究
(介入・非介入群の比較

 


教員、大学院生および研究支援スタッフ一覧
教授 古野純典 (電話 092-642-6110)
助教授 溝上哲也 (電話 092-642-6111)
講師 清原千香子(電話 092-642-6113)
助手 徳永章二 (電話 092-642-6113)
COE研究員 豊村研吾 (電話 092-642-6108)
大学院生(博士) 銀光、董琳、堺裕、山地太樹、磯村香代子、
木村安美、萩原聖子、福元仁、南里明子
大学院生(修士) 吉田大悟
研究生 眞茅みゆき、平川真帆
研究看護婦 田口展子、諸江由利子、野田雄子、田中良子、堤恭子
研究技師 古賀真澄、有江久美子、古賀晶子
研究事務 水田ひろ子、波多野圭美
研究顧問 重松峻夫、永野 純
非常勤講師
岡本浩二 福岡県保健福祉部医監
押領司文健 福岡市中央区保健福祉センター所長
下野正健 福岡県精神保健福祉センター所長
進藤宗洋 福岡大学スポーツ科学部教授
馬場園明 九州大学助教授
海外共同研究者
Yoon-Ok Ahn Professor, Seoul National University College of Medicine
Thomas Rohan Professor, Albert Einstein Medical College
Michel Coleman Professor, London School of Hygiene and Tropical Medicine

教員の研究活動
古野純典(この・すみのり)医学博士
研究課題の概要
1.自衛官の研究
自衛官の健康診断制度を活用して1986年10月から実施している多目的疫学研究である。大腸前がん病変である大腸腺腫、胆石症、糖尿病などの予防を目指した横断的研究をおこなっていたが、2004年4月からは「生活習慣病予防に関する多目的疫学研究」としてコホート研究へと展開している。喫煙や運動不足が大腸腺腫のリスクを高めるなどの先駆的な知見が得られた。現在、遺伝子多型を加味した研究を継続している。
2.大腸がんの疫学研究
わが国で増加の著しい大腸がんの予防的要因を明らかにするための多面的研究である。大腸がんの動向と相関する要因を探す記述疫学的研究とあわせて、多施設症例対照研究をおこなっている。後者の研究では2003年までに調査を終わり、大腸がん症例840例と住民対照833例について生活習慣要因の情報が収集されている。現在、遺伝子多型を考慮して、生活習慣要因の影響を検討している。
3.COE福岡コホート研究
九州大学COEプログラム「大規模コホートに基づく生活習慣病研究教育」の一環として実施している研究である。福岡市東区在住の50〜74歳住民(2003年12月末年齢)を対象として約2万人のコホートを構築する計画である。主要な生活習慣病の罹患については5年後以降の追跡調査の結果を待たなければならないが、基礎調査データを活用した横断的研究が可能である。
最近の主要な論文・著書
1. Kono S, Eguchi H, Honjo S, Todoroki I, Oda T, Shinchi K, Ogawa S, Nakagawa K. Cigarette smoking, alcohol use and gallstone risk in Japanese men. Digestion 2002; 65(3): 177-183.
2. Teramukai S, Rohan T, Eguchi T, Oda T, Shinchi K, Kono S. Anthropometric and behavioral correlates of insulin-like growth factor I and insulin-like growth factor binding protein 3 in middle-aged Japanese men. Am J Epidemiol 2002; 156(4): 344-348.
3. Marugame T, Lee KY, Eguchi H, Oda T, Shinchi K, Kono S. Relation of impaired glucose tolerance and diabetes mellitus to colorectal adenomas. Cancer Causes Control 2002; 13(10):917-21.
4. Ishizuka H, Eguchi H, Oda T, Ogawa S, Nakagawa K, Honjo S, KonoS. Relation of coffee, green tea, and caffeine intake to gallstone disease in middle-aged Japanese men. Eur J Epidemiol 2003; 18(5):401-405.
5. 古野純典. 大腸癌の社会疫学. 現代医療 2003; 35(1):170-175.
6. Sasaki J, Arakawa K, Iwashita M, Matsushita Y, Kono S for the Kyushu Lipid Intervention Study (KLIS) Group. Reduction in serum total cholesterol and risks of coronary events and cerebral infarction in Japanese men: the Kyushu Lipid Intervention Study. Circ J 2003; 67(6): 473-478.
7. Toyomura K, Yamaguchi K, Kawamoto H, Tabata S, Shimizu E, Mineshita M, Ogawa S, Lee KY, Kono S. Relation of cigarette smoking and alcohol use to colorectal adenomas by subsite: The Self-Defense Forces Health Study. Cancer Sci 2004; 95(1): 72-76.
8. Kono S. Secular trend of colon cancer incidence and mortality in relation to fat and meat intake in Japan. Eur J Cancer Prev 2004; 13(2): 127-132.
9. Iwashita M, Matsushita Y, Sasaki J, Arakawa K; Kono S, for the Kyushu Lipid Intervention Study (KLIS) Group. Relation of serum total cholesterol and other risk factors to risk of coronary events in middle-aged and elderly Japanese men with hypercholesterolemia: The Kyushu Lipid Intervention Study. Circ J 2004; 68(5):405-409.
10. 田島和雄(監修), 古野純典, 中地敬(編集). がん予防の最前線. 上巻 基礎知識から新戦略へ. 昭和堂, 2004.
溝上哲也(みぞうえ・てつや)医学博士
研究課題の概要
1.消化器がんの疫学研究
日本人に多い胃がんと大腸がんに関連する生活習慣を疫学的手法により検索・評価している。コホート調査より緑黄色野菜の頻回摂取が胃がん死亡に予防的に関連していることを報告した[1]。胃がん検診については、検診受診者は胃がんに限らず総死亡のリスクが低いという「健康受診者効果」が存在するため、胃がん死亡を減少させる効果は明らかではないことを指摘した[2]。
大腸腫瘍に関するフィールド調査に参加している(2002年〜)。食パターン分析により、乳製品や野菜・果物の摂取が大腸腺腫に抑制的に働くことを示唆する結果を得ている。ビタミンD遺伝子多型との関連や、日本人で摂取不足が指摘されているカルシウムの予防効果にも注目している。生態学的観察法により、大腸がん死亡率は日射量と負の関連があることを示した[3]。低紫外線に伴うビタミンD不足が発がんリスクを高めるという仮説を支持する知見である。
大腸がん予防をめざした行動変容プログラムを作成し、その評価のため生活習慣や酸化ストレスマーカーを結果指標とした介入研究を行っている(2004年〜)。生活習慣病コホート調査の実施に加わっており(2004年〜)、遺伝素因を含めた分析を計画している。
2. 喫煙及び受動喫煙の健康影響
喫煙は肺がんの確実なリスク要因であるが、日本人に多い肝臓がんや胃がんのリスクも喫煙により高まることを示した[4]。鉄鋼労働者において、喫煙は騒音暴露と相加的に働き聴力低下のリスクを高めていることを報告した[5]。オフィス労働者では、受動喫煙への暴露が低HDLコレステロール[6]やシックビル症候群[7]と関連していることを明らかにした。受動喫煙を防止する分煙対策は喫煙者を含め労働者に支持されていることや[8]、職場の分煙化が喫煙本数の減少と関連していることを示した。事業所における分煙と禁煙サポートを組み合わせた対策を疫学的に評価する作業を分担している(2002年〜)。
3. 電磁場と小児白血病
全国症例対照研究に参加し、北部九州地区のフィールド調査を分担した(1999-2002)。サブ調査により、統計学的に有意ではないものの、高圧送電線近くにおける小児白血病リスクの高まりを観察した[9]。
最近の主要な論文・著書
1. Ngoan LT, Mizoue T, Fujino Y, et al. Dietary factors and stomach cancer mortality. Br J Cancer 2002;87:37-42.
2. Mizoue T, Yoshimura T, Tokui N, et al. Prospective study of screening for stomach cancer in Japan. Int J Cancer 2003;106:103-107.
3. Mizoue T. Ecological study of solar radiation and cancer mortality in Japan. Health Phys (in press)
4. Mizoue T, Tokui N, Nishisaka K, et al. Prospective study on the relation of cigarette smoking with cancer of the liver and stomach in their endemic region. Int J Epidemiol 2000;29:232-237.
5. Mizoue T, Miyamoto T, Shimizu T. Combined effect of smoking and occupational exposure to noise on hearing loss in steel factory workers. Occup Environ Med 2003;60:56-59.
6. Mizoue T, Ueda R, Hino Y, et al. Workplace exposure to environmental tobacco smoke and HDL cholesterol among nonsmokers. Am J Epidemiol 1999;150:1068-1072.
7. Mizoue T, Reijula K, Andersson K. Environmental tobacco smoke exposure and overtime work as risk factors for sick building syndrome in Japan. Am J Epidemiol 2001;154:803-808.
8. Mizoue T, Reijula K, Yamato H, et al. Support for and observance of worksite smoking restriction policies. Prev Med 1999;29:549-554.
9. Mizoue T, Onoe Y, Moritake H, et al. Residential proximity to high-voltage power lines and risk of childhood hematological malignancies. J Epidemiol 2004;14:118-123.
清原千香子(きよはら・ちかこ)医学博士
研究課題の概要
1.肺がんの国際共同研究(主に若年発症肺がんや非喫煙者肺がんについて検討)
1) International Collaborative Study on Genetic Susceptibility to Environmental Carcinogens
2) International Lung Cancer Consortium
2.注意欠陥多動性障害に関する分子疫学的研究(胎児期の母親の喫煙とdopamine receptorなどの遺伝子多型の交互作用を検討)
3.全身性エリテマトーデスの分子疫学的研究(TNFRIIとGSTM1の関与や喫煙とCYP1A1およびGSTM1の交互作用を検討)
4.アレルギー疾患の疫学的研究
1) 新生児期の免疫形成に重要な消化管の細菌叢状態とアトピー発症リスクを検討
2) 新生児へのプロバイオティクス(Bifidobacterium breve M16-V)投与によるアレルギー発症予防を検討する短期介入試験
最近の主要な論文・著書
1. Vineis P, Kiyohara C, et al. CYP1A1 T3801C polymorphism and lung cancer: a pooled analysis of 2,451 cases and 3,358 controls. Int J Cancer, 104: 650-657, 2003.
2. Saito T, Egashira M, Kiyotani K, Fujieda M, Yamazaki H, Kiyohara C, Kunitoh H, Kamataki T. Novel nonsynonymous polymorphisms of the CYP1A1 gene in Japanese. Drug Metab Pharmacokin 18: 218-221, 2003.
3. Kiyohara C, Wakai K, Mikami H, Sido K, Ando M, Ohno Y. Risk modification by CYP1A1 and GSTM1 polymorphisms in the association of environmental tobacco smoke and lung cancer: a case-control study in Japanese nonsmoking women. Int J Cancer, 107: 139-144, 2003.
4. Smits KM, Kiyohara C, et al. Association of metabolic gene polymorphisms with tobacco consumption in healthy controls. Int J Cancer, 110: 266-270, 2004.
5. Yoshimasu K, Kiyohara C. Genetic influences on smoking behavior and nicotine dependence: a review. J Epidemiol, 13: 183-192, 2003.
6. Kiyohara C, Yoshimasu K, Shirakawa T, Hopkin JM. Genetic polymorphisms and environmental risk of lung cancer: a review. Rev Environ Health, 19: 15-38, 2004.
7. Kiyohara C, Yoshimasu K, Shirakawa T, Hopkin JM. Genetic polymorphism of enzymes involved in xenobiotic metabolism and the risk of lung cancer: a review. In: Advances in Lung Cancer Research, Nova Science Publishers Inc., NY, 2004 (in press).
8. 清原千香子. 薬物代謝酵素の遺伝子多型(CYP1A1遺伝子多型)と喫煙の 交互作用. 分子呼吸器病, 8: 11-13, 2004.
9. 清原千香子. DNA修復酵素遺伝子多型と肺がんリスクとの関連性. The Lung perspectives, 印刷中.

徳永章二(とくなが・しょうじ)医学博士
研究課題の概要
1.油症の疫学(全国油症検診データベースの統計学解析、認定基準の考察など)
2.感染症数理モデル(天然痘バイオテロのシミュレーションなど)
3.疫学データの統計学的解析(医学統計解析の面からの共同研究)
最近の主要な論文・著書
1. Washio M, Tokunaga S, Yoshimasu K, Kodama H, Liu Y, Sasazuki S, Tanaka K, Kono S, Morhi M, Takeshita A, Arakawa K, Ideishi M, Nii T, Shirai K, Arai H, Doi Y, Kawano T, Nakagaki O, Takada K, Hiyamuta K, Koyanagi S. Role of prehypertension in the development of coronary atherosclerosis in Japan. J Epidemiol 2004;14:57-62.
2. Tokunaga S, Kataoka K. A longitudinal analysis on the association of serum lipids and lipoproteins concentrations with blood polychlorinated biphenyls level in chronic "Yusho" patients. Fukuoka Acta Medica 2003; 94:110-117.
3. Nakaji S, Tokunaga S, Sakamoto J, Todate M, Shimoyama T, Umeda T, Sugawara K. Relationship between lifestyle factors and defecation in a Japanese population. Europ J Nutrition 2002;41:244-248.
4. Tokunaga S, White I, Frost C, Tanaka K, Kono S, Tokudome S, Akamatsu T, Moriyama T, Zakouji H. Green tea consumption and serum lipids and lipoproteins in a population of healthy workers in Japan. Ann Epidemiol 2002;12:157-165.
5. Tu F, Tokunaga S, Deng Z, Nobutomo K. Analysis of hospital charges for cerebral infarction stroke inpatients in Beijing, People's Republic of China. Health Policy. 2002;59:243-256.
6. Yoshimasu K, Washio M, Tokunaga S, Tanaka K, Liu Y, Kodama H, Arai H, Koyanagi S, Hiyamuta K, doi Y, Kawano T, Nakagaki O, Takada K, Sasazuki S, Nii T, Shirai K, Ideishi M, Arakawa K, Mohri M, Takeshita A. Relation between type A behavior pattern and the extent of coronary atherosclerosis in Japanese women. Int J Behav Med. 2002;9:77-93.
7. White I, Frost C, Tokunaga S. Correcting for measurement error in binary and continuous variables using replicates. Stat Med 2001;20: 3441-3457.
8. Tokunaga S, Kataoka K. Association between blood concentration of polychlorinated biphenyls and manifestations of symptoms and signs in chronic "Yusho" patients from 1986 to 1997. Fukuoka Acta Medica 92: 122-133. 2001.

学位取得者一覧(現教授指導分)
(課程博士)
三宅 吉博(2年次編入、2000年3月修了)
Miyake Y and Fukuoka Heart Study Group. Risk factors for non-fatal acute myocaridal infarction in middle-aged and older Japanese. Jpn Circ J 2000; 64(2):103-109.
現職:福岡大学医学部助教授(衛生学講座)
笹月 静(2000年3月修了)
Sasazuki S, Kono S, Todoroki I, Honjo S, Sakurai Y, Wakabayashi K, Nishiwaki M, Hamada H, Nishikawa H, Koga H, Ogawa S, Nakagawa K. Impaired glucose tolerance, diabetes mellitus, and gallstone disease: an extended study of male self-defense officials in Japan. Eur J Epidemiol 1999; 15(3):245-251.
現職:国立がんセンター研究所研究員(臨床疫学部)
児玉 寛子(2000年3月修了)
Kodama H, Kono S, Todoroki I, Honjo S, Sakurai Y, Wakabayashi K, Nishiwaki M, Hamada H, Nishikawa H, Koga H, Ogawa S, Nakagawa K. Gallstone disease risk in relation to body mass index and waist-to-hip ratio in Japanese men. Int J Obes 1999; 23(2):211-216.
現職:聖マリア学院短期大学教授
Liu, Ying(中国、2001年3月修了)
Liu Y, Tanaka H, Sasazuki S, Yoshimasu K, Kodama H, Washio M, Tanaka K, Tokunaga S, Kono S, Arai H, Koyanagi S, Hiyamuta K, Doi Y, Kawano T, Nakagaki O, Takada K, Nii T, Shirai K, Ideishi M, Arakawa K, Mohri M, Takeshita A. Alcohol consumption and severity of angiographically determined coronary artery disease in Japanese men and women. Atherosclerosis 2001; 156(1):177-183.
現職:国立がんセンター研究所リサーチ・レジデント(がん情報統計部)
丸亀 知美(2001年3月修了)
Marugame T, Tsuji E, Inoue H, Shinomiya S, Kiyohara C, Onuma K, Hamada H, Koga H, Handa K, Hayabuchi H, Kono S. Methylenetetrahydrofolate reductase polymorphism and risk of colorectal adenomas. Cancer Lett 2000; 151(2):181-186.
現職:国立がんセンター研究所リサーチ・レジデント(がん情報統計部)
井上 久子(2001年3月修了)
Inoue H, Kiyohara C, Marugame T, Shinomiya S, Tsuji E, Handa K, Hayabuchi H, Onuma K, Hamada H, Koga H, Kono S. Cigarette smoking, CYP1A1 MspI and GSTM1 genotypes, and colorectal adenomas. Cancer Res 2000; 60(14):3749-3752.
現職:山口赤十字病院内科
四宮 幸子(2001年3月修了)
Shinomiya S, Sasaki J, Kiyohara C, Tsuji E, Inoue H, Marugame T, Handa K, Hayabuchi H, Hamada H, Eguchi H, Fukushima Y, Kono S. Apolipoprotein E genotype, serum lipids, and colorectal adenomas in Japanese men. Cancer Lett 2001; 164(1):33-40.
現職:四宮内科(院長)
吉益光一 (2000年3月単位取得後退学、2001年3月取得)
Yoshimasu K, Liu Y, Kodama H, Sasazuki S, Washio M, Tanaka K, Tokunaga S, Kono S, Arai H, Koyanagi S, Hiyamuta K, Doi Y, Kawano T, Nakagaki O, Takada K, Nii T, Shirai K, Ideishi M, Arakawa K, Mohri M, Takeshita A. Job strain, Type A behavior pattern, and the prevalence of coronary atherosclerosis in Japanese working men. J Psychosom Res 2000; 49(1):77-83.
和歌山県立大学医学部助手(衛生学)
Lee, Kyong-Yeon(韓国、2003年3月修了)
Lee KY, Uchida K, Shirota T, Kono S. Validity of a self-administered food frequency questionnaire against 7-day dietary records in four seasons. J Nutr Sci Vitaminol 2002; 48(6):467-476.
現職:不詳
三宅夕実 (1年在学延長、2004年3月修了)
Miyake Y, Eguchi H, Shinchi K, Oda T, Sasazuki S, Kono S. Glucose intolerance and serum aminotransferase activities in Japanese men. J Hepatol 2003; 38(1):18-23.
現職:不詳
豊村研吾 (2004年3月修了)
Toyomura K, Yamaguchi K, Kawamoto H, Tabata S, Shimizu E, Mineshita M, Ogawa S, Lee KY, Kono S. Relation of cigarette smoking and alcohol use to colorectal adenomas by subsite: The Self-Defense Forces Health Study. Cancer Sci 2004; 95(1):72-76.
現職:九州大学大学院医学研究院COE研究員(予防医学分野)
(論文博士)
永野 純 (2000年3月九州大学大学院博士課程3年で中退、2001年3月学位取得)
Nagano J, Kono S, Preston DL, Moriwaki H, Sharp GB, Koyama K, Mabuchi K. Bladder-cancer incidence in relation to vegetable and fruit consumption: a prospective study of atomic-bomb survivors. Int J Cancer 2000; 86(1):132-138.
現職:九州大学健康科学センター助教授
手良向聡 (専修生2003年3月修了)
Teramukai S, Rohan T, Eguchi T, Oda T, Shinchi K, Kono S. Anthropometric and behavioral correlates of insulin-like growth factor I and insulin-like growth factor binding protein 3 in middle-aged Japanese men. Am J Epidemiol 2002; 156(4):344-348.
現職:京都大学附属病院助手(探索医療検証部)
石塚裕昭(専修生2004年3月修了)
Ishizuka H, Eguchi H, Oda T, Ogawa S, Nakagawa K, Honjo S, KonoS. Relation of coffee, green tea, and caffeine intake to gallstone disease in middle-aged Japanese men. Eur J Epidemiol 2003; 18(5):401-405.
現職:自衛隊東部方面衛生隊医官

受験生諸君へ 講座紹介 入学試験案内 研修医募集要項 卒業生の活躍 キャンパスMap 九州大学HP