研究室のご紹介

腫瘍研究室

研究室主任 園田顕三准教授
研究室員 加来恒壽保健学科教授、矢幡秀昭講師、浅野間和夫特任准教授、奥川馨助教、兼城英輔助教、小野山一郎助教、大神達寛助教、安永昌史助教、八木裕史助教、山口真一郎助教、小玉敬亮助教、貴島雅子特任助教、権丈洋徳特別教員、吉田優学術研究員

2017年4月現在

診療

1)対象となる疾患

婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌、卵管癌、絨毛癌、外陰癌、腟癌)、前がん病変(子宮頸部異形成、子宮内膜異型増殖症)、絨毛性疾患(胞状奇胎、侵入奇胎)など

2)外来診療

  • 腫瘍外来:婦人科がんの患者さんの経過観察、再発のチェックを主に行います。外来化学療法や、化学療法中の血液検査、副作用のチェックも行います。
  • コルポ外来:拡大鏡(コルポスコープ)を用いた、子宮頸がんの前がん病変(子宮頸部異形成)の経過観察、治療を行います。
  • 絨腫外来:絨毛性疾患(胞状奇胎、侵入奇胎)の外来化学療法、経過観察を行います。

3)婦人科悪性腫瘍に対する手術

子宮頸癌、子宮体癌の根治術で、広汎子宮全摘術、準広汎子宮全摘術、単純子宮全摘術および骨盤リンパ節郭清術、傍大動脈リンパ節郭清術などがあります。また子宮頸部の上皮内癌や異形成に対してレーザー蒸散術や円錐切除術を行っています。卵巣腫瘍の場合は手術中に迅速病理診断で良悪性の診断を行い、適切な手術法を選択します。外陰癌の場合は広汎外陰切除術、ソケイリンパ節郭清術を行います

4)婦人科悪性腫瘍に対する化学療法・放射線療法

卵巣癌をはじめ、子宮頸癌、子宮体癌、絨毛癌など、種々の婦人科悪性腫瘍に対して最新の抗癌剤治療を行います。分子標的薬を用いた化学療法も行っています。また、子宮頸癌、子宮体癌、外陰癌などに対して放射線科と協力して効果的な放射線治療を施行しています。

九大病院のがん診療(婦人科がん)に関してはこちらをご覧ください

当研究室では以下の項目に関する先進医療・臨床研究・基礎研究を行っています。

婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術、ロボット手術

近年腹腔鏡手術、ロボット手術といった内視鏡手術の発展は目覚ましいものがります。従来の開腹手術と比べ、傷が小さく、術後の痛みが軽く、術後の回復も早いといった一般的な腹腔鏡手術のメリットに加え、体の深いところを拡大して見えるため、より繊細な手術が出来、腸の癒着による術後腸閉塞が少ないのも悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の利点です。子宮体がんに対する腹腔鏡手術については健康保険が適応される施設基準を満たしており、2014年から開始し、これまで約60症例(2017年7月現在)に行っています。また2016年より子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘出術(高度先進医療)も開始しました。子宮悪性腫瘍に対するロボット手術も臨床試験として行っています。

開腹手術(子宮体癌)の傷 腹腔鏡手術(子宮体癌)の傷

婦人科悪性腫瘍に対する集学的治療の開発

集学的がん治療とは手術療法・化学療法・放射線治療などを併用して理想的な効果を得ようとするがん治療のことで、婦人科に加えて、放射線科や病理学部門の専門医が、光学医療診療部、検査部、手術部、薬剤部、看護部などの協力を得て、婦人科がん治療を包括的かつ集学的に行っています。
当科では以前より婦人科悪性腫瘍(外陰がん、腟がん、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、卵管がん、腹膜がん、絨毛がん等)に対する高度な集学的治療を実践してきました。例えば子宮頸がんに対しては主に”手術療法+同時化学放射線療法あるいは術後化学療法“による集学的治療を、子宮体がんと卵巣がんに対しては主に“手術療法+術後化学療法“もしくは”術前化学療法+手術療法“による集学的治療を行い、いずれも良好な結果を得ています。また、国内の代表的がん治療施設と共同(多施設共同研究)した新規治療法の開発試験に加え、当研究室が独自に考案した新たな診断・治療法の開発試験にも積極的に取り組んでいます。

患者様に優しいQOL重視のがん治療の開発

以前は、がんを治すためであれば患者さんの生活の質(QOL: quality of life)を少なからず損ねても構わないという考えが一般的でした。当研究室ではかねてより、がんを単に治すだけでなく患者さんのQOLも損なわない様、以下のような治療法の開発・導入を行ってきました。

具体的には、

  1. 子宮頸部前がん病変に対するレーザー手術
  2. 子宮頸がんに行う広汎子宮全摘出術後の排尿障害を軽減する神経温存術式
  3. 将来の妊娠を希望する子宮頸がんの患者さんに対して、子宮頸部のみを摘出する腹式単純あるいは広汎子宮頸部摘出術(トラケレクトミー)
  4. 骨盤リンパ節郭清術後に生じる下肢リンパ浮腫に対する予防法および発症時の複合療法
  5. 子宮頸がん手術時のリンパ節摘出の縮小による術後下肢リンパ浮腫回避を目指したセンチネルリンパ節検査併用手術
  6. 将来の妊娠を希望する子宮体癌前がん病変あるいは早期体がんの患者さんに対する黄体ホルモン療法
  7. 有効な治療法の無い進行再発子宮がんの患者さんに対する、がんとの共存による延命を目指したがん休眠化学療法
  8. より低侵襲な手術を目指した子宮頸がん・子宮体がんに対する腹腔鏡下手術、ロボット手術などに取り組んでいます

今後も当科では、がんの根治性を損なわない範囲で、“患者さんにやさしいがん治療”を心がけていきます。

現在取り組んでいる臨床試験、臨床研究

国内の他施設と共同で行う多施設共同臨床研究に加えて、当研究室で以下のような臨床試験を独自に考案・実施しています。

1)妊孕性温存を希望する子宮頸がん患者に対する子宮頸部摘出術(トラケレクトミー)

近年、未婚あるいは未産婦の子宮頸がん症例が増加してきており、妊孕性温存手術の確立が必要となってきています。そこで当科では標準治療として子宮摘出を要する子宮頸がん症例のうち妊孕性の温存を強く希望する症例に対し、病巣を含んだ子宮頸部のみを摘出後、子宮と腟を吻合して再建する腹式単純子宮頸部摘出術ないしは腹式広汎子宮頸部摘出術を行っています。

2)子宮頸がん手術時のリンパ節摘出の縮小による術後下肢リンパ浮腫回避を目指したセンチネルリンパ節検査併用手術(センチネルリンパ節ナビゲーション手術)

センチネルリンパ節(SLN)とは“最初に転移の成立するリンパ節”のことで、手術中にセンチネルリンパ節同定し、顕微鏡で転移の有無確認します。ここに転移を認めなければ他のリンパ節には転移がないと言え、系統的なリンパ節郭清を省略出来ます。この手術により子宮頸癌手術の合併症である下肢のリンパ浮腫が防げます。

3)進行・再発子宮頸癌に対するテーラード・イリノテカン/ユーエフティ併用化学療法(個別化投与イリノテカン/ユーエフティ併用化学療法)

従来の化学療法では十分な効果が期待できなかった場合には、通常のように比較的多量の抗癌剤投与をさらに行うと副作用のみが強く出てしまい、治療の継続が困難となることが考えられます。そのためこのような場合、1回の投与量を減らして分割投与することで副作用を軽くし、治療を続けることで病気の進行を長期間抑制することを期待する治療法(がん病巣と共存してQOL良く延命を目指すがん休眠療法)を試みています。この治療法では、一定量のユーエフティ内服に加えるイリノテカンの1回点滴投与量を患者さん自身の副作用に基づき増減し、2週間毎に投与しています。

その他の臨床試験に関してはこちらをご覧ください

婦人科がんの病態解明や治療法に関する前臨床研究

当研究室が長年培ってきた高水準の形態病理診断学の手法に最新の分子生物学的手法を加えて、新たな婦人科がんの病態解明や治療法の開発に取り組んでいます。今までも、遺伝的にがんになりやすい体質、がんが浸潤や転移をしやすい性質および血管新生を誘導しやすい性質、抗癌剤治療に耐性となる新しい分子機構の解明などを行ってきましたが、加えて最近では以下のような臨床応用に向けた新たな前臨床研究(臨床応用に向けての基礎的研究)に取り組んでいます。

具体的には、

  1. 子宮体がん幹細胞の生物学的特性の解析とヒストン脱アセチル化阻害剤などを用いたがん幹細胞に対する特異的治療法の開発
  2. 当施設で命名した新規がん関連分子RCAS1の婦人科癌における生物学的機能の解明
  3. 当施設で命名した新規がん関連分子NECC1遺伝子の絨毛癌ないしは子宮体癌がん化機構における関与の解明
  4. 子宮がんにおける細胞老化の機構解析

などに取り組んでいます。以上の取り組みをもとに、今後も当科では婦人科がんに対する新しい診断・治療法の開発や、個々の患者さんに最も適切な治療を提供する個別化治療の確立に取り組んでいきたいと思っています。

  • 研修案内
  • 九州大学
  • 九州大学医学部